• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   09:00 PM

「お金の悩み」から根本的に解放されるTEDトーク4選

「お金の悩み」から根本的に解放されるTEDトーク4選

150521money.jpg


MakeUseOf:お金がない? 借金地獄? 予算、利子、貯金...そんな単語は聞きたくもない? お金に関する悩みは尽きないものですが、それはあなただけではありません。ですが、そこで安心してはいけません。お金に関する問題は、早急に今すぐ手を打たなければなりません。

お金を管理する方法については、ライフハッカーでもこれまでいくつも取り上げてきましたし、お金を管理するアプリやサービスもたくさんあります。しかし大事なのは、お金を適切に管理する方法に近道はない、ということを理解することです。

そうは言っても、何から始めればいいのかわからないという人は、TEDトークを参考にしましょう。TEDトークは、きちんとした勉強ができるわけではありませんが、お金を管理する方法を学ぶ前に、なぜ自分でお金を管理した方がいいのかを理解し、心を入れ替えるのには最適なリソースです。

今回はお金にまつわる4つのTEDトークをご紹介します。


お金に対する考え方を変える


「"借金"という言葉は昔は禁句のようなものでした」つまり借金は、普通の人が最大限避けるべき忌み嫌われる発想だったのです。借金はごく普通のことであり、借金をしたがらない人は変わっていると思われるような、現在の先進国の文化とは対照的です。

この14分間のTEDトークの中でPreet Banerjeeさんは、なぜ借金が望ましくないと思われていた時代の精神に立ち返った方がいいのかを論理的に説明しています。「もう一度、借金を嫌いになる必要があります」と言っています。お金に困っている状態から抜け出すには、お金に対する考え方を変えることが大事なのです。



例えば、利子について考えてみましょう。借金をした場合、そのお金を返す時には利子を払わなければなりません。借りた金額よりも多くのお金を返さなければならないということです。その差額を払うのは、当然借りた人です。したがって、銀行からお金を借りた場合は、実際には未来の自分からお金を借りているようなものだとBanerjeeさんは言います。

Banerjeeさんは他にもいくつかの例を出して説明していますが、このようにお金に対する視点を少し変えることで、これまでのお金を使いまくる姿勢に喝を入れ、やっとのことで手に入れた大事なお金という新しい見方ができるようになるはずです。


3つのライフスタイルを変える


次の2つの質問を自問自答してみてください。1つは「これまでの人生で、パーソナル・ファイナンスの基本を教えてもらったことはありますか?」。そういう経験がある人は「毎日の生活の中で、お金に関する生きた教訓をどのくらい学びましたか?」。ほとんどの人が「パーソナル・ファイナンス? なんだそれ?」という感じではないかと思います。

この11分間のTEDトークの中で、Alexa von Tobelさんは、75%以上のアメリカ人が自分のお金を管理できていないと感じている理由と、なぜ多くの人が毎日お金について悩まされているのかを説明しています。実は、自分で思っているほど貧しくはありません。お金を管理するのが下手なだけなのです。



では、どうすればお金の管理がうまくなるのでしょう? Tobelさんは、3つのライフスタイルを変えれば、ほとんどの人が長い間抱えてきたお金に関する悩みは軽減されると言っています。

1つ目は、予算を決めることです。そんなに恐れないでください。"予算"と言われると恐れてしまう人もいるかもしれませんが、そんなに怖いものではありません。1ヶ月の出費をすべて書き出し、収入からその合計金額を引き、改善できるところを探すだけです。「Mint」のような無料の個人会計アプリを使うと、かなり簡単です。

2つ目は、非常時の資金を貯めておくことです。給与の中からある程度を積み立てて、貯蓄用の口座に貯めておきましょう。万が一何かあっても、半年は生活できるだけのお金があったら、かなり安心できるのではないでしょうか? 予期せぬ問題が起こった時も、非常時用の資金を持っておけば命拾いします。

3つ目は、借金をすべて精算することです。借金は緊急時にしかしないようにしましょう。利子の支払いで、毎年何十万も失うことになります。しかしもっと大事なのは、すべての借金を精算すると、毎月使える現金が手元に多く残ることです。現金が手元にあるのは、間違いなく良いことですよね。

要らない物は買わず、借金を返済する


上記のAlexa von Tobelさんのトークでは納得できなかった人も、このAdam Bakerさんの話を聞けば納得すると思います。ここでは、お金に対する考え方を変えるだけでどれほど人生が変わったか、というBakerさんの実体験を元に話をしています。

どのように人生を生きていますか? 人生でやりたいことを追求するように、それとも妨げになるように生きていますか? あなたの懐は、みんなが持っているからというだけで、必要のない物を買うような、競争社会的精神の影響を受けていますか? 



19分間のTEDトークの中でBakerさんは、かつては山のようなクレジットカードの借金や車や学生ローンがあったことから始め、それをすべて返済して借金の連鎖から解放された話をしています。自由というのはあなたにとってどういう状態でしょう? Bakerさんにとっては、家族と海外旅行に行けることでした。

肝心なのは、自分のお金を自分で管理し、支出をコントロールすることです。社会が決めたシナリオ通りに人生を生きるのはやめましょう。一歩引いてみて、自分が達成したい目標を見定め、それに向かって生きることを始めます。

もちろん簡単なことではありません。しかし、決して借金から抜け出せないことはありません。Bakerさん自身が、借金に苦しみ、そこから得たものには価値があるという、生きた証人のようなものです。


物が減ると、幸せが増える


6分間のTEDトークの中でGraham Hillさんは、人類はこれまでにないほど物をたくさん持っているけれど、幸せからはほど遠い人が多いという事実を示しています。どうしてこんなことになってしまったのでしょう? どうすればこれを変えることができるのでしょう? このまま消費と不幸の負のスパイラルに真っ逆さまなのでしょうか?

誰もが借金をしています。中には、人よりも多く借金をしている人もいます。必要以上に物を買い、新しい物中毒になっており、ただ無駄遣いをしているだけです。しかし、実はそれ以上のことをしています。そのようにして追いかけているすべての"物"が、自由を感じられなくしているのです。



Hillさんが勧めているのはシンプルです。あなたの人生と生活を編集する必要があります。ライターや編集者は知り尽くしていることですが、初稿は間違いだらけで、非効率で、無駄なものがたくさんついているので、それを編集しましょう。余分なものを排除して整理し、選び抜いた大事なものだけを残します。

人生も同じです。持ち物で圧迫されていない状態は、本当に大事な活動や経験や思い出を追求するのに、より多くの自由(とお金)があります。


4 TED Talks to Help You See Your Money in a New Way |MakeUseOf

Joel Lee(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.