• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,  07:00 PM

職場でうまくやっていくために、人のパーソナリティを理解する3つのコツ

職場でうまくやっていくために、人のパーソナリティを理解する3つのコツ

150511personalities1.jpg


職場において、パーソナリティ(人格)は重要な意味を持ちます。自分のパーソナリティが行動や決断に及ぼす影響を把握することはもちろん、他のメンバーについても知っておくといいでしょう。

書籍『Personal Intelligence』の著者でニューハンプシャー大学の心理学者でもあるジョン・D・メイヤー博士は、人のパーソナリティを読み取る能力を「人格的知能(personal intelligence)」と名付けました。博士はパーソナリティについての研究を長年続けており、自分自身の人格的知能を測り、より深く理解するためのテストを開発しています。

メイヤー博士は言います。


自分のパーソナリティを理解できれば、より良い選択ができるはずです。人格的知能は、「自分のシステムはどう機能していて、自分とは何者なのか?」という疑問に答えるために必要な、ある種のガイダンスなのです。


そこで、メイヤー博士が提唱する人格的知能を向上させ、他人のパーソナリティを理解するためのコツをお伝えします。


1.内向的・外向的を超える


150511personalities2.jpg


パーソナリティについての話は多くの場合、内向的か外向的かに終始します。でもそれらはパズルの1ピースに過ぎません。メイヤー博士によると、人格的知能は、内向的・外向的を問わずさまざまな要素があると言います。


内向的か外向的かは意味がありません。ポーカーをしているとき、手持ちの札には意味がなくて、その札を使ってどうプレイするかが重要なのと同じです。


博士が主張する人格的知能とは、もっと微妙なパーソナリティの違いを認識する能力についてです。たとえば、「興奮を求める」レベルは人によってことなりますが、部下または同僚のそうした微細な性格を知ることで、意思決定のプロセスをよく理解できるようになるのです。


リスクを好む人もいれば、極めて慎重な人もいます。


2.メンタルモデルを理解する


150511personalities3.jpg


メンタルモデルとは、行動するときに用いる思考プロセスのことです。人それぞれ過去の経験が異なりますから、メンタルモデルも十人十色。他人のメンタルモデルを知るには、その人の行動の理由を知る必要があります。これは、ある程度までは誰もがやっていることでしょう。

たとえば、同僚といつも言い合っているジョークを、パートナーの前では言わないのなら、それは同僚と同じようにパートナーがジョークを受け止めないということを知っているから。他人のパーソナリティを正確に読むことができれば、人との接し方が変わるはずです。そのためには、一歩引いて、「この人はなぜ、このように考えているのだろう」と自問するのがいいでしょう。


私たちは、何が人を動かしているのか、そしてどんなモデルを使っているのかを把握しておく必要があります。他人が物事を見るときに使っているメンタルモデルを知ることができれば、その人のパーソナリティを深く理解できるでしょう。


3.他人のパーソナリティについて最初に気付くこと


あなたが初対面の人と会ったとき、最初に気づきやすい性格は何ですか? 話し方の温かさや冷たさに敏感な人がいれば、社交的かそうでないかがまず目につく人もいます。自分が気付きやすい性格について知ったうえで、それを超えて理解しようとする癖をつけておけば、相手のパーソナリティをよく知ることができます。


人格的知能を向上できるかどうかはわかりません。しかし、他人や自分を理解する力は確実に向上させることができます。


以下の「5大性格(Big Five Personality Domains)」をもとに、他人のパーソナリティについて考えてみるといいでしょう。



  • 外向性:話好き、エネルギッシュ、積極的

  • 同調性:共感的、親切、優しさ

  • 誠実性:まめさ、計画志向

  • 神経症的傾向:気分屋かピリピリしている、あるいは感情が安定している

  • 新しいアイデアを受け入れる姿勢:想像的、オープンマインド、洞察力に富む


人格的知能が高いほど、職場でハッピー


150511personalities4.jpg


マイヤー博士の実験では、他人のパーソナリティを深く理解して反応できる人ほど、職場でハッピーになれることが示されました。


職場では、人格的知能が高い人ほどハッピーであり、他人に対して感じがよく、助けになることがわかりました。


ただし、他人のパーソナリティをさまざまな視点から理解することは簡単ではありません。メイヤー博士の研究チームは現在、具体的にどの性格が人格的知能の予測因子になるのか、もしくはならないのかについて研究中です。


The Science of Reading Your Coworkers' Personalities | Fast Company

Jane Porter(原文/訳:堀込泰三)
Illustration by Tina Mailhot-Roberge. Additional photos by katrinaket, Marcy Kellar, Al Abut (Flickr). Want to see your work on Lifehacker? Email Andy.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.