• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  09:00 AM

エゴによって生まれる5つの感情をコントロールできれば幸せになれる

エゴによって生まれる5つの感情をコントロールできれば幸せになれる

150509_happiness.jpg


幸福という言葉はたいてい満足感、もしくは満足な状態から激しい喜びまでの感情と定義されます。幸福は人間が生来持つ欲望であり、まさに私たちが生まれながらにして持つ権利なのです。もし人々や活動、さらには自分が愛する物事や自分が望むプラスの結果に注意を向けていれば、そういった物事を引き寄せるでしょう。

これはとてもシンプルな考えであるはずです。それでは、これほど多くの人々が不幸せで、満たされず、さらには意気消沈しているのはなぜなのでしょうか? それはエゴが邪魔をしているからです。絶えず自分に話しかける声、実際は自分の声であると思っている頭の中に響く声は、実はエゴの声であり、恐怖の声なのです。エゴがあらゆる種類の恐怖を作り出して私たちの人生を乗っ取ってしまうのです。

そういう恐怖が私たちを動機付け、操りさえもし、その結果私たちは自分の目的へと向かう道から外れてしまうのです。つまり、私たちがエゴの声をまるで自分自身の声であるかのように錯覚して聞いてしまうと、私たちは自分の力に気づくことなく目的から脱線してしまうのです。望んでいないもの、好きでもないものに注意を向け始めてしまうのです。この時点で、エゴは私たちの幸福を脱線させることに成功したと言えます。

エゴは狡猾で陰険です。エゴはどのように私たちの幸福を邪魔するのか、その5つの戦術をこれからご紹介しましょう


1. 罪悪感


罪悪感は私たちの推進力を麻痺させるのに信じられないほど効果的で、エゴはそれを知っています。エゴはどう言えば私たちの罪悪感を刺激できるか知っています。きっかけは人それぞれ異なりますが、エゴは本人よりも私たちの潜在意識を知っており、私たちの過去を知っているので、あらゆることがわかるのです。ですから注意して、慎重に耳を傾けましょう。何か変化させたい、以前一度もやったことのないことや以前喜びを味わったことをしたいという衝動に駆られたら、そういう衝動に反応して現れて来た声に耳を傾けましょう。もしその声がネガティブなものならば、おそらくエゴが語りかけているのでしょう。


2. 不安感


不安感は、私たち皆が十分すぎるほどに持ち合わせていますが、エゴは不安感を作り出すだけでなく、さらに私たちが不利になるように不安感を利用するのです。例えば、私がヨガレッスンを受けたいなと考えると、エゴは「太り過ぎだし、年も取りすぎているじゃないか」と言うのです。ここで私には選択肢があります。このばかげた卑劣な声を聞き入れることもできるし、ほっといてくれ、と言うこともできます。何か興味のあることを追求したいと思ったとき、その衝動が快い感覚と抗しがたいエネルギーを伴っているのなら、エゴが何を言おうともその衝動に従うべきです


3. 自虐


自虐は不安に付いてきます。不安を隠そうと自虐ネタにして利用する人も多くいます。自虐的な発言は、私たちを小さな存在に留め置くためにエゴが利用する頼みの綱の一つで、1日中どこかで耳にするものです。朝に鏡を見るときから始まって、終日続きます。気にしないように努めても、気にしてしまうのです。例えば、自分自身に対するマイナス思考にもっと意識的になろう、というのがその日の私の目標だったとします。結局、私が自分に何と言われたかわかりますか?「こんなに集中力が欠けているから自分の声に耳を傾けることすら覚えていられないのだ!」おっと。そうではなく「忙しかったから、今日はエゴの声を聞くのを忘れたのだ」と慈悲深く考えることもできたのに、です。


4. 怒り


怒りは我を失わせます。怒りは私たちのエネルギーを混乱させ、たいていの場合、一種の防御反応として他人にそれをぶつけてしまいます。あるいは、ぶつけることは回避しても、そのエネルギーの塊は心の底で発酵して内面から私たちを燃やします。私たちのエゴが喪失の恐怖と防御の必要を作りだすのです。怒りの底にある恐怖を見極めるのが困難なこともありますが、問題となっている事柄はそのパワー自体、言い換えればコントロールであることが多いのです。怒りに直面したとき、その人がいくらかコントロールがきく状態であれば、その怒りを発散させることが可能です。一方、怒りが内面で燃えるのを感じた場合、何を失うことを恐れているのかを自分に問いかけなければなりません。怒りは、エゴが皆さんのパワーと幸福を奪うために付けた仮面の一つにすぎないのです。


5. 評価


評価というものは分離主義を前提としており、つながりや調和といった考え方を認めません。これはエゴが根本にある反応で、恐怖から生まれます。他人(の考え、行動、ライフスタイル、衣服、お金の稼ぎ方や収入が少ない理由、お金の使い方)を評価することで、自分自身の生活から目をそらしているのです。他人を評価することで注意がそれてしまい、私たちは自分の進むべき道と目的を外れてしまうのです。



幸福と恐怖は共存できません。人生により多くの幸福を生み出すためには、エゴの声と悪巧みを知らなければなりません。エゴには多くの問題があり、そのため確実に私たちのバランスを失わせ続けるのです。もし私たちが実際に自分のパワーを自覚し、自分を思いやり、お互いに思いやる態度で生きることを学んだら、もし私たちが、どう名づけるにせよ、自分が進むべき道とこの人生に自分が存在する本当の目的を示してくれる"ミステリー"を信じるのならば、そしてもし私たちがエゴから脱却したならば、その時、エゴは存在しなくなるでしょう。


5 Ways Ego Interferes With Your Happiness|PickTheBrain

Elizabeth Lehl(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.