• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

世界で影響を与え始めた、Appleと中国の深い関係

世界で影響を与え始めた、Appleと中国の深い関係

150428chinagold.jpg


MakeUseOf:先月のティム・クックの基調講演を見ていれば、中国が何度も出てきたことに気がついたかもしれません。そのプレゼンテーションの冒頭も、杭州からの動画で始まっていました。

コメンテーターの多くは、Appleの対象が米国から中国に移りつつあると述べています。しかし、本当なのでしょうか? もしそうだとしたら、それは何を意味しているのでしょうか?


移行の兆候


Appleが中国にねらいを定めようとしていると思えるのは、ティム・クックのプレゼンテーションだけではありません。他にもその兆候はあります。たとえば、金色のiPhoneと新しい金色のMacBookの導入です。中国は長い間、金の主要な消費国の1つであり、調査会社「Statista」によれば、昨年の消費者需要は814メートルトンと、1位のインドとは僅差の2位でした。米国は、180メートルトンで3位でした。これは、中国の需要の4分の1以下です。

私たちは、Apple Watchでも類似の思考プロセスを見ることになります。皆さんの知人に、18金のスマートウォッチに100万円を投じそうな人がいるでしょうか? おそらくいないでしょう。しかし、Appleがよりハイエンドの腕時計の成功に賭けようとしているという可能性はあります。米誌『Time』によれば、「中国におけるApple Watchの最大の強みは単純です。Appleがこのデバイスを贅沢品として宣伝しても、笑う中国の消費者はほとんどいない」のです。

中国市場には、大変高価なApple製品をも受け入れる体制があるのです。人々は価格や機能よりも、彼らの持つ贅沢品のブランドに関心があるため、Appleにはその名声のおかげで大きな強みがあるのだ、と。

iPhone 6とiPhone 6 plusで大きくなったスクリーンは、中国からの需要に応えて開発された可能性があるとの示唆もあります。iPhone 6 plusとその大きいスクリーンにおいては特にそうです。そして、中国の需要を充たすとなれば一大取引となります。Time誌はまた、うわさではすべてのiPhone販売量の36%が中国によるものだと言われているとも伝えています。

さらに、今年はあまりニュースに現れてきていませんが、昨年の終わりには、Appleと、世界最大の小売業者の1つ、中国のアリババの間の将来的なモバイル・ペイメント提携の可能性についての会談が報道されました。いまだ実現されていないとは言え、2社は非常に親密な関係にあると伝えられています。


Appleのお得意様:中国


中国はAppleの収益源のますます重要な部分になっています。2011年前半には、その他のアジア太平洋地域とほぼ同じぐらいの稼ぎにしか過ぎませんでした。しかし、2013年中頃になると、ヨーロッパに匹敵するほどになり始めました。

2011~2014年の間に、Appleは中国で、126億から298億ドルへと、収益を234%増やしました。また、次のOmmalikからのチャートを見れば、Appleがそこに焦点を当て続けるもっともな理由がわかるでしょう。中国の成長は目覚ましく、世界中の他の国に勝ってきたのです。


150428apple.jpg


1820億ドル超の最高額に達するAppleの2014会計年度の収益においては、中国からの300億ドルは、大したことはないと思われるかもしれません。しかし、それでも300億ドルです。それに、この数字がすぐに下がることもないことは明白と思われます。はっきり言って、おそらく上がり続けていくことでしょう。

いったんこれらの数字を目にしたなら、Appleがなぜ対象を中国へ移しているのかは明らかでしょう。


何を意味するのか


こうして、Appleがその対象を、米国やヨーロッパから中国や他のアジア市場の方へ移していることは、かなり明白に見えます。このことは、世界中の消費者にとって、何を意味するのでしょうか?

まず第一に、私たちは、中国のトレンドが世界中のApple製品を動かし始める様子を目にすることになりそうです。金色のiPhoneや金色のMacBookを考えてください。私が住んでいる英国では、人々は一般的に控えめな嗜好の持ち主ですから、金色のiPhoneを目にすることは比較的希です。それでも、金色のiPhoneは売られ続けているのです。中国人の関心と流行は、すでに国際的にApple製品に影響を与えているのです。

興味深いことに、他のメーカーもまた中国にさらに力を注ぎ始め、私たちはそれを目の当たりにすることになるのかもしれません。Appleが中国の市場を支配すれば、この国の12億人とも言われているモバイルユーザーに一番アプローチしやすい立場ということになり、それはかなり大きいことになるでしょう。中国には地球上最大数のモバイルユーザーがいて、2位は9億7,100万のインドです(米国は3億2,800万で第3位)。巨大な市場であり、ここに注力しない企業はますますAppleに遅れをとっているのに気づくことになるでしょう。

サムスンは、このことをすでに感じ取っており、中国でより安価な携帯電話(およびiPhoneの安価なコピー商品)がいっそう当たり前になり、ハイエンド・デバイスへのAppleの出資が拡大するにつれて、サムスンは中心からしぼり出され始めています。中国のモバイルユーザーの嗜好を満たす道を見つけられなければ、苦境に陥る可能性があります。また、さまざまな国向けに異なる種類の電話を開発するのはあまりに高くつくため、世界中のサムスンの携帯電話も、同様に中国人の嗜好を反映し始めることになるのではないでしょうか。


今後の展望


当然のことながら、中国市場がどうなって行くかということについては何とも言えません。好調で、ひたすら成長し続けるように見えるとは言え、状況は変わるかもしれませんし、嗜好は進化するかもしれず、そうなればAppleも戦略を変える決定をするかもしれません。しかし、事態が現状のまま続くなら、世界が中国とその購買力によって動かされてゆくのを目にする可能性は非常に高いでしょう。


Is Apple Betting Big on The Chinese Market?|MakeUseOf

Dann Albright(訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.