• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,,  10:00 PM

失敗事例に学ぶ、起業家にとってのワークライフバランス

失敗事例に学ぶ、起業家にとってのワークライフバランス

150507worklife.jpg


Crew:私は、起業家でいることが好きです。何を、いつ、どうやってするのかを自分で決められるからです。

でも、どんなコインにも表と裏があります。起業家の人生には、わずかばかりのワークライフバランスも認められないのです。起業家の多くは、従業員よりも熱心に、長い時間を働きます。9時5時なんて考えは存在せず、週末もなければ休日もありません。ただ水面から沈まないように、人生の一部を犠牲にしてでも、もがくしかないのです。

弊社のアプリ「Exist」は、起業家やフリーランサーが自身のワークライフバランスを見つけられるよう、お手伝いをするために作りました。でも、それを作っている私たちが、自分たちのバランスを取れずに苦しんでいます。そこでふと思ったのです。私と同じような起業家たちは、人生のさまざまな局面を、どうやって乗り切っているのかと。調べた結果、多くの学びがありました。あなたの参考にもなれば幸いです。


それぞれのワークライフバランス


理想のワークライフバランスは人それぞれに異なります。たくさん働きたい人もいれば、できるだけ働く時間を減らして、家族や友人と過ごしたり、趣味に取り組みたいと思う人もいるでしょう。

フリーランスデベロッパーのJohn Saddington氏にとっては、遊びと仕事で混ぜこぜになっている毎日が理想なのだとか。長期休暇中も仕事を休まず、その一方で、毎日の習慣にオフの時間(読書、映画鑑賞、子どもと過ごすなど)を取り入れているのです。

同氏曰く、これは誰にでも向いているわけではないけれど、彼にとっては完璧なバランスなのだそう。なぜなら彼は仕事を楽しんでいるし、オフの時間は、仕事後のご褒美というよりも、愛すべき仕事に向けた準備なのです。


オフの時間が、仕事後にもらえるご褒美であってはいけません。私は、むしろ逆だと思っています。つまり、仕事の方こそ、心、身体、精神すべてを整えるのに費やした時間への、ご褒美であるべきなのです。


「Shoptiques」の創設者であるOlga Vidishevaさんは、自身の経験から、会社と自分を同一に考えることが、ストレスと自信喪失のもとであると学んだそうです。彼女は時間をかけて、自分の会社は自分とは別物であると考えられるようになりました。だから、会社の成功も失敗も、彼女の自尊心や自信には直接的な影響を及ぼさないと言います。

そのおかげで彼女は、会社がうまくいっていないときでも、ストレスを感じすぎることなく、ぐっすり眠れるようになったと言います。


学び

  • 仕事の日は仕事、休みの日は休みといった完全なON/OFFでバランスを取る人がいる一方で、毎日が仕事と遊びというバランスの取り方もある。
  • 仕事は、それ以外のことを済ませたあとのご褒美と考えることもできる。
  • 会社と自分を同一視してしまうと、1日の終わりに仕事を終えることができない。そこで、会社を自分の延長のように考えることをやめ、その一部が自分の中にあると思えばいい。


家族と過ごす


起業家の多くは、家族と過ごす時間とビジネス構築の間でバランスを取っています。これが最大の難関になることが多いのです。

「YouMail」の創設者、Alex Quilici氏は、どんなに少しの時間でもいいので、必ず1日に1回は家族に自分の姿を見せることを勧めています。たとえば、子どもを学校に送っていくなど。


子どもと遊んでいるときは、携帯の電源を切ること。その間、仕事について考えないこと。密度の濃い時間を過ごすことが重要です


Alex氏は、自分の仕事に家族を巻き込むことで、シチュエーションが改善されたとも述べています。


自分の作っている商品を、家族に使ってもらってください。見て、感じてもらうことで、それを世に出すためにどれだけの努力が必要か、家族の理解が深まるでしょう。


「Xirrus」の創設者、Dirk Gates氏は、家族の長期休暇中、自分は休めないけれど、仕事をできるだけ抑えていると言います。普段は12時間から16時間働くGates氏も、子どもの長期休暇中は4時間から6時間しか働かないそうです。そうすることで、ビジネスを回しつつ、家族との時間も確保しているのです。

「Hotel Tonight」の創設者、Sam Shank氏は、子どもと過ごす時間はできるだけ存在感を高める努力をしつつ、それぞれの子どもに対して個別の注意を払うようにしているそうです。また、仕事に巻き込むために、オフィスに連れて行ったり、会社のTシャツを着せたり、夕食時に自分の1日を報告したりしているとのこと。


学び

  • 家族との時間は携帯を切り、存在感を高める。
  • 家族を仕事に巻き込んで、一員であることを感じてもらう。商品をつかってもらう、帰宅後にどんな1日だったかを話す。
  • 長期休暇と家族の時間のバランスを見つける。これは、家族が起きている間に存在感を高められるように、家族が寝ている間に何時間か働くことを意味する場合もある。


サイドプロジェクトと趣味


Justin Jackson氏は、サイドプロジェクトを持つことを勧めています。でも、人生いろいろであり、それが足かせになることもあるとも述べています。

Jacksons氏は、サイドプロジェクト立ち上げに特化したポッドキャストを運営しています。サイドプロジェクトは楽じゃないときもあるという彼の声を聴くと、なんだかすっきりします。また、自分で定めた〆切よりも、健康と人間関係を優先することも勧めています。


結局、人間関係は、どんなビジネスよりも重要です。クールな物を作りたいがために、友情を犠牲にするようなことがあってはいけません。


彼は人生において、友人、家族、同僚など、人に重きを置いています。特に、フェイストゥフェイスで会うことが大事だと言います。

こと「リアルライフ」に関しては、現場でのサポートを越えるものはありません。困っているときに家まで来て手を差し伸べてくれる人、激励してくれる人、耳を貸してくれる人が必要なのです。


Jacksons氏は、たくさんのサイドプロジェクトを手掛けながら、バーンアウトしない方法も確立しています。それは、クリエイティブなエネルギーを80%消費したらストップをかけるという方法。同氏はかつて、すべてに110%の力を注いだために、バーンアウトして鬱になった経験があるそうです。


当時は、危機に対処する余裕はどこにもありませんでした。その結果、手掛けていたすべてのことが、音を立てて崩れてしまったのです。私は、人生初の鬱を経験しました。


この経験から、仕事に投入するエネルギーに制限を掛けるようにしたところ、危機が生じても対応できるようになり、以前よりもずっといい仕事ができるようになったそうです。


学び

  • 仕事のために人間関係を犠牲にしない。死に際にもっと働きたかったと思う人はいません。
  • タンクの残量を残しておく。持てるエネルギーすべてを注いていては、持続することはできません。エネルギーの一部を、何かがうまくいかなくなったときのバッファーとして残しておきましょう。


働き過ぎの罠


「IWearYourShirt」のJason Zook氏は、働き過ぎによる壮絶な経験をしています。年間を通して休める日がなかったZook氏、ただ働くだけでなく、毎日クリエイティブなアイデアを出し続けなければなりませんでした(毎日違う会社のクリエイティブ動画を作るビジネスだった)。

それだけ働いていれば、バーンアウトしても不思議ではありません。2年間休みなく働いたあと、ついに彼は土曜日を休みにすることを決めます。でも、それだけでは不十分でした。


730日以上働き続けたあとでは、週に1日の休みでは充電になりませんでした。しかも、その土曜日でさえ、いつの間にか仕事を先に済ませておこうと思うようになり、結局毎日働くことになってしまったのです。


2013年、IwearYourShirtは閉鎖しました。Zook氏は、ついに休みを得ることができたのです。睡眠にトラブルを抱えた状態で新しいアイデアを模索していた彼は、エネルギー不足のために数々のチャンスを逃していました。

Zook氏はこの経験から、毎日自分を必要とするようなビジネスは作るべきでないと言います。


あなたがビジネスの中核であることは間違いありませんが、いなくても回るような仕組みを作るべきです。


バーンアウトには、楽しいことは何ひとつありません。元の状態に戻るまでに、膨大な時間とエネルギーを必要とします。今すぐに休息と回復の時間を取ることができるのであれば、取っておいた方が身のためです。

この話を聞いて、スティーブン・コヴィー著『7つの習慣』の1つ、「刃を研ぐ」を思い出しました。このアイデアは、理解するまでにかなりの時間を要しましたが、もっとも振り返ることが多いアイデアでもあります。切れ味の悪いのこぎりで木を切り続ける(休むことなく働き続ける)よりも、刃を研ぐ時間(仕事を休んで回復する時間)をかけた方が早く終わるのです。


学び

  • 休む時間を取る。バーンアウトする前に立ち止まることで、長期的には時間の節約につながります。
  • 自分が休めるようにビジネスを組み立てる。


仕事とは、自分と愛する人の人生をよりよくするためにするのだと思います。そう考えると、未来の幸せを考えるあまり、今の幸せをないがしろにしてしまいがち。でも、悲しいかな、仕事にどれだけ時間を費やしても、未来の幸せは保証されません。そして、疲れ果てるまで投じた時間は、永遠に戻ってきません。

自分なりのワークライフバランスを見つけるには、試行錯誤が必要です。でも他人のミスから学ぶこともできるはず。休みを取る。自分の健康と人間関係をないがしろにしない。ビジネスの成功と自尊心をわけて考えるなど。

20年後に自分の人生を振り返ったとき、何を覚えていたいですか?


How to find work/life balance as an entrepreneur | Crew Blog

Belle Beth Cooper(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.