• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:30 AM

体力がなくても気軽に始められるランニングプログラム

体力がなくても気軽に始められるランニングプログラム

150514mind_your_breath.jpg


普段から、あまり運動をしていない状態からランニングやジョギングを始めるのは、なかなか大変だと思います。

初心者向けランニングプログラムの多くは、ランニングとウォーキングの間に決められた休憩時間を設ける、というやり方を奨励していますが、ランニング情報サイト「Runner's World」では、よりシンプルな方法を紹介しています。

ランニングを学ぶプログラムの内容は「3カ月以上かけて週に3回、30分間のトレーニングを行う」というもので、最初の5分間はウォーミングアップ、最後の5分間はクールダウンに費やし、残りの20分間は呼吸量・体力に基づいてランニングとウォーキングを交互に行います。


自分の体力に応じて、ランニングとウォーキングを行いましょう。呼吸が荒くなったら走るのをやめ、息が正常に戻るまで歩く、これを20分間繰り返します。特に決まりや休憩は必要ありません。自分の体力と呼吸に従って走るだけです。

もし筆者と同じタイプなら、最初はわずか15~20秒で息が切れ、呼吸を整えるためのウォーキングに2~3分ほど費やしてしまうかもしれません。しかし、心配はいりません。今は体が適応しようとしている箇所がそこなのかもしれません。決して無理をせず、体調に気をつけながら、このトレーニングを続けて下さい。

次回のトレーニングでも前回とほぼ同じような結果になるかもしれませんが、数週間続けていくうちに最初15秒だったものが、30秒、45秒、そして1分間走り続けることが可能になり、息を整えるための時間も減っていくことでしょう。そうなれば、今までとの違いを実感することができ、ランニングが次第に楽しくなっていきます。


むやみに休憩時間を入れたり、一定のペースを貫くのではなく、自分の体力に合ったトレーニングを続けることにより、ランニングの習慣を続けるのが楽しくなり、走るたびに進歩を感じることができるようになるでしょう。


Melanie Pinola(原文/訳:コニャック
Photo by Lake Mead Imagery.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.