• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

「本物の幸福感」は自分で作り出せる:研究結果

「本物の幸福感」は自分で作り出せる:研究結果

150504happiness.jpg


本当の幸福とは何でしょう? 頭の中で「幸福感」をつくったとして、それは真の幸福なのでしょうか?

社会心理学者のダン・ギルバート氏によると、幸福には2つの種類があるそうです。1つは望むものを手に入れた時に味わう幸福感、そしてもう1つは、望むものを手に入れられなかった時に、私たちが頭の中で作り出す人為的な幸福感です。

ここで1つ、クイズを出しましょう。この2種類のうち、どちらが幸福度は上だと思いますか?

答えはこの記事の最後に。


負け惜しみか、心から幸福なのか?


良くない出来事や、ガッカリするような挫折を味わった人が、ほかの人や自分自身に対して、こう言い聞かせているのを耳にしたことがあるでしょう。「望んでいたものは手に入らなかったけれど、かえってこれで良かった。この体験はかけがえのないものだ」と。

こうした人々は一見、自分が不幸な出来事に遭ったと認めたがらない、過度に前向きな人のようにも思えますが、それは違います。こうした、いわば「人為的な幸福」は、本当に人を幸せな気分にすることがわかったのです。要するに、幸福感そのものは本物ということです。

TEDトークのスピーチで、社会心理学者のダン・ギルバート氏は、求めていたものを得られなかった、あるいは本当に悲惨な体験を味わったあとに、自力で幸福感を作り出した人たちについて語りました。こうした体験の中には、無実の罪で有罪判決を受け、何十年にもわたる懲役刑を受けたケースもありました。

無実の罪で懲役刑を受けた人物は、この出来事について、「輝かしい体験だ」とまで述べています。これは本心でしょうか? 自分が犯していない罪に関して長い間服役を余儀なくされた人間が抱く感情としては、ふさわしいと言えないのではないかと思ってしまいますね。

当然ながら、こうした話を聞くと、「この人は自分をだましているんだ、本当に幸せなわけがない」と思いがちです。でも、そう考える我々のほうが間違っているのかもしれないのです。


無意識的に刻まれる幸福感


ギルバート氏はある実験を行いました。この実験では、新しい物事を覚えられない、前向性健忘の症状がある患者を対象に、モネの絵の複写6種類を見てもらい、まずは一番気に入らなかったものから一番好きなものまで、1から6の順に並べるよう依頼しました。次に、ギルバート氏は被験者に対し、3番目か4番目に好きな絵をプレゼントすると伝えます。被験者の多くは、3番目に好きな絵を選びました。ここまでのステップを終えると、研究チームはいったん被験者のいる部屋を去り、再び戻ってきます(この実験の被験者は、健忘の症状があるため、研究チームや、その前に行われた実験についての記憶は残っていません)。患者たちは再び、6枚の絵について一番嫌いなものから一番好きなものの順に並べるよう求められます。

その結果は、実に興味深いものでした。

最初の実験で「3番目に好きだ」と答えていた絵は、2番目にまでランクアップし、4番目に好きだったけれど受け取らなかった絵の順位は5番目にダウンしたというのです。この結果からわかるのは、これらの絵に関する意識上の記憶がないにもかかわらず、自分が手に入れた絵に対する満足度はさらに上がり、断わったほうの絵への好感度は下がるということです。

ギルバート氏はこの実験から、人は無意識的に人為的幸福感を作り上げているとの結論に達しました。さらに同氏は、この人為的に幸福感を作り上げる無意識の能力は、自分ではどうしようもない状況において、より頻繁に発揮されることも発見しました。

要するに、私たち人間は、自分の手に負えない状況の結果として起きた事柄について、「これで良かったんだ」と自分を納得させるのが非常にうまいということです。

では、この結論はみなさんにとってどのような意味を持つのでしょうか?


人為的幸福に注目すべき3つの理由:


1. 人為的幸福は、決してニセの感情ではありません。望むものが手に入らなくて頭にきた結果、幸せだと自分を偽っている、という話ではないのです。人為的幸福は、私たちの誰もが脳の中に備えている自然のメカニズムであり、理想的とは言えない状況を別の角度から見直し、ゆくゆくはこの体験がもっと幸せになるのに役立つとして、今の状況を受け入れるよう促してくれます。

2. 人為的に幸福感を作り出す能力は、非常に重要なスキルです。人は常に自分が望むものすべてを手に入れられるわけではないのですから。私たちは誰もが間違いなく、人生のどこかで失望に直面します。ですからせめて、頭の中だけでも幸せを作り出して、良い面を見る術を身につける必要があるのです。

ここで、ある事例を挙げておきましょう。うつ病と診断された人たちは、人生の大部分の場面で、自力で幸福感を作り出す能力を失っています。そのために、人生のより良い面を見るのが難しくなっているのです。

3. どのような状況であれ、自然発生的な幸福感については、私たちの事前予測は当てにならず、かなり過大に、あるいは過小に見積もってしまうことがよくあります。実際には、本当にその幸福感を味わってみなければ、自分がどのくらい幸せだと思うのか、どのくらいその思いが続くのかはわかりません。ですから、人為的に幸福感を作り出だす能力は、未来の出来事の不確実性に対処するのに役立ちます。


結論:


私たちが感じる幸福感は、人為的なものと、自然発生するものの両方から成り立っています。どちらがより良いというわけではなく、バランスの取れた生活を送るためには、両方が必要です。自然発生する幸福感によって、本当に楽しい体験が満喫できますし、人為的な幸福感は、結果が理想に届かなかった時にも、自分が手にしたものを受け入れ、正しく評価するのに役立ちます。人為的に幸福を作り出す能力を駆使してみた結果、最初に思っていたほど状況は悪くない、と気づく場合もあるはずです。



3 Reasons To Pay Attention to Synthetic Happiness|Pick The Brain

Su Mason Chen(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.