• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  08:30 AM

起床後1時間の過ごし方でその日の調子が決まる!朝の時間を有意義にするための5つの方法

起床後1時間の過ごし方でその日の調子が決まる!朝の時間を有意義にするための5つの方法

150507_refresh_morning.jpg


MakeUseOf:一日の最初の1時間次第で、残りの23時間がどうなるかが決まります。もちろん、起きることや状況の多くは自分ではコントロールできないことが多いですが、ものの見方や態度については、最初に目を覚ました時にとった行動から影響を受けるものです。皆さんは普段、何をしていますか?


皆さんが自己を高めていきたいのであれば、やるべきことがあります。朝をコントロールすることによって1日をコントロールするのです。決まり事を作って、精神的にも肉体的にもリフレッシュさせてくれるような、適切なルーチンを始めてください。最初はしんどいかもしれませんが、決して後悔することはないでしょう。それはお約束します。今回は、朝の過ごし方を変えて、より幸せになるための5つの方法をご紹介します。


1.決まった時間に起きる


1日を正しく始めるための大切な方法の一つは、時間通りに余裕を持って目を覚ますことです。遅れて目を覚ますと、急がなくてはいけなくなります。急ぐことは、不安と無謀さに繋がります。コントロールを失い、汗をかいてストレスを感じることになるのです。

時間通りに目を覚ますために必要な、2つの要素があります。皆さんはその両方に対処する必要があります。

まず、効果的な目覚ましを使用すること。耳を揺るがすようなベルのついた目覚まし時計を使用するにせよ、進化したモバイルアラームアプリの一つを使用するにせよ、自分に合う目覚ましを見つける必要があります。従来のアラームアプリがその役割を果たさないのであれば、別のアプリをチェックしてみるのもいいかもしれません。

そして、十分な睡眠を取ること。目覚ましを必要としないのが理想です。身体と脳が十分な休息を得たら、自然に目は覚めます。しかし、それはなかなか味わうことのできない贅沢です。だから工夫するしかありません。つまり、意図的に適切な時間にベッドに入るということです。

うまく寝付けない方は、パソコンの使い方を変える必要があるかもしれません。悪い姿勢が、筋肉を緊張させることがあります。 ネットやテレビゲーム、カフェインは、身体が疲れていても心をアクティブな状態に保ってしまうのです。

しかし最も重要なのは、電子デバイスやモニターからの画面の輝きが、皆さんの脳に昼間であるかのように錯覚させることがあるということです。だからこそ、夜にはライトを暖色に変更してくれる、「F.lux」のようなプログラムや「Twilight」のようなアプリを使用する必要があるのです。


2.ストレッチをして健康を維持する


心の幸せを保つためには、身体の幸せも維持する必要があります。心と身体は繋がっているのです。1日中コンピュータの前に座っていては、姿勢は悪くなるし目は痛めるし、柔軟性は削られるしでたいてい惨めな気分になるのです。

考え方を変えると、ほんの少しの運動でも、例えばそれがほんの少しのストレッチと爽快な散歩であったとしても、心をクリアにするという点では驚くべき効果があるものなのです。その習慣を朝に作ってしまえば、皆さんは残りの時間ずっと、そのメリットを享受することができます。また、立ち机に切り替え、1日の中で事務机でのエクササイズも数回することもお勧めします。


3.ポジティブな考え方をする


私は「ポジティブに考えれば繁栄する」という思想団体に加入している訳ではありませんが、心の状態が誰と付き合うかによって大きく左右されるということは確かだと思っています。もし、あなたがXさんの近くにいつもいれば、どんどんXさんのようになっていくものです。

つまり、もしポジティブな環境にどっぷり漬かっていれば、あなたの考え方も徐々にポジティブになっていくのです。そうは言っても人生の浮き沈みはあるでしょうが、認識や姿勢は変わっていきます。最終的に本当に必要なことって、そういうことではないでしょうか?


4.瞑想してリラックスして、楽しい気分でいる


あなたは、目が覚めるとすぐに携帯電話をチェックするタイプの人ですか? それとも、ベッドから転がり起きると反射的にコンピュータの前に座っていますか? 目を覚ましたからといって、1日をすぐに開始しなくてはいけないということはないのです。

少し時間をとって、数分だけでもゆっくり座って朝の時間を楽しんでみませんか? 日の出を見てコーヒーを飲み、瞑想したり祈ったり、夜明けの沈黙に耳を傾けるだけでも構いません。大事なのは、自分自身を落ち着けることです。

「Stop,Breathe & Think」のようなアプリを使うと、すぐに瞑想の練習を開始することができます。それはこれから始まる1日の調子を整えてくれるだけでなく、自己認識や集中力の構築にも役立ちます。

どれだけの時間が必要なのか、それは皆さんのスケジュール次第ですが、できるだけ長くとってください。2分間の短いリラックスタイムでも良いし、1時間でも良いのです。正しい長さとは、皆さんのスケジュールに収まり、1日のために適切な準備ができる長さなのです。

また、紅茶やコーヒーを忘れないでください。どちらも飲まれないなら、それはそれで大丈夫ですが、紅茶やコーヒーが心をクリアするための手助けになると思うのであれば、是非飲んで下さい。


5.追いつくためにスケジュール管理をする


ここまで来れば起きてだいぶ時間が経ち、メールやTwitter、Facebookなどをチェックしたくてたまらないのではないでしょうか。もしそうであれば、良いニュースがあります。今こそ、眠っていた間に起こったことすべてに追いつく時です!

しかし、一つ注意点があります。制限時間を設定する必要があります。

誰でも経験があるでしょう。明るく早い時間に目を覚まし、1日をうまく快適に過ごす準備ができたと思っていたのに、その後パソコンの前に座って「何か新しいこと」が起きてないかをチェックしていると、知らないうちに数時間が過ぎ去っていることが。時間はすぐに過ぎてしまいます。だからこそ、制限時間を設定しなければならないのです。最大でも30分間に設定することをお勧めします。


習慣を確立するためには、訓練が必要


誰も簡単なことだとは言っていません。新しい朝のルーチンを構築することは、新しい習慣を構築することと同じくらい、もしくはそれ以上に難しいことです。とりあえず1ヶ月間はその習慣を守ってみてください。そうすれば、顕著な変化が見られるはずです。一旦朝の習慣を定着させられたら、それはもうこの先ずっとルーチンと化すことができるでしょう。


5 Ways to Refresh Your Morning Routine and Be Happier|MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.