• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,  06:00 PM

超生産的になり、望み通りの人生を生きる秘訣

超生産的になり、望み通りの人生を生きる秘訣

150612_super_productive.jpg


Inc.|超生産的になる最善にしてもっとも効率の良い方法は、仕事であれ私生活であれ、まず自分にとって一番大切なことを優先して、それに全力を注ぐことです。

これを実行するのは口で言うほど簡単ではありませんが、やってやれないことでもありません。しかし、成功と幸福感に恵まれた人生を歩みたいなら、自分にとっての優先事項を認識し始めることは必須です。

自分の優先事項が何かはもうわかっていると思うかもしれませんが、本当にわかっていますか? 自分の最優先事項は家族だと言いながら、友達と交流したり、買い物やゴルフに出かけることにもずいぶんと時間を使っています。

自分の望み通りの人生を生きるため、優先することに全力投球する方法をご紹介します。


1. 時間の多くをどこに使っているか確認する


自分が優先するべきことははっきりわかっていると思っていて、実はそうでない人はたくさんいます。何が優先事項で何がそうでないかどうやってわかるのでしょうか。

まず、毎日の時間の使い方の棚おろしから始めてください。もし自分の優先事項は健康だと思っているのに、食事を抜いたり、睡眠不足だったり、エクササイズの頻度が低いようなら、健康はその人にとって優先事項ではないということになります。言葉より行動の方が雄弁であるということを忘れないでください。


2. 自分の優先事項は何かを認識する


自分を棚卸した結果をリストにして、実際に毎日していることと比べてみましょう。リスト内容と現実が一致していますか? 一致していないようなら、努力が必要です。自分の生活と愛する人たちの生活を成立させ、気にかけるようにする努力です。

根気強く自分の優先事項を認識する努力をして、プロセスをはしょらないでください。生活に喜びをもたらすものは何でしょう。人生に役立つものは何でしょう。そして人生で一番意味のあることは何でしょう。これで自分の優先事項が明らかになります。そうなったら、そうした優先事項に全力を注ぎましょう。自分がすることを常に意識して、あるべきところに優先事項があるようにしましょう。


3. 一番大切なことに集中する


人生は思っているほど複雑でも多忙でもありません。自分の人生のためにならないことをすると、本当に大切なことに時間を充てられなくなります。無意識にただ生きるのはやめて、人生を通して成長しましょう。

生産的であるということはたくさんのことを粗末にやることではありません。少数のことを立派にやることです。それが家族であろうと、仕事であろうと、他の何であろうと、人生に一番の喜びをもたらす選び抜いた少数のことに集中して、しっかりとやりましょう。


The Secret to Being Super Productive and Living the Life You Love | Inc.com

PETER ECONOMY(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.