• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,  10:00 PM

Google Glass 2.0が超えるべきハードルは高い

Google Glass 2.0が超えるべきハードルは高い

150602glass_hurdle.jpg


Inc.:歩くたびに、視界の周辺でスクリーンがチラチラと点滅する。まるで一週間前に見た夢のように、ぼんやりとしている。項目を選んだり、簡単な音声検索をするにも、いちいちタップ、またタップ。30分後には頭痛がしてきて、エナジードリンクと深煎りコーヒーを混ぜて飲んだみたいな気分になる。

これは、「Google Glass 1.0」の話です。そう、私がかつて「これまで発明されたなかで最悪のガジェット」と呼んだ、あの中止となった実験プロジェクトのことです。最近、The Registerとウォール・ストリート・ジャーナルが、Luxottica社(イタリアのアイウェア・メーカーで、レイバンやオークリーといったサングラスを製造)が、Google Glass 2.0のデザインに協力していると報じました。

もう頭痛がしてきました。


私は、Google Glassを何度か試したことがあります。Glassを装着して、サーキットでスポーツカーを運転しましたが、とてもお勧めできる体験ではありませんでした。一方、初めてiPhoneを手にしたときのことも覚えています。今まさに未来を手にしているのだと感動したものです。また、Teslaを試乗した日、将来スマートカーがどれだけ運転を楽にしてくれるだろうと夢を膨らませたことも覚えています。Google Glassの体験は、むしろ不快と言っていいもので、サイボーグ手術を受けたかのような気分になりました。

ところで、Google Glassは今後どうなるのでしょうか?

まず第一に、Google Glassは終了する可能性もあります。それでもかまいません。もっとも、Googleは、これは一時的な休止に過ぎず、プロジェクトが「実験」から「製品開発」に移行するのだと言っています。GoogleもAppleと同じく、Glassの出荷が決まるまで情報は極力出さない方針なのでしょう。

私が以前、「Google Glassが中止になってうれしい」とTwitterに書いたとき、たくさんの読者がやってきて、中止になったのではない、実験段階を終えただけだと訴えました。そして、これはいいことであり、正しい方向への一歩なのだと叫んでいました。ええ、そうでしょうとも。そんな彼らはGoogle Readerの復活も待ち望んでいるようです。

Glass 2.0が本当に開発されるのだとしたら、ひとつだけ、ありえる解決策があります。私はふだんも眼鏡をするので、それにディスプレイが内蔵されるのはかまいません。ただし、それをセカンドモニターのように使いたくはありません。仕事をサボっている人をこっそり録画し、道端にある標識からナビゲーションを呼び出すような、そんな使い方には興味はないのです。そうではなく、職場や、空港ターミナルの待ち時間などに使える、フルスクリーンのディスプレイを提供して欲しいのです。

私は「Samsung Gear VRゴーグル」の大ファンです。360度周囲が見回せて、映画も見られて、ゲームもできて、インターフェースも操作できます。Gear VRとGoogle Glassはまるで違うものです。Gear VRは、別世界へ連れていってくれる、とてもリアルな仮想現実体験(VR)です。ビジネス的にもかなり可能性があります。

以前、Gear VRの中で、コンサート会場を体験したことがあります。ドラマーが足元のセットリストをチェックするのを見たり、壁に貼られたポスターをぐるっと見回すことができたり、素晴らしい体験でした。一方、Google Glassは、いけてない拡張現実体験(AR)であり、とても一日中つけていられるものではありませんでした。

VRのデメリットは、ヘッドセットで視界が完全に塞がれてしまうことです。以上のことを考慮すると、Google Glass 2.0が超えるべきハードルは非常に高いといえます。組み込まれるディスプレイは白昼でもきちんと視認できなければいけません。もし、こうしたハードルが越えられれば、利用場面はこんな感じになるでしょう。あなたはデスクにつくと、巨大なディスプレイを眼前に広げます。メールをチェックします。同僚と短いビデオチャットをします。コーヒーショップへの道順を調べます。

そして、多くの人もそうするでしょうが、あなたはディスプレイをオフにするでしょう。

Glass 1.0の最大の問題点は、あまりに貧弱なARでした。それは見づらく、また、どうしても必要なものでもありませんでした。もし、Glass 2.0が、単に現実を拡張するものではなく、実際に生産性をアップさせてくれるものなら、私は関心を持つでしょう。また、それが私の眼鏡に統合できて、見た目もサイボーグみたいじゃなくて、外出先でも仕事ができるような、メインディスプレイを提供してくれるなら、私はGlass 2.0を装着すると思います。

以上のことが叶えば、素晴らしい発明になるでしょう。GoogleがGlassを、優れた生産性ツールとして蘇らせてくれることを願っています。新しいガラクタではなく...。


Why the Bar is Set Incredibly High for Google Glass 2.0|Inc.

John Brandon(訳:伊藤貴之)
Photo by Giuseppe Costantino / Shutterstock.com

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.