• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:00 AM

仕事をする上で理想の自分になる方法

仕事をする上で理想の自分になる方法

150609_job_success.jpg


99u:起業家でありベストセラー作家であるDave Kerpen氏は、Likeable Mediaという一連の成功を収めたソーシャルメディア会社を設立しました。そして彼は、仕事で成果を上げることに関して大事なことを知っています。


理想の自分を作るヒント


最近Kerpen氏は、仕事の上で理想の自分を作る的確な方法とヒントを公開しました。


  • 自己観察を行う ― 最も重要な価値観を築く
  • 自己観察は世界中、どこででも行われている方法で、定期的に(理想的には毎日)時間をとって自分の価値観や優先事項をハッキリさせます。こうすることで、何かを決める際に大きな自信を持てます。また、これは心配や恐怖、不安、プレッシャーやストレスも和らげます。なぜなら、本当の気持ちに光を当て、現実を見ることができるようになるからです。

  • 「バランス」をとる ― より良い決断をするために大局を見据える
  • どのような組織においても、取り組むべき課題や解決すべき問題について、バランスよく考えます。自分の考えや知識だけに頼ることはせず、同僚からの広い意見を求めます。

  • 本物の自信を持つ ― 知っていることと知らないことを把握する
  • 理想の自分であるためには、本当は自分がどのような人間であるかということを知っていなければなりません。自らの技術や業績(知っていること)を認めるとともに、それほど強みのない分野(知らないこと)も把握します。どんなに得意とするものがあったとしても、本当に自信のある人間ならば傲慢になることは決してありません。自分よりも才能があり成功している人がいるということを知っているからです。本物の自信は、一緒に仕事をしたいという人を惹きつけます。


自己改善を行う


私たちはもてる時間の大半を仕事に費やします。私生活においてさえも、仕事のために活動することがあります。しかし、個人的な成長も、職業的な成長と同じくらい、重要ではないでしょうか。というのも、人生においては仕事上であっても、プライベートな出来事が本当にたくさんあるからです。

同僚やチームメンバー、そして、マネージャーとのやりとりは、私たちの精神状態に、友人や家族とのやりとりと同等、または、それ以上の強い影響力を与える可能性があります。もし、上司にさんざん油を絞られて、上司の知らないところで当たり散らしているとしたら、おそらく失敗したことへの影響や、立場が悪化する可能性を、延々と考えて過ごすことになるでしょう。また、仕事上の大事な機会を逃した時には、自分にイライラし、その不快感がいつもの仕事に対する喜びを曇らせているような感覚を持つかもしれません。

仕事の成果を出すだけではなく、自己の成長に焦点を置くことは、自尊心を得るのみならず、良い結果をキャリアにもたらします。仕事の人間関係を明るく良いものにし、仕事に対する充足感を深め、創造力をもつ心の余裕を生み出します。

皮肉なことですが、つまり、仕事のみを向上させようとするより、自己改善をすることが、仕事の成果改善にもつながるのです。


How To Become Your Best Work Self|99u

Allison Stadd(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.