• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  12:30 PM

退屈な時間は創造力を高める。あなたの168時間を評価する方法

退屈な時間は創造力を高める。あなたの168時間を評価する方法

150601time_creative.jpg


99u:1930年代に発表されたEconomic Possibilities for our Grandchildrenで、経済学者として名高いJohn Maynard Keynesは「我々のミレニアル世代は『3時間シフト』や『週15時間』労働になるだろう」と、予測しました。しかし、今日の職場では私たちはこれまで以上に長時間かつハードに働いていると言っても間違いはないでしょう。そのため、慌ただしい日常の合間に一息つくこともできていないように思います。


最近の投票によると、米国では1週間あたりの労働時間が平均より約24時間分長いそうです。これは世界で見ると一向によくありません。トルコでは、人口の半数近くが1週間に50時間以上働きます。これから先、私たちが1週間の労働時間を再び管理できるようになるためには、時間がどこに使われているかということをよく理解する必要があります。

つい先日、AsanaのプロダクトマネージャーであるJackie Bavaro氏は、時間を使いこなす方法に関する知恵を紹介しました。彼女は、時間の過ごし方を評価する簡単な方法をまとめました。円グラフを2つ作ります。1つは皆さんが望む時間の過ごし方を示すもの、もう1つは、実際の時間の過ごし方を示す円グラフです。スプレッドシートを開き、合計が168時間(1週間分の時間数)になるように、自分の活動をリストアップします。そして円柱を3つ作成します。

1. 活動
  まず、以下の項目をリストにします。睡眠、運動、食事/料理/食事の準備、仕事・キャリア、テレビ・インターネット・テレビゲーム、雑用(買い物、家のそうじなど)、家族・友人、自己管理(お風呂、身支度、日課など)、静かな時間(反省、瞑想、日記)、教育、通勤といった項目です。この中にない項目も自由に加えてください。

2. 時間
  ここでは、リストにあげた活動それぞれに使った1週間の推定合計時間をリストにします。

3. 時間の割合
  それぞれのセルには、特定の活動に使った時間の計算が含まれていなければならず、これを1週間に消費された時間の合計で割り、パーセンテージで表します。

1週間に時間をどのように使っているかというリストを作り始めましょう。「週間消費合計」が1週間分の168時間、そして、100%になるはずです。それから、皆さんの1週間を視覚化するために、このデータを項目付きの円グラフに変換します。

働く時間が長ければ長いほど、他の活動、特に誰かと一緒に過ごす時間や自由な時間が短くなります。休暇の量と質は健康(心と体の両方)にとって大切なことです。Bavaro氏が提案した方法で時間を視覚化することで、パターンや依存性がいくかあることに気づくかもしれません。

ストレスを感じているのは、十分な睡眠がとれていないからだけではなく、1週間の中で運動を習慣として取り入れてないからだと気づくかもしれません。自由な時間が純粋な自由時間ではない(例えば、モバイル技術によりジャマや仕事が入らない時間を過ごしていない)ことに気づくかもしれません。

生産性の矛盾に抵抗することは賢いことかもしれません。つまり、自由な時間を仕事で埋めるなということです。

事実、皆さんの創造力はスケジュールに空きがあるかどうかにかかっています。十分な休暇をとっていますか? 十分な睡眠時間をとっていますか? 退屈だと感じる時間を十分にとっていますか? 『The Myths of Creativity: The Truth About How Innovative Companies and People Generate Great Ideas』の著者であるDavid Burkus氏は次のように語ります。


退屈だと感じる状態は創造力を高めます。これは、人が退屈な状態を和らげたいという気持ちが強いからです。この状態が人に新しい活動や、やりがいのある活動を求めるよう駆り立てます。言い換えれば、退屈な心は遊びを求めるのです(小さな子供と車で長距離移動をしたことがある人なら誰もがきっと何らかの形でこの現象を目にしているはずです)。


米国の専門職1,000人に行った研究で、94%が1週間に50時間以上働くと回答しており、その中の半数近くが週65時間を超えているとのことでした。そして、この時間数には週20~25時間という時間、彼らの多くが勤務時間外にスマホをチェックする時間を含んでいません。人間の最も貴重な資産である「時間」の使い方を検討するのは、他でもなく、私たち自身なのです。「もっと仕事に時間を使えばよかったなぁ」と言って死んでいく人はきっといないでしょうから。


Where Is All of Your Time Going?|99u

Hamza Khan(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.