• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

「12本のドリンク缶」をキンキンに冷やすのにちょうどいい氷の量を算出

「12本のドリンク缶」をキンキンに冷やすのにちょうどいい氷の量を算出

150510chill_a_12Pack.jpg


ピクニックに備えてクーラーボックスに氷をつめているとき、科学のことを思い浮かべる人はいないでしょう。でも、物理学に目を向ければ、12本のドリンク缶をキンキンに冷やすヒントが見つかるのです。

ビールや炭酸飲料が生ぬるくては、気分爽快というわけにはいきませんよね。『Geek Physics: Surprising Answers to the Planet's Most Interesting Questions』の著者、Rhett Allain氏は、一般的な物理学を応用し、飲みものを冷やしておくのに必要な、ちょうど良い氷の量を割り出してくれました。


氷が、飲みもの以外の物体から受けとる熱エネルギーを、60%と仮定します。この場合、飲みもの1本あたり250グラムの氷が必要になります。6本パック1つなら1.5キロ、12本パックなら3キロです。これを違う角度から考えてみましょう。つまり、氷の量を決めるのではなく、まず約4.5キロ(10ポンド)入りの氷1袋を買うと仮定した場合です。この氷で、何本くらいの飲みものを冷やせるでしょうか? 先ほどと同じ方法で計算すると、18本になります。では結局、どれくらいの量の氷が必要なのでしょうか? 私としては、ドリンク12本につき、約4.5キロ入りの氷1袋をおすすめします。この量なら、氷がすべて溶けてしまうことはないので、より長く飲みものを冷やしておけます。


かなり大量のような気がしますが、特に外が暑い時には、飲みものを冷やしておくには氷がたくさん要るものです。氷点ぎりぎりまで冷やしておく必要がないなら、12本パック3つ(36本)につき約4.5キロの氷2袋くらいで大丈夫かもしれません。

Allain氏が氷の量を決めるのに使った物理学や数学の方程式に興味をお持ちの方は、以下の「Business Insider」の記事で全部読むことができます。


Here's how much ice you need to cool your beer, according to math | Business Insider

Patrick Allan(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)
Photo by Ice Cold Drinks.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.