• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  08:30 AM

人を不愉快にさせる会話のタイプ5つと、そうならないための対策

人を不愉快にさせる会話のタイプ5つと、そうならないための対策

150512bad_conversationalists.jpg


Dumb Little Man:私たちは毎日誰かしらと会話をしていますが、そのすべてが楽しいものとは限りません。

会話をしていると、とても心地よく、「この時間がずっと続けばいいのに」と感じる人がいます。親友にも話さなかったようなことも、その人になら話してしまうことさえあります。一方、会話の途中であっても「チャンスがあればすぐにでもその場を去りたい」と思わせる人もいます。

話し相手として不愉快な人とは、どういう人でしょうか? どうすれば自分がそうならないようにできるのでしょうか?


1.スマホ中毒者


スマホ中毒の人は、話し相手の言っていることにしっかり耳を傾けることがないようです。彼らはいつも、自分のスマホをチェックしています。相手が言っている言葉は聞こえていますが、その内容は聞いていないのです。

相手が話したことには会話を面白くするヒントがふくまれているのですが、そのどれにも気づかずに終わります。スマホ中毒の人がスマホをチェックしているのを見るたびに、話し相手は「私よりFacebookの通知が大事なのだ」と感じます。

代わりにすべきこと:重要な電話を待っている時や、他に行かなければならない場所がある場合は、あらかじめアラームをセットして、中座する必要があることを会話の相手に伝えておきましょう。そうすれば、あなたが電話をチェックしたり、その場を立ち去っても、相手が驚くことはありません。

しかし、重要な電話やメッセージが入る予定がないなら、誰かと話している最中に通知をチェックする道理はありません。もし仮にあなたの家が火事に見舞われたら、隣人はあなたにメッセージではなく、電話をしてくるでしょう。


2.セレブ好き


スマホ中毒の人と同様に、セレブ好きも会話に集中することがありません。セレブ好きが見るのは、携帯電話ではなく周囲の人々です。彼らは辺りを見回して、知っている人や会いたい人を探します。そのせいで会話の相手は「相手に取って自分は時間を割くほどの価値がないのだ」と感じてしまうのです。

代わりにすべきこと:その場に誰がいるかを見回して確認するクセがあるなら、その誘惑に負けないようにしましょう。話している相手が、「その場にいるのは自分と話し相手だけ」と感じるようにするのです。元米国大統領のビル・クリントン氏が話し相手の目を見つめ、意識を逸らさないようにすることで、そのように感じさせるのは米国では有名なエピソードです。


3.被告人のように神経過敏な人


被告人のように神経過敏な人は、自分の言うことすべてが批判的に判断されると感じています。ですからあまり発言しません。自分の言ったことが、自分の意図とは違う解釈をされるかもしれないと恐れているからです。社会不適合者と思われたくないので、たとえ面白いことを思いついても、口を閉ざしていることを選びます。

代わりにすべきこと:何か言いたいことがある時は、「それを言ってしまったら、他の人が不快に思うか」と自問しましょう。その答えがノーなら、何も恐れることはありません。


4.「何を言えばいいかわからない」タイプ


このタイプの人は、良い話し相手になるには、相手に心からの興味を持てばいいことは知っているのですが、相手が自分の関心事について話し始めて、専門語や詳細が理解できなくなると、ついていけなくなってしまいます。間抜けと思われそうな質問を避けて会話を続け、時々、相づちを打ちながら、相手にずっと話をさせるうちに、どんどん話が見えなくなっていくのです。

代わりにすべきこと:5歳の子どもが会話に参加するときのように、会話を始めましょう。5歳の子どもなら、何かわからないことがあれば質問します。相手に軽蔑されると恐れることはありません。相手の人にとっては、自分が打ち込んでいることについて、本当に興味を持っている人に説明できるのは、とても嬉しいことなのです。


5.自慢屋


自慢屋は、いかに自分がすばらしいかを相手に見せつけたがります。会話の中で、自分が成し遂げたすばらしいことを伝えられるチャンスがやってきたら、絶対に逃しません。「自分のほうが上」と常に知らしめるわけではないかもしれませんが、相手が必ず自分の過去を知るように仕向けます。こういう人との会話はまるで、「自分はこんなにすばらしい」と知らしめるためのインタビューのような感じがします。

代わりにすべきこと:他人があなたの業績を尋ねみてください。孔子は、弟子に「他人が自分の長所を知らないからといって憂慮するな。自分が他人の長所を知らないことを憂慮せよ」と言っています。

このほかに、あなたが会話していて嫌になった相手のクセはありますか?


5 Types of Bad Conversationalists and How to Avoid Being One|Dumb Little Man

Davis Nguyen(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.