• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  08:00 PM

就寝前に頭を空っぽにする5つの簡単な方法

就寝前に頭を空っぽにする5つの簡単な方法

150616_empty.jpg


Pick The Brain:就寝時、頭の中にいろいろな考えがうずまいて、眠れないことはありませんか? 忙しかったり、ストレスでまいっていたりすると、たいてい頭も過活動状態にあることが多いです。そんなときはベッドに横になっても、頭の中でぺちゃくちゃ独り言をしゃべってしまいます。

眠れずに考え事をしていても、翌日買わなければいけない日用品があったことや、久しぶりに友達と会う予定があることを思い出したりするなど、ある程度有益な場合もありますが、わざわざ、就寝時間にそんなことを考える必要はありません!

就寝前に頭を空っぽにするための簡単な方法を5つご紹介しましょう。


1. 自分の考えを書き留める


頭の中から自分の考えをアウトプットして文章化しましょう。昔ながらの方法ですが、紙とペンを使うのも効果的です。しかし、寝室にデバイスがあるなら、Evernoteのようなメモ帳アプリに自分の考えを書き込んでおくと、後で考えを確認しやすくなります。


2. ビジュアル化する


ベッドに潜り込むやいなや、いろいろな考えに襲われた場合は、単純なビジュアル化によって頭脳を沈静化できます。ベッドの横に大きなバスケットがあるとして、考えごとが頭から浮かんでバスケットに入っていくようなイメージをしましょう。それらは後で思い出せるので、現時点では考えたことを頭から追い出すことに集中しなければなりません!


3. 瞑想する


定期的な瞑想には、睡眠の改善や精神の沈静化など多くの利点があります。毎日瞑想して、頭脳が過活動しやすい体質を改善させましょう。もしくは、就寝時に瞑想することで、頭脳と身体をリラックスさせて眠りやすい状態を作りましょう。


4. 別の機会に再考することを約束する


頭脳はしつこい性格です。放っておくと、アイデアや心配事、解決策をぐるぐると考え続けます。それらの考えが何度も出てくることに気づいたら、「明日時間を作ってちゃんと考えるから、今のところは睡眠を取らせて」と自分の頭脳に言い聞かせましょう。当然のことながら、約束は守らなければいけません。


5. 就寝前に、考えごとは全て終わらせてしまう


もし、あなたが多忙な人だったり、就寝時までずっとテレビやパソコンを見ているのなら、おそらくベッドに潜り込んだ時点では頭脳はまだ活動状態で、その日1日を思い起こしたり翌日の計画を立てたりしているでしょう。そんなことをしていると、時間通りに眠りにつく習慣の妨げになります。就寝前にはデバイスのスイッチを切り、頭を解放して、考えることを終了させましょう。そうすれば、空っぽの頭でベッドに入り、気持ちよく眠れます。


5 Easy Ways To Empty Your Mind Before Bed|Pick The Brain

NAOMI GOODLET(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.