• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,  09:00 PM

キャリアの選択に「正解」も「間違い」もない。唯一の間違いは諦めること

キャリアの選択に「正解」も「間違い」もない。唯一の間違いは諦めること

150520careermove1.jpg


キャリアに悩む多くの人は、「正しい」決断をしないと、災難が待ち受けていると思っています。でも、キャリアパスに「正しい」も「間違い」もありません。どんな選択をしようと、すべてがチャンスになるのです。

私はキャリアカウンセラーとして、大学で学生のキャリア相談を受けています。先日、大学院生をしながら私の助手をしてくれていた卒業生から電話をもらいました。新しい仕事を始めたばかりの彼女は、浮かない声でこう言うのです。


私、今の会社に就職したのは失敗でした。


彼女は、不満そうな口調でたくさんのことを話してくれました。中でも、採用時に言われた仕事をさせてもらえていないことが、最大の懸念だとか。

でも、私には彼女の選択が間違いだとは思えませんでした。そこで、「あなたは当時持てる情報の中で、最良の判断をしたと思う」と伝えました。住みたい場所で仕事を見つけられたし、与えられた役割の中で学ぶチャンスも得ているじゃないかと。「いろいろな人に会って、いろいろなことに挑戦して、あらゆることから学んでね。それと同時に、次のチャンスを探し続けることを忘れないで。今の場所は、キャリアの旅における最初の駅にすぎないんだから」


この手の相談を受けたのは、彼女だけではありません。学生の相談を受けていると、こんな質問は本当によくあるのです。


「この仕事に就いても、嫌いになったらどうしよう?」
「この専攻に進んで、あとで違うことがしたくなったらどうしよう?」
「自分はこの会社に、友達はあの会社に就職する。友達の方がいい人生を送るのではないだろうか?」


キャリアの選択に正解はありません。あるのは選択肢だけ。そして、どんな選択肢も、チャンスになりうるのです。何かの委員会に参加すれば、人脈作りのチャンスになります。社内異動を希望すれば、同じ場所に留まるよりも、昇進が早まるでしょう。転職をすれば、新しい場所に住むチャンスになるかもしれません。MBAを取れば、生涯年収がアップするかもしれません。

つまり、どんな決断を下しても、その機会をうまく利用すればいいだけなのです。だから、「正しい」決断なんてものは存在しません。では、この「正解なんてない」哲学を貫くにはどうしたらいいのでしょう。考えるきっかけとして、4つのアイデアを紹介します。


キャリアパスはまっすぐじゃない


キャリアカオス理論(またの名を偶発性理論)によれば、私たちのキャリアパスには予測できない環境の影響があるため、多くの場合まっすぐな道のりではありません。このことは、身の周りにもたくさんの事例があるでしょう。会社をクビになった会計士が、起業家になった。ある会社のCEOが、牧師になるという人生の夢を追い続けている。博物館の学芸員が、親の介護で自宅に戻り、ニッチビジネスで成功したなど。

このような人生の転換は、一見カオスのように見えます。でも、ちょっと詳しく調べてみると、その人はある状況で学んだスキルを別の状況に生かすことができる能力を持つ人であり、変化に対してオープンかつ柔軟であることがわかるはずです。

これについては、ジョン・クランボルツ教授の『The Happenstance Learning Theory』に詳しく書かれています。その中でも、私が好きなフレーズを紹介しましょう。


まだ将来を決めていなくても、「まだ決めていない」なんて言い方をせずに、「オープンマインドである」と言いましょう。(実際、聡明な人は誰も将来を決めていないはずです)


もう1つ、とても役に立つ文献が、キャサリン・ブルックスさんの『You Majored in What?: Mapping Your Path From Chaos to Career』。この本は特に、工学系や看護系などとは違い、キャリアパスが見えにくい文系で学ぶ学生にオススメです。しかし、どんな背景を持つ人にとっても、さまざまな興味やスキルを組み合わせ、最大限に活用する方法を認識するための役に立つと思います。

これらの文献を読むことで、キャリアの決断のたびにパニックに陥っていたあなたの思考が、もっと柔軟なものに変わるでしょう。どんな決断を下しても、それはすべてチャンスであると認識できるようになるのです。


「or」や「but」ではなく、「and」を使う


重要な決断を下すときは、「or」や「but」を使うのをやめましょう。それらの言葉は、あなたの選択肢を狭めます。代わりに、可能性を広げる「and」を使ってください。

たとえば、転職するかどうかを決めかねているとしましょう。気持ちがあまり前向きでないと、こうなります。


この募集に興味がある。でも(but)、今のままの方が安定だしな。新しい職種に応募するか(or)、安定と昇給が約束された今の場所に残るのか。


では、この「but」と「or」を「and」に変えるとどうなるでしょうか。


この募集に興味がある。それに(and)、今のポジションの安定が好き。


こう考えることで、給料に関する疑問は出てきません。そして、転職を希望する場合、交渉する心の準備ができています。つまり、シンプルな考え方の変化で制約が消え、新たな可能性に目を向けることができるようになったのです。


自分の決断を最大限に活用する


どんな決断を下すにしても、必ずそれに全力投球してください。たくさんのエネルギーをかけて考え抜いた決断なら、その価値があるはずです。

たとえば、新しい委員会に参加することにしたのなら、必ず全メンバーと会ってください。全員と友達になり、アイデアを共有し合うのです。自分の能力を示すとともに、新しい仲間から学ぶことを心掛けてください。メンバーには、コミュニケーションが得意な人もいれば、プロジェクトマネジャーとしての経験が豊富な人もいるでしょう。いろいろな人に触れ、学ぶことで、必ず将来の仕事に役立ちます。

これは、何かを"しない"という決断でも同じです。本業が忙しくて、委員会への参加を断ったとします。そうであれば、本業に全力投球してください。そこでの仕事や仲間から、学べることをどんどん吸収するのです。

自分のためにチャンスを作り続ける唯一の方法は、自分の決断を最大限に活用することだけなのです。


一度の決断でキャリア全体が決まるわけではない


自分で選んだ選択肢が、あなたをアンハッピーにするものだったとしても、取り乱さないでください。それは、もっと大きな自分に成長するための、ひとつの階段に過ぎないのですから。ゲームのレベルアップと同じように考えてください。レベルを上げるには、経験値(知識、知り合い、スキル)を稼ぐ必要があるでしょう。

理想に届かない状況でも、決して諦めないで。諦めることは、キャリアにおける唯一のミスです。諦めずに自ら学び、成長することを選んだなら、すべてが学びと成長の種になるでしょう。身の周りのすべてをコントロールすることはできませんが、ナチスの強制収容所を生き延びて精神科医になったヴィクトール・フランクルの言葉を胸に刻んでください。


誰も、あなたの学びを止めることはできない。誰も、あなたの交流を止めることはできない。誰も、あなたの研鑽を止めることはできない。


冒頭で紹介した卒業生は、その後、新しい仕事の面接を受けたそうです。前職での経験を活かして、面接ではいい質問をたくさんできたのだとか。彼女は、会社を評価し、決断を下すための洞察力を身につけていたのです。そして、転職をしました。転職して1か月。新しい仕事を、心おから楽しんでいるそうです。

彼女が前職をどれだけ嫌っていたとしても、そこでの経験がなければ、今の仕事に就くことはできませんでした。つまり、彼女にとって前職は、間違いではなかったのです。それどころか、新しい可能性につながる、正しい選択だったと言えるでしょう。

キャリアの選択に、正解はありません。そこにあるのは、選択肢とチャンスだけなのです。


No, Really: Why There Are No Right or Wrong Career Decisions | The Muse

Caris Thetford(原文/訳:堀込泰三)
Image by retrorocket (Shutterstock).

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.