• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

ココナッツオイルとオリーブオイル、よりヘルシーなのはどちら?

ココナッツオイルとオリーブオイル、よりヘルシーなのはどちら?

150523healthier .jpg


MY LOHASより転載:ヘルシーな食材を選ぶ時、どちらも体に良いと言われているけど、一体どっちがよりヘルシーなの? と迷うことも多いですよね。多くのセレブをクライアントに持つホリスティック栄養士Elissa Goodman(エリッサ・グッドマン)さんがそんな疑問に答えています。


ココナッツオイルvs.オリーブオイル


「どちらのオイルも効果があります、この勝負は引き分けですね」とグッドマンさんは言います。(中略)カロリーに関してはどちらも同じです。そしてどちらもコレステロールやトランスファットはふくんでいません。

[BYDIEより引用]


どちらも体に良いという両オイルですが、その使い方に違いがあるようです。


「もし火を使う料理にオイルを使うならば、加熱によってダメージを受けないココナッツオイルを選びましょう」

「サラダドレッシングなど、火にかけずに使用するならばオリーブオイルは素晴らしい選択です」

[BYDIEより引用]


この勝負は両方常備して使い分けると良いようです。その効果を最大にするためにも、オーガニックでコールドプレスのものを選ぶようにしましょう。


アーモンドミルクvs.豆乳


何を一番に考えるかによって結果が変わります、とグッドマンさん言います。

「豆乳と比べてアーモンドミルクはカロリーが低く、また飽和脂肪をふくみません。250ml中、アーモンドミルクはより多くのカルシウム、ビタミンA、D、Eをふくんでいます」

しかしながら豆乳は、より多くのタンパク質をふくんでおり、さらにアーモンドミルクは体内の炎症を起こすカラギナンと呼ばれる物質をふくんでいることがあるとグッドマンさんは言います。

[BYDIEより引用]


最近日本でも人気が高まっているアーモンドミルクですが、アメリカではデイリー・ソイフリー(乳製品・豆乳不使用)の代替ミルクとしてとても人気があります。どちらもそれぞれ利点があるということですので、偏らずにどちらもバランス良く取り入れるのが良さそうです。


卵白vs.黄身をふくむ卵


「黄身をふくむ卵に軍配があがります。特に調理しすぎると栄養素が減ってしまうので、黄身が固まっていない状態の時にこの勝敗となります」とグッドマンさんは言います。

「確かに白身は黄身と比較してカロリー、コレステロール、脂肪は少ないですが、各種ビタミンやミネラルは黄身にのみ含まれているのです。白身だけを食べると、ビタミンB類、ビタミンD、鉄分が摂取できません」

[BYDIEより引用]


アメリカではコレステロールやカロリーを気にして、白身だけを食べる人も多いですが、黄身にしかふくまれない大切な栄養素があるということですから、丸ごと食べたほうが良さそうです。調理しすぎない方がより効果的に栄養素を摂取できるのであれば、半熟の目玉焼きや卵かけご飯なども手軽で栄養価の高い食事と言えます。できるだけケージフリーのオーガニックの卵を選ぶようにしましょう。


ツナ缶、サーモン缶、イワシ缶


「魚はタンパク質やオメガ3脂肪酸の宝庫です」とグッドマンさんは言います。

「3つともタンパク質やオメガ3脂肪酸を豊富にふくんでいますが、ツナは最も水銀をふくんでいます。イワシとサーモンはどちらも良いですが、サーモンの方がより多くのビタミンB、D、コリンをふくんでいます」

[BYDIEより引用]


常備しておくと便利な缶詰ですが、軍配はサーモン缶に上がるようです。手軽に料理できて、栄養素も高いサーモンはアメリカでも人気がある魚です。

今回ご紹介した食材は、どれも入手しやすいものですから、上手く活用してバランスの良い食事を心がけたいですね。



[BYDIE]

(白石里美)
olive oil photo via shutterstock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.