• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  01:00 PM

スゴイ地味だけど着実にどんなスキルも磨ける独学法

スゴイ地味だけど着実にどんなスキルも磨ける独学法

150531build_to_learn_1.jpg


Crew Blog:他人のために何かを作ったこと、ありますか? 自分がイチから作ったものが誰かの助けになったり、喜んでくれたりすることを知るのは格別なものです。

一度でも他人に使われるものを作った経験があると、むしろ自分のためだけにものを作ることが無意味に思えてくるかもしれません。いえ、ちゃんと意味はあります。素晴らしい学習の機会になるのです。


忘れにくく、応用できる知識が身につきやすい


学び、スキルを広げていくには、小規模で自己充足型のプロジェクトを行うのが非常に良い方法です。単に書物などで読んだり、理論として考えたりするだけではなく、実際に新しいものを作ってみることで学ぶのであれば、言葉によってではなく、体を通して学ぶことになり、忘れにくく、応用できる知識が身につきやすいのです。


ルールを忘れて、直接、経験から学ぶのです。「正しい」方法を知らなくても自分のやり方で物事に取り組むことを学ぶと、得られるものはたくさんあります。
── リチャード・ブランソン(イギリスのヴァージン・グループ創設者)


たとえば、新しい技術を試したいとします。おそらく、新しいツールが利用可能になったか、新しいプログラミング言語に興味が引かれたのでしょうね。そうしたら、「実世界という名の実験室」にふさわしく設計した小規模なプロジェクトを1人で作ります。とても小さなものを作るだけなので簡単に始められ、大部分の時間を実践的な経験から学ぶことに費やすのです。

この程度の専門知識を持ち、新しい技術を使って「遊ぶ」ことができるという状態は、初心者では経験できないぜいたくなものです。どのような分野であれ、クリエイティブの面で豊富な経験を持っているのであり、深く探求し、質問に答え、スキルを磨く助けになるかもしれない小規模なプロジェクトをデザインし、作る能力をすでに持っているのですから。


具体的な経験、内省的観察、抽象概念化、積極的実験


実践による学びを、教育者や心理学者は「経験的学習」と呼んでいます。1984年に心理学者であるDavid Kolb氏は、4つの段階に分かれる経験的学習の理論を作りました


150531build_to_learn_2_2.jpg


基本的な用語を掘り下げると、この4つの段階過程の流れは、以下のようになります。


1.新しい経験をする(具体的経験)
2.その経験を振り返る(内省的観察)
3.その経験と、すでに持っている知識を融合し、概念または理論に変換する(抽象概念化)
4.最後に、その概念または理論を他のプロジェクトに応用する(積極的実験)


ここで重要なのは、将来湧いてくるアイデアの基礎は、実践による経験に由来するということです。

熟練のiOS開発者であるDavid Smith氏は、Appleの新しい技術をテストしたい時に、似たような「実践によって学ぶ」方法を利用しています。AppleがDavid氏が学びたいと思うような新しいAPIを発表した場合、それを研究し、テストするための小規模なプロジェクトを作りだします。これらのプロジェクトは、ユーザーにリリースされることはありませんが、このプロセスを経ると新しい技術を概念化する助けになり、いずれ顧客に届ける製品に応用できるのです。


規則に従って歩くことを学ぶのではなく、実際にやって失敗もして学んでいくのです。
── リチャード・ブランソン


プロとアマチュアを分ける境界線


何かをうまくできるようになりたいなら計画的訓練が必要である。私は今ではそうわかっています。計画的訓練とは、訓練が必要で、かつ具体的なスキルに対して、意識的に焦点を当てる努力のことです。たとえば、よく知っている曲をピアノで弾くよりも、特定の音階を弾いたりうまく弾けなかったりする小節に焦点を当てるのです。これは、苦痛であり、しばしば退屈ですが、これこそがプロとアマチュアを分ける境界線なのです。

私がiOS開発を学び始めた頃、どうすればスキルを上げる練習ができるかがわかりませんでした。大きなプロジェクトを打ち立てた時は、うまくできない、ちょっとしたことの練習法がわかりませんでした。

一度でも製品の問題を解決しておけば、再度その問題に取り組む必要はないのです。ただ、意図的に、定期的に、新しいスキルを練習したり技術を使ったりする機会がない場合は、その見識をすぐに失くしてしまうでしょう。将来的にその問題に直面したら、もう一度はじめからやり直さなければならないように思えるかもしれませんね。

だからこそ、この疑問に対する答えは、自分自身だけのために小規模なプロジェクトを作ろう、ということでした。難しい質問に答えざるを得ないような、一度に一つのスキルか技術に集中できるようなプロジェクトです。


「180日間で180のウェブサイトをイチから作ることでコードを学ぶ」


最近、リストビューを使う小規模なプロジェクトを始めました。このプロジェクトを始めたことで多くの(非常に必要であった)練習ができ、理想の見た目に整えたリストビューを作れるようになりました。


150531build_to_learn_3.jpg


まだ練習が必要なので、異なったデータや少しレイアウトの違うリストビューを整える、週に1度くらいのいくつかの小規模なプロジェクトを作り続けています。

他に苦手なことの一つに、小説の執筆があります。うまくこなせるようになりたいなら、短編小説を書くことです。出版する必要性はないのですが、これらの一つ一つを、私のスキルが低い、特定の分野の実験をする遊びの場として使うのです。一つには、キャラクターを作る練習になります。また一つには、明確なライティングに焦点を当てられます。さらに、厳密に話の筋の通ったストーリーを書き、ストーリーの紆余曲折をうまく書くための実験にも利用できるかもしれません。

Jennifer Dewalt氏は、「180日間で180のウェブサイトを一から作ることでコードを学ぶ」という、似たようなプロジェクトを行っています。彼女は、HTMLといくつかの基本的なCSSだけを含む基本的なウェブサイト構築から学び始め、RailsにおいてJavaScriptやRubyを、またゲームや計算機を作るところまで進みました。

Jennifer氏は、私が勧めている方法と似たプロセスを踏んでいますよね。彼女は全てのコードをGitHub上で共有しており、このプロジェクトをウェブサイトを作る練習の場として使っているのです。


言い訳しているうちはスキルなんて上がらない


実験的に作ったプロジェクトが一般にリリースできる作品になれば、誇らしい気持ちになるかもしれません。それも悪くありません。しかし、こういう仕事が自由である理由の一つは、「利用者に配慮して作っていない」という点にあります。

Jenifer氏は彼女のウェブサイト上で、すべての学習プロジェクトをGitHubに載せるのは難しいと言っています。


私の間違いや誤解を一般に公開するのは怖いのです。


私は作品を共有するのが大好きなだけです。実際に、もっと多くのものを共有できると思います。しかし、「仕事」と「実験(学習)」は違うものです。私たちのしていることを他人から見られるのがわかっている場合は、幾分か必ず不安に感じるものです。でも、自分だけのためにものを作る場合は、このような心配は全くありませんよね。

自分の作品を、プライベートな範囲に留めるプランから始めると良いでしょう。人に善し悪しを判断される恐怖を持ったり、または褒められたり、お金を生み出せるかどうかという心配をせずに、自分自身の実験をしてみてください。自分の技術や得たいと思っている能力の向上にだけ焦点を置くのです。

きっと驚くほど地味な経験になるかもしれません。好き嫌いや是非の海の中にいると、他人の反応に基づいて自分たちのやった仕事を評価することに慣れているので、自分のために作業をすることは、みなさんの価値観を本当に大きく変えるでしょう。

スキルを上げられていない理由について言い訳するのは簡単です。大変だし、時間がかかるし、単純に忙しいから。しかし、このような言い訳をいつまでもしていると、スキルが落ちて使い物にならなくなる運命にあります。私たちはみんな、新しいことを学び、技術に磨きをかけるために意識的な努力をする必要があることはわかっています。

さぁ、行うべきプランを提示させていただきました。実行するかどうかは、みなさん次第です。


Why you should make things no one will use|Crew Blog

Belle Beth Cooper(訳:コニャック
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

UPDATE:文中の図の誤りを修正しました。ご指摘コメントありがとうございました!





Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.