• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  06:30 AM

10項目で人生の「希望度」がわかるテスト! 希望を願望で終わらせないために

10項目で人生の「希望度」がわかるテスト! 希望を願望で終わらせないために

150609book_to_read.jpg


単なる願望は精神的なファストフードと言ってもいい。(中略)束の間満たされるが、長い目で見ればなんの栄養にもならない。(中略)もちろん、"ポジティブに"というのが励ましの言葉なのはわかっているが、それだけでは無意味な応援にしかならない。(中略)残念ながら、いわゆる引き寄せの法則は法則ではない。「私にはほしいものを全部買えるお金がある」と何度自分に言い聞かせたところで、お札で財布がぱんぱんになるわけがない。(108ページより)


5年後の自分を計画しよう 達成する希望術』(シェーン・J.ロペス著、森嶋マリ訳、文藝春秋)の第5章「高望みと希望のちがい」のなかで、著者は上記のように主張しています。つまり、希望と願望をはき違えてしまうのは危険だということ。


言い換えれば、希望は願望に勝るということだ。人が希望を抱くとき、将来について大いに期待すると同時に、期待通りの未来を手に入れるために乗り越えなければならない壁もはっきり見えている。つまり、行動する準備ができているのだ。いっぽうで、願望は努力を蝕むこともある。願望を抱くだけでは、つい受け身になって、目標を叶えるのがむずかしくなる。(103ページより)


つまり、世論調査会社ギャラップの主任研究員である著者が本書を通じて訴えかけているのは、希望を持つことの大切さ。そして、それを将来の自分のために活かすことの重要性。しかし、だとすれば、現在の自分がどれだけ希望を抱いているのかが気になるところです。その点を見極めるために、著者が考案したという「希望レベルを測れる簡単なテスト」を見てみましょう。


希望をテストする


テスト方法:各項目をそれぞれ5点満点で採点してください。1は「まったくあてはまらない」、5は「あてはまる」となります。


  1. 将来は今よりよいものになる
  2. 自分には将来をより良いものにする力がある
  3. 将来に少なくともひとつは期待することがある
  4. 目標へ通じる道が何本も見える
  5. 大切な目標に通じる何本もの道に障害物はない
  6. 現在の状況で将来が決まる
  7. 過去の業績で将来が決まる
  8. 将来に関して、周囲の人にも期待を抱かせられる
  9. 自分が手本になったり人に協力したりして、希望を広めている。
  10. 自分の生き方を通じて、希望を広めている
(51ページより)


質問1~5の合計点数が、自分の希望度15点以下なら、もっと点数を上げるために努力と実績が必要。16~20点なら、希望を持って日々を過ごしているものの、さらに点数を上げるのに役立つ方法がいくつもあるのだとか。そして21点以上であれば、希望に満ちていて、将来について考えるのが得意だということ。

質問6~7の合計得点からわかるのは、希望を抱くための心構えができているかどうか。点数が高いほど、「将来は過去や現在の状況に支配されている」と思い込んでいて、希望を抱く余地がなくなるというわけです。そこで著者は、「誰もが直面する現実的な制約を受け止めながらも、自分なりの自由の幅を広げるように心がけよう」と提案しています。将来は自分で切り開くものだという考え方。

質問8~10の合計点数は、希望の伝染力を表したもの。13点以上の人は、みんなの手本となって、周囲の人に希望を抱かせているといいます。しかし、もし点数が低かったなら、日々の生活のなかで希望に満ちた人と交流し、支えてもらうようにするといいそうです。


希望を手にするための3要素


希望を抱くと、未来に関する思いや感情も働き出す。著者はそう主張しています。そして、先を見据えて物事を考えることによって、「望む場所へたどり着くために、いますべきこと」がわかるようになる。すると、気持ちが前向きになり、希望に向かって努力する力が湧いてくる。希望を抱けば理性と感情が出会うということで、著者はそれを「希望は心と頭の共同作業だ」と表現しています。

でも現実的に、希望を手にするためにはどうしたらいいのでしょうか? この問いに対しては、「希望を手にするには勢いが必要だ」と著者。希望を支える核となる「信念」を知るだけでも役に立つけれども、それ以上に大切なのは、その信念がどのように作用するかを知ることだということ。

そこで紹介されているのが、「希望を絵に描いた餅で終わらせないための方法」。核となる信念を結合させ、よりよい未来に私たちを導いてくれる3つのプロセスをつくり上げるのだそうです。3つの要素とは、次のようなもの。


目標

明日のことであったとしても、一生のことであったとしても、私たちは「自分がどこに行きたいのか」「なにを成し遂げたいのか」「どんなふうになりたいのか」を考えて目標を立てるものです。もちろん、曖昧な目標や、単なる思いつき、すぐに忘れてしまう目標もあるでしょう。しかし、それ以外の目標は明確なかたちをとり、時間の経過とともに修正されていくもの。希望はもっとも重要な目標から生まれて、幾度となく修正され、その未来像が私たちの頭のなかにくっきりと浮かび上がるといいます。(42ページより)


動機づけ

ここでいう"動機づけ"とは、日々の暮らしを形成する「知覚能力」をひとことでいいあわらしたもの。人は長い時間をかけ、前進するための動機を見つける能力を発達させ、忍耐力や、長期にわたって努力を続ける力を身につけます。いってみれば、動機づけによって、人は人生の物語をつくりあげられるということだというわけです。(42ページより)


方法

私たちは、目標に向かうためにいくつもの方法を見つけ出し、自分にもっとも適した方法を選び、長い間にわたって進行状況を監視します。ところが前進し続ける計画を建てたとしても、いつ邪魔が入るかはわかりません。だからこそ、想い描く将来に通じるよりよい方法を常に探し求め、いつでも変更できるように柔軟な姿勢を保つべきだということ。(43ページより)

これら3つの要素を、ひとつの話としてイメージしてほしいと著者は記しています。なぜなら、それぞれの要素は他の要素を作動させるものだから。3つの要素は互いに作用しあい、強化され、修正され、ときには弱まることもあるもの。しかし3つすべてが強固であれば、希望が増していくサイクルができあがる。逆にひとつの要素が弱まると、希望はしぼんでしまうことに。


150608book_to_read3.jpg


あなたがどんな目標を立てていようと、また、何歳だろうと、どんな状況に置かれていようと、一見単純に見えるこのサイクルがあてはまる。(中略)本書で紹介する具体例や実話はこのサイクルの上に成り立っている。(44ページより)


だからこそ本書を読めば、人生がいかにシンプルなものであるかということ、希望には無数の顔があること、思わぬところに希望が花開くことに気づくだろうと著者は記しています。そして、希望に満ちた人は、会う人すべてに希望を授けることになるとも。


❇︎


本書の特徴のひとつが、希望を持つことによって、さまざまな障害を乗り越えてきた人々の実例が数多く紹介されていること。それらのストーリーにも説得力があり、読み進めていくごとに気持ちが前向きになっていくことを実感できるはず。そういう意味でも、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.