• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,  06:00 PM

表現者となることを阻む6つの障害と克服法

表現者となることを阻む6つの障害と克服法

150519six_obstacles.jpg


Pick The Brain:きっと皆さんにも、語りたい物語や湧き起こる感情、人の心を魅了するような想像力など、何かしら表現したいことがあるかと思います。しかし、アーティストとしての成功の前に立ちはだかる障害も数多くあります。自身が探求したいことについて語るのは簡単ですが、いざ実行に移すとなると、それらの障害が行く手をはばむのです。

とはいえ、その状況に甘んじ続ける必要はありません。この記事では、創作への情熱を阻害する障害となりがちな事柄トップ6と、それらを克服する方法をご紹介します。


障害1.時間が足りない


誰にでも1日は24時間しかありません。ですから、人生で追求したいことができるかどうかは、十分な時間が取れるかの問題ではなく、限られた時間の中で大切なことに集中できるかによって決まるのです。

そこで、80/20ルールに沿って考えてみましょう。馴染みがない人のために説明すると、80/20ルールとは、世の中や人生におけるほとんどのことは、以下の例のように不均等に配分されているという法則です。

  • 顧客の20%が利益の80%を生む
  • 社員の20%が仕事の80%をする
  • 人口の20%が富の80%を所有している

これが自分の人生にどのように適用されるかを考えてみましょう。自分の目標に近づくためにどんなことができるでしょうか? また、今はどんな作業が時間のムダになっているでしょうか?

日常生活の中で些事にどっぷりと浸かってしまうのは簡単です。しかし、目標に向かって進歩するには「大きな成功」に人生の焦点を当てる必要があります。極論するならば、他のことは全部後回しでいいのです。

どうやって優先順位をつけたらいいか迷っているなら、「これをするのが明日だと後悔するかな?」と自分に問いかけてください。もし、その答えがYESなら、それを最優先事項にしましょう。


障害2.お金が足りない


お金の管理については山のようにアドバイスがありますが、特に私自身が長年大切にしてきたことは「まず自分自身にお金を払え」ということです。

私はブログを書いたり写真撮影をすることに専念するため、前職であった心理療法士の仕事を辞める前に6カ月分の生活費を貯金しました。収入が入るたびにその15%が自動的に貯金用口座に入るようにしたのです。

あなたもこれをやってみてください。給料日ごとに貯金用口座にいくら振り込まれるようにしたいのかを、あらかじめ決めておき、自動振替を設定しましょう。そうすれば、いつの間にか、かなりの金額が貯まっているはずです。

でもちょっと警告をしておきますと、もっとお金を手にすれば創作活動の障害を解決できると考えるのは短絡的すぎるかもしれません。本当は、銀行口座に大金がなくても自分のアイデアは実現できるものです。

たとえば、Facebookに広告を出すために大金を払ったり、写真の勉強をするためにと、いきなり大金を投じて高いカメラを手に入れようとは考えない方が良いでしょう。今持っているあり合わせのものを使って仕事をしなければならない時もあるのです。

お金は成功の結果としてもたらされるものであり、その逆はないということを覚えておきましょう。ぜひ自分の経済状況をきちんとコントロールして、基盤を築き始めてください。でも、資金不足のせいで目標に向かえない状態にはならないでください。


障害3.アイデアが足りない


時には創造性の井戸が枯渇することもあります。座ってアイデアを考えても何ひとつ閃かないように思えることもあります。どんな優れた人にでもそういうことはあります。こんな時に、クリエイティブな閃きを再燃させるにはどうしたらいいでしょうか?

まずは悩み込んだ状況から飛び出して、現実の世界を生きてください。物事を実行したり探求したり、モチベーションのある人たちと交流しましょう。

こういったことを全部調子よく行っていると、クリエイティブな相乗効果が生まれ始めます。滞留していたアイデアが流れ始め、気づくと今までにないやり方で点と点を結んで全体像を作り上げることができているはずです。

そうすれば、結果的に何もかもが失敗に終わっても、また挑戦してみたくなるでしょう。私はアイデアに詰まると、自分の仕事への追求心に刺激を与えてくれる他のアーティストたち(作家、画家、音楽家、映画製作者、アスリートです)の作品に浸ることを好みます。

ですから、ぜひ本を読んだり映画を観たり、音楽を聴いてメロディに心を委ねることをしてください。普段は表現をする立場にあっても、時には芸術を受け取る側に立つことも必要で、それにより自分が芸術家として何を目指しているのかを思い出すことができるのです。


障害4.独りでやろうとしている


クリエイティブな作業をするのは孤独なプロセスになりがちです。孤独は生産性を高めることもありますが、ただの行き詰まりになることもあります。この点について幸いなのは、今の時代は自分以外のクリエーターとつながるのが、かつてないほど容易だということです。

たとえば、最近ある記事を読んでとてもおもしろかったので、私はその筆者に連絡をしてみることにしました。まず、Twitterでその人にコンタクトを取り、その人の仕事を自分がどれだけ高く評価しているかを伝えて一緒に仕事をしようと持ちかけてみました。

すると、相手から返事が来て、最終的にはGoogle Hangoutで一緒にブレーンストーミングをすることになったのです。今ではお互いのブログにゲスト投稿をする計画を立てていて、それぞれが取り組んでいるクリエイティブなプロジェクトの状況を定期的に報告しあう間柄になっています。

テクノロジーを有利に使いましょう。Twitterで自分と合いそうな会話をしている人を探し、それに対する意見を述べましょう。フィードバックを出して経験を共有し、誰かとチームを組むことを提案しましょう。

忘れないでください。本当に1人ぼっちの人は誰もいません。仲間からのサポートと激励ほどすばらしいものはないのです。自分の仕事と似たようなことをしている人にコラボレーションをもちかけましょう。どんな素晴らしい出会いになるかわかりませんよ。


障害5.自信喪失に苛まれる


「自分には才能がない」

これはどんな人の成功の夢も抹殺してしまうほど破壊力のある言葉です。

ほとんどのクリエーターは自分独自の声を過小評価するという過ちを犯します。「自分の作品は世界で一番優れていなければならない」、あるいは「自分のアイデアは完全に自分のオリジナルのものでなくてはいけない」と思い、そうでない限りは追求する価値がないと思い込んでしまいます。

たとえばフィットネスの専門家が何人この世にいるかを考えてみてください。お金のことに関する専門家やヨガの先生はどうでしょう? 何万人もいますよね? その人たちは全員世界一でしょうか? 全員がオリジナルのアイデアを持っているでしょうか?

もちろん違います。

支持してくれる人たちを持つことイコール自分の仕事で世界的に有名になることではありません。作品の後ろにいる自分という人格が大切なのであり、だからこそ人の注目を集めるのです。

だから、人々が気にかけたくなるような理由を作って下さい。リアルな存在になってください。あなた自身の物語を語ってください。何か価値のあるものを創ってください。これだけ多くの人がトレンドを追う世の中で、自分だけの道を記し、人とは違うことをしてください。それが他人と一線を画す最上の方法です。


障害6. 自分の仕事が、努力に見合った注目を浴びていない


アーティストであるということは、人から批判されやすいということですが、恐れずに自分の作品を世に出すべきです。時として、結果ではなくプロセスが物を言うこともあります。

最近私は毎日写真を撮り、そのうちの少なくとも1枚はどのようにして撮影したかの説明を添えてソーシャル・メディアに投稿することにしています。これに対して膨大なフィードバックが来ます。「どんな機材を使って撮影したのか?」とか「そのショットを撮るのにどんなテクニックを使ったのか?」というような、ありとあらゆる種類の質問が寄せられるのです。

それによって、作品を創作するということは撮影した写真を投稿して終わりというわけではなかったと気づきました。フォロワーたちとやり取りを交わしながら、創作のプロセスを垣間見ることができるようにすることが大切だったのです。


結論


以上のような障害に屈して成功を逃さないでください。人生は自分で思っているよりもコントロールできるものです。やりたいことは必ず行動に移して自分の道を歩み続けましょう。あなたの夢は実行するに値するのですから。


6 Obstacles Keeping You From Pursuing Your Passion (and How to Overcome Them)|pickthebrain.com

KEVIN KLEITCHES(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.