• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,,  07:00 PM

大容量ファイルの共有に便利なアプリ4選

大容量ファイルの共有に便利なアプリ4選

150429sharing_large_files.jpg


MakeUseOf:何時間もかけて書類をまとめたり、動画を編集したり、画像を加工修正したりしたのに、いざメールに添付して送ろうと思ったらファイルが大きすぎてダメだった...。そんな経験が、皆さんにもありますよね?

もちろん、近くにいる人となら、ファイルをUSBメモリに保存して簡単に共有できますが、地球の裏側にいる友だちや同僚に大容量ファイルを転送しなければならない場合はどうすればいいのでしょうか?

5、6年ほど前からは、ウェブベースのファイル転送サービスが普及し始めたものの、時間がかかったり、面倒だったりしますし、うまくいかないこともたびたびでした。でも、ありがたいことに、スマートフォンの登場によって、ファイル転送がスムーズにできるようになっています。今では多くのアプリが出回っており、Android端末から大きなファイルを直接転送することも可能です。


では、ファイルを転送できる優れもののアプリを紹介しましょう。


Sunshine』(旧称:ShareOn)


ファイルの平均サイズはどんどん大きくなる一方です。画像の解像度や音声ファイルの質も向上していますし、テレビシリーズや映画を丸ごとハードディスクに保存する人も増えています。ということは、クラウドを介してファイルをアップロード、共有、ダウンロードする方法は、今や時代遅れになりつつあるのです。



『Sunshine』は、クラウドを介する方法をとりません。つまり、共有するためにファイルをサーバーにアップロードする必要がないのです。ファイルを共有しようとしている2人が互いに、自分のデバイスにSunshineをインストールしさえすれば、ほぼ瞬時に、共有したいコンテンツのダウンロードもしくはストリーミングが可能です。10GBのファイルを転送するのに10秒とかかりません。

何よりも肝心なことですが、このアプリはAndroid以外にも対応しており、iOS版、Windows版、OS X版があります。これで、複数のデバイスや異なるOS間でもファイルのやり取りが可能なのはもちろんのこと(1つのデバイスにすべてのデータを保存している人などいませんよね)、Android上のアプリから、さまざまなハードディスクにあるファイルを閲覧することもできるわけです。

もう、会議へと向かう途中に、プレゼンテーションに欠かせないファイルを会社のコンピューターに忘れてきてしまった、と慌てずに済みますね。

唯一考えられる欠点は、いったんやり取りを終えたファイルは、7日後にアプリから自動削除されてしまう点ですが、大半のユーザーには影響しないのではないでしょうか。なお、転送するファイルのサイズに上限は設けられていません。


Send Anywhere


Sunshineと同様、『Send Anywhere』もまた、クラウドベースの共有モデルを脱しています。2つのアプリの大きな違いは、Sunshineがアカウントを作成しなければ使えないのに対して、Send Anywhereなら、情報を暗号化するSSLと6桁のワンタイムキーだけを使って、ファイルをやり取りする2つのデバイスを連係できる所です。



この方法には長所と短所があります。ファイル送信は速くなりますし、匿名性も高いのですが、1度にデータをやり取りできるデバイスは常に2つに限られ、他のデバイスとファイルをやり取りしたい時は、接続中のデバイスとの連係をいったん解除しなければなりません。

Sunshineと同様に、Send Anywhereも、各種プラットフォームに対応しています。けれども、Send Anywhereに登録した全デバイスにリモートアクセスしたければ、アカウントを作成してログインする必要があります。

それ以外の便利な機能としては、QRコードを使ってデバイスを連係させたり、Bluetoothを使ってファイルを共有したりできる点が挙げられます。2つのデバイスが近くにあれば、ネットワークを一切介さずに済むわけです。共有したファイルはたった10分しか見られないよう初期設定されていますが、変更も可能です。


WeTransfer


大きなファイルを共有できるアプリといえば、WeTransferを忘れるわけにはいきません。2009年のリリース以来、WeTransferはクラウドベースのファイル共有分野における最大手の1つです。



先ほどお話ししたように、クラウドベースのファイル共有システムはいずれ廃れるかもしれません。ただ、現時点では重要な役割を担っています。WeTransferは、1対1のファイル共有サービスに比べると、スピードでは劣るかもしれませんが、すでに紹介した2つのファイル共有アプリをはるかに凌ぐ大きな長所を持っています。

それは、ファイルの送信者と受信者双方がアプリをインストールする必要がない点です。それどころか、共有したい人のメールアドレスさえ知っていれば、相手を選ばずファイルを共有できます。ソーシャルメディアでの共有にたやすく適用できそうなものですが、そういった機能はまだ登場していません。

1対1でファイルを共有するサービスと違い、WeTransferを支えている技術の性質上、共有できるファイルの最大サイズに制限があるのは仕方のないことです。WeTransferの場合、最大サイズは10GBです(会員登録しない場合は最大2GB、有料版のPlusなら最大10GBです)。

Wi-Fiではなく3Gでこのアプリを使う場合は、アップロードのスピードが大幅に遅くなる上、データプランの上限をあっという間に超えてしまうので、注意してください。とはいえ、アップロードを一時停止し、あとで再開することも可能です。


Android Beam


Android Beamは、ファイル転送における第3の方法で、「近距離無線通信(NFC)」技術を用いています。



NFCは、製造業ではここ数年で幅広く導入されるようになってきたものの、モバイル機器では活用が最も遅れているテクノロジーの1つだと言えるでしょう。けれども実は、Android4.0以降のAndoroidには、すべてAndroid Beamが搭載されており、YouTube動画やリンク、写真やファイルなど、どんなものでも共有できます。

大半のAndroid搭載スマートフォンでは、設定メニューからNFCを有効にできます。Android Lollipopを使っているなら、共有メニューにもあります。NFCをいったん有効にしたら、あとは共有したいファイルを選んで、自分の電話のNFCチップを相手の電話のNFCチップに近づけるだけです。

このやり方は、AndroidとiPhone間でのファイル転送には使えません。今のところ、Apple社のNFC技術はApple Payでしか使えないのですが、間もなく機能が拡大されるだろうと言われています。


4 Best Apps for Sharing Large Files Instantly|MakeUseOf

Dan Price(原文/訳:遠藤康子、吉武稔夫/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.