• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  10:00 PM

米国で加熱するマリファナ合法化の議論。本当のところ、脳と体にどんな影響を与えるのか

米国で加熱するマリファナ合法化の議論。本当のところ、脳と体にどんな影響を与えるのか

20150514-marijuana.jpg


マリファナ、ポット、ウィード。なんと呼ぼうと、それは世界で最もポピュラーな違法ドラッグであり、医療、娯楽の両目的で、合法化を支持する人も増えています。

では、マリファナは実際、私たちにどんな影響があるのでしょうか? 今回は、この興味深いドラッグに注目し、その健康への影響と、潜在的な問題点を見てみることにします。


マリファナは規制薬物だが、科学的研究は不十分


20150514-marijuana02.png


まず始める前に、この分野はまだ研究が不十分であることをお伝えしておかねばなりません。マリファナは何世紀もの間、薬や発酔剤として用いられてきました(旧約聖書にさえ「kaneh-bosem」として出てくる)。しかし、マリファナが健康に与える影響については、まだあまりわかっていません。政府が大麻に対して行った分類のせいで、対照研究がほとんど行われてこなかったからです。

アメリカ食品医薬品局は、マリファナを「スケジュール I」というレベルに分類しています。これは、最も危険なドラッグを意味し、「現在、容認された医療的用途がなく、乱用の危険性が高い」ものを指定するカテゴリーです(備考:ヘロイン、エクスタシー、LSDも「スケジュール I」に指定されているが、コカインや覚醒剤は、より危険性が低い「スケジュール II」に指定されている) ですので、医学的な研究でマリファナを使うには、麻薬取締局から許可を受ける必要があり、研究そのものも食品医薬品局から承認される必要がある。また、研究レベルのマリファナを入手するには、国立薬物乱用研究所への手続きも必要となる、とPopular Scienceが説明しています。大麻の所有は、連邦政府レベルでは違法であるため(州レベルでは合法であっても)、連邦政府の補助金を受けている病院、大学、研究機関で働く研究者は、マリファナの研究を行うと補助を受けられなくなるリスクがあります。

マリファナの分類レベルを変えて研究の門戸を広げようという運動がかなり前から行われていますが、今のところ、マリファナと健康の関係についてわかっていることは以下のとおりです。


最初の数時間で、マリファナが脳にすること



上の動画は、ASAP Scienceが、マリファナを喫煙、および摂取した直後に、脳に何が起きるかを説明したものです。大麻草は少なくとも60種類のカンナビノイドを含んでいます。これは、脳の受容体に作用する化学合成物です。THCやテトラヒドロカンナビノールは、マリファナの効果に最も関係がある化学物質で、多幸感をもたらすものです。THCは、脳内で自然につくられる別の種類のカンナビノイドである「アナンダミド」と類似した物質です。アナンダミドは、気分や睡眠、記憶、食欲などを調整する働きがあります。

カンナビノイドが脳にもたらす主な作用は、ニューロンを発火させつづけ、思考と知覚を拡張し、意識を一点に向けつづけることです(別の思考にとってかわるまで)。これが、マリファナでハイになっているときには、運転や、試験勉強、または、テニスや野球など協調が要求されるスポーツをすべきでないと言われるゆえんです。アルコールカフェイン、砂糖と同じく、カンナビノイドも脳内のドーパミンレベルに影響を与え、多くの場合、リラックスと多幸感をもたらします。

このほかにも、Salonが、マリファナが脳にもたらす影響(新しい記憶の形成能力を低下させるなど)や、カンナビノイドに食欲を増進する作用があることを説明しています。

効果は摂取量や、調合の度合いよって変わります(一般的なマリファナはTHCを2〜5%、ガンジャは15%のTHC、ハシシオイルは15〜60%のTHCを含んでいる)。大量に摂取すると、何時間もソファで丸くなってしまうような、恐ろしい幻覚状態に陥ることもあります。

ほかのドラッグと同じく、マリファナの効果にも個人差があります。すべての人が、楽しく、リラックスする体験をするとは限りません。不安症や、パニック症の人にとっては、静けさをもたらすというよりは、むしろ症状を悪化させるものになるでしょう。


マリファナには、記憶力や集中力に対する長期的な影響はなさそう


20150514-marijuana03.png


マリファナの短期的な効果は、たいてい数分のうちに現れ、30分以内にピークを迎え、2〜3時間後には消えていきます。ここである疑問が湧きます。マリファナを常用した場合、あるいは、ときどきでも大量に摂取したとき、何が起きるのか? 認知や健康に永続的な変化が起きるのか?

繰り返しますが、マリファナについてはあまり多くの科学的研究がなされていません。とくに、長期的に追いかける研究はほとんどありません。とはいえ、2012年時点で入手可能な研究のレビュー(Journal of Addiction Medicineに掲載)を見ると、マリファナを摂取することで短期的に記憶力や集中力が減退したとしても、それが永続することはないと言えそうです:

  • 注意力/集中力:マリファナは、初心者においては、注意力、集中力の減退を引き起こすが、常用者やヘビーユーザーにおいては、喫煙、摂取してから6時間以内に、そうした影響は見られません。また、ある研究で、被験者がマリファナを最後に使用してから3週間以上経つと、注意力と集中力は正常に戻ることがわかりました。「7つの研究のうち5つで、28日間から1年間の禁制期間をもった被験者で、注意力や集中力の減退は見られなかった。(Lyons et al., 2004; Pope et al., 2001; 2002; 2003; Verdejo-Garcia et al., 2005)」 残りの2つの研究では、28日後でも、ヘビーユーザーと非使用者の間で、注意力と集中力の違いが見られました。しかし、レビュー者は、この結果の違いは、計測した処理能力のタイプが異なっていたせいだと述べています。
  • 短期記憶:同じく、短期記憶に関しても、長期的な影響は見られないとする研究結果がいくつかあります。例えば、2002年の研究では、77人のヘビースモーカーに、何日かマリファナの喫煙を控えてもらってから、記憶力のテストを行いました。マリファナを使ってから7日以内のヘビーユーザーには、記憶力の減退が見られましたが、28日後までには、記憶力のテストにおいて、対照被検者との違いが見られなくなりました。つまり、喫煙直後に記憶力に影響が出たとしても、喫煙をやめれば、時間とともに回復するということです。

薬物乱用・精神衛生サービス局が、マリファナ使用における、短期、長期の影響に関するパンフレットを製作しています。そこでは、マリファナの常用と、暴力、犯罪には強い関連性はないこと、また、マリファナ使用と抑うつには不明確で弱い関連性しかないこと、マリファナ使用と先天的欠損症には明確な関連はないことが報告されています。しかし、マリファナの乱用は、呼吸器系の問題や、統合失調症を誘発しやすいこと(ただし、遺伝的な素因が含まれることを示唆する研究もある)、10代のマリファナの使用は、社会への適合を困難にすることも報告されています。以下、これらの問題についても見ていきます。


ほかのドラッグに比べて、マリファナは依存症も害も少ない


20150514-marijuana04.png


依存症はとても複雑なテーマです。人は、快楽をもたらすものなら何にでも依存症になる可能性があります。マリファナに依存症があるのが事実だとしても、ほかの物質(違法、合法問わず)よりはリスクが少ないとはいえます。統計によると、マリファナ使用者の9%が依存症になりますが、タバコ使用者は32%、コカイン使用者は20%、飲酒者は15%が依存症になることがわかっています。

マリファナとほかの物質を比較するときに重要なのは、依存症の有無ではない、どれほど害があるかだ、という意見もあります。

前公衆衛生長官のJocelyn Elders氏は、マリファナの合法化を支持するとしたうえで、「依存性はない、少なくとも身体的な依存性はない」とCNNに話したと、Time誌がレポートしています:


Elders博士がCNNで話したとおり、マリファナは無害だ。アルコールやヘロイン、コカインは過剰摂取で死に至ることもあるが、マリファナで死ぬとしたら、藁束の下敷きになったときくらいだ。


いずれにせよ、マリファナはほかの物質に比べて危険も依存性もかなり少ないことが明らかになっています(アルコールより100倍以上安全)。とはいえ、まったく無害というわけではありません。摂取の仕方によって、健康への影響は大きく異なります。


マリファナは10代にとってはかなり危険


20150514-marijuana05.png


マリファナを10代の頃から使い始め、毎日摂取すると、依存症になる危険が高まります。国立ドラッグ乱用研究所によると、マリファナの依存症は、若いころ(10代から)使い始めた人の17%、毎日使用する人の20〜50%に見られるそうです。

Damon Raskin博士(開業医でAmerican Board of Addiction Medicineの外交官)は次のようにアドバイスしています:


最近のマリファナは脳に変化を引き起こし、学習機能を減退させる。とくに、脳が成長過程にある10代で顕著である。脳は25〜26歳になるまで完全には成長しない。マリファナを常用すると、性格、判断力、推論能力に影響が出る。

また、マリファナは心臓と肺にもダメージを与え、不安や抑うつ、統合失調症の発生率を増加させる。深刻な精神病エピソードの引き金にもなりえる。多くの成人にとって、マリファナは比較的害が少ないようだが、青年期の若者となると話は異なり、マリファナへの依存しやすさは成人の2倍となる。

近ごろ手に入るマリファナは、かつてのものより強力で、使用者に有害な影響をもたらす可能性がある。医療の専門家たちは、緊急治療室に、激しく嘔吐をしながら運ばれる患者を頻繁に目にしている。若い人にとっては、精神病やせん妄になるリスクも高い。


あなたが青年期の子どもを持つ親なら、成長期におけるドラッグの影響について、よく話して聴かせて欲しいと思います。

喫煙はほかの使用法よりリスクが高い


20150514-marijuana06.png


マリファナは喫煙による摂取が一般的ですが、気化器を使用したり、お茶にしたり、食べ物に混ぜたりなどの使用法もあります。医療用途のほか、オイルや着色料にもよく使われます。数々の使用法の中でも、喫煙が最も有害な副作用があります。米国肺協会によると:


喫煙は肺の健康にとって有害である。燃える木材、タバコ、マリファナ、いずれであれ、燃焼する物質からは毒素と発がん性物質が放出される。燃焼するマリファナから出る煙にも、タバコの煙と同じく、多くの毒素、刺激物、発がん性物質が含まれることがわかっている。

また、マリファナとタバコの喫煙のされ方には一般的な違いがある。マリファナの煙は、通常、タバコの煙よりも深く吸い込まれ、肺の中に長く留まる。結果、より多くのタールに触れることになる。

マリファナの副流煙には、直接煙を吸うのと同じ種類の毒素や発がん性物質が、同じ程度含まれる。


2013年の研究に関するレビューでは、大量かつ長期的なマリファナの使用と、呼吸器の病気や肺がんを結びつける証拠が見つかったとしながらも、タバコの喫煙のほうが明らかにリスクが高いと結論づけています。

とはいえ、常用者は喫煙以外の方法も見つけています。蒸気を吸ったり、食べたりすることです。Ata Gonzalez氏(G FarmaLabsのCEO)が次のように話しています:


伝統的なやり方(ジョイント、ブラントなど)は、効果的とも、清潔とも言えない。紙を使う方法は、喉と肺の組織を傷つけ、カビ胞子を吸い込むリスクも増す。使用する大麻の種類によっては、発がん性物質が放出される可能性もある。煙を吸うなら、気化器がはるかに優れた選択肢だ。この方法は、エレガントなだけでなく、大麻を、燃焼した煙ではなく、熱による蒸気を、血流に送り込む。気化することで、毒や有害な副産物に触れるリスクも低減する。

さらに、食べるという選択肢もある。これが、大麻をシステムに取り入れる最も効果的な方法である。大麻が肺ではなく胃腸を通るからだ。それだけゆっくりと吸収され、THCを肝臓で処理するため、効果も遅れてやってくる。その結果、身体全体をハイにし、体の痛みを除去するのに効果を発揮する。

チンキ溶剤や強壮剤も、食用のカテゴリーに分類できる。また、大麻オイルからつくられる局所用溶液(軟膏、ローションなど)は、炎症を抑えたり、鎮痛剤として利用されている。


私たちはマリファナをヒッピーの自然回帰運動と結びつけて考えがちですが、今日、合法マリファナは米国で最も速く成長している産業(数十億ドル規模)であり、マリファナの純度と品質によって、健康への影響と効果は大きく変わります。


マリファナには数多くの医療用途がある


20150514-marijuana07.png


マリファナには、さまざまな潜在的な医療用途があります。米国の23の州とワシントンDCは、医療目的のマリファナ利用を合法化しており、がんやエイズ、関節炎、多発性硬化症、偏頭痛、てんかん、吐き気など、さまざまな病状に適用されています。

アンケート調査に参加した医師のうち76%が、大麻を医療目的で処方する用意があると答えました。また、NPO組織「Procon.org」が、医療マリファナに関する60の査読研究を分析した結果、そのうちの68%が、当該治療条件において、マリファナの有用性が認められると結論づけていることがわかりました。

マリファナと医療の関係も、まだ研究が不足している分野です。CNNのSanjay Gupta博士は、最近の論文で、圧倒的多くの研究(約94%)が、有害性を調べるために計画されており、わずか6%が医療マリファナの有効性を調べるために行われたと述べています。

つまり、私たちが手にしているのは、不十分な裏付けに基づく情報にすぎないのです。Greta Carter氏(大麻関連の活動家で起業家、クリニックチェーンの創設者)は私に次のように語ってくれました:


退役軍人管理局は、心的外傷後ストレス症候群に対するマリファナの有効性をよく理解しています。また、子どもの発作や運動障害に苦しんでいる家族が、マリファナ医療を受けるために州を異動することもあります。エイズやがんの患者からも、大麻の有効性をよく耳にします。米国以外の研究でも、大麻の処置により、腫瘍が小さくなったとの報告があります。米国では、アスピリンによる死者が年間500人も出ているのに、大麻でひとりの死者も出ていないのは特筆すべきことです。

こうした、極端な状況だけでなく、大麻は多くの人の健康に寄与するものだと考えます。... 私のクリニックには、毎月1000人以上(1日40人)の患者がやってきます。患者の平均年齢は毎年上がり続けています。そして、こんな話をよく耳にします。高齢者が来院しては、いま14種類以上の薬を飲んでいると話してくれます(ほかの薬の副作用を消す薬まである)。彼らに大麻を処方して1年もしないうちに、飲んでいる薬は2〜3種類に減って、生活の質も格段に向上したと教えてくれるのです。また、痛み止め剤の依存症に苦しんでいた患者たちからは、大麻を使って、痛みと、痛み止め剤を手放すことができたと聞きます。こうした話はいくらでも続けることができます。


医療マリファナの反対者たちは、マリファナを使うのは危険すぎる(この主張のほとんどは喫煙による影響に対してであり、マリファナ全般、及び別の使用法についてではないようだが)、マリファナには依存性がある、ほかの合法薬があればマリファナなど必要ないと主張します。

両方の立場に立つ医療の専門家や研究者(そして立法者)が、マリファナ使用の是非について議論を続けています。一般のアメリカ人に対する1年以上前の調査では、アンケートに回答した人の半数以上が、マリファナ(娯楽用、医療用)が、アルコールと同じように合法的に販売されることに賛成だと答えました。

ということで、さらなる研究が待たれます(何の研究でも使われる常套句ですが)。マリファナに関しては、本当にさらなる研究が必要なのです。


Melanie Pinola(原文/訳:伊藤貴之)
Photos by Nemo, Geralt, 887OS (Shutterstock), trawin, Caveman Chuck Coker, GoToVan, wackystuff.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.