• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,  10:00 PM

学習速度を速めるために知っておきたい3つのこと

学習速度を速めるために知っておきたい3つのこと

150510study.jpg


Inc: 若いときに学ぶのは簡単です。新しいアイデアを歓迎して、自分自身に挑戦してはワクワクしていました。それに若い人の方が時間があるので、周囲のみんなから新しいスキルの習得を奨励されます。

しかし、年齢を重ねていくと変わってしまいます。なぜか自分はほとんどのことをわかっていると思い始めるのです。多くの人は自分が学校で学んだ学問により自分ができるのはこれ、と限定しなければならないと思ってしまいます。実際は学ぶことを決してやめるべきではありません。

脳も他の筋肉と同じです。使ってこそ強化できます。私が見たところ、学ぼうとしているほとんどの人に発生している問題は、あまりにも早く諦めてしまうことです。効率の悪さが結果を出せなくしていて、それがモチベーションの喪失につながっています。でもこれではいけません。もっと上手な学習のしかたを学ぶ必要があります。それにはさまざまな方法がありますが、今すぐできる最も簡単な3つをご紹介したいと思います。もっと賢いやり方で学び始めれば、より多くの結果が出せるでしょう。


1. 人の心は本質的に怠惰なものだと理解する


人の心身は働くのが好きではありません。ほとんどの人は習慣になるまではジムに行くのは好きではありません。むしろソファに座ってオレオを食べていたいのです。脳も同じです。問題を考え抜いたり新しいスキルを学んだりさせられるのは、もともと嫌なのです。しかし一旦基本的なことを習得すると、それほど頑張らなくてもよくなるので、もう少し楽になります。

ジムの例に戻りましょう。初めてバーベルを持ち上げたときは、多分へとへとになって、ぶざまな感じだったかもしれません。しかし、十分な回数だけジムに通うと違ってきたと気付いたはずです。前ほど考えなくてもよくなり、体に結果が表れてきて、突然ジムに行くのが楽しくなりました。脳にもこれと同じことが言えます。だから、新しいスキルを学んでいるときは、最初は大変ですが、それでやる気を無くさないでください。大変なのは想定内です。奮闘し続けると最後は好きになります。


2. あれこれやって注意散漫になるのを避ける


複数の作業を、あっちをやったりこっちをやったりしていると、脳がものすごく働くことになってしまいます。1つのことに立ち戻り、集中し直して、正しいマインドセットになる必要があります。人間は頭が学習モードに仕向けられると瞳孔が開くことが心理学で発見されています。これは新しいスキルを習得するには集中することが必要であるという証拠です。効率よく学習するには、完全な注意力が必要なのです。注意散漫はそれがどんな種類であれ、頭が情報を吸収する能力をダメにします。

そのため、何かを学習しているときは気が散る元は全て排除しましょう。これをするのに良い方法は、時間を区切ることです。そして決められた時間の間はたった1つの作業だけしてください。電話は手元に置かず、テレビの電源を切り、ひとりで部屋に入りましょう。ひとたび頭が学習モードに入ると、なるべくそのモードからは出たくないと思うようになります。脳を再び集中させるたびに脳のエネルギーが流出します。


3. スキルが楽しくなるまで自分をだます


頭が学習モードに入らない言い訳をしようとしているときは、自分でそれがわかるはずです。飽きを感じて言い訳を考え始めるのです。明日まで先延ばしするのが1つの選択肢になり始め、集中するのは不可能な気がします。

このような場合は、集中するために自分をだまさなければいけません。それをするのに一番簡単な方法はその題材を学ぶとき無理にでも微笑むことです。鉛筆を横にして上下の歯の間に挟んで、にーっと笑ってください。作り笑いをすると感情にポジティブな影響を与えることが多くの研究により証明されています。学んだことが楽しくなるまで自分をごまかしましょう。新しいスキルの習得は楽ではありませんが、人生を楽しくすることの1つなのです。


3 Ways To Learn Faster | inc.com

AJ AGRAWAL(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.