• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

高橋ミレイ高橋ミレイ  - ,,,,,,  11:00 AM

プログラミングは画用紙とクレヨンと同じ:『Hello Ruby』の著者が語る成長の物語 #SlushAsia

プログラミングは画用紙とクレヨンと同じ:『Hello Ruby』の著者が語る成長の物語 #SlushAsia

150427slush_asia_linda001.jpg


2015年4月24日、東京お台場で開催されたSLUSH ASIA。レポート第3弾では、子ども向けにプログラミングの仕組みを解説した楽しい絵本『Hello Ruby』の著者であり、女性がプログラミングを学ぶのを手助けするコミュニティ「Rails Girls」の創設者でもある、Linda Liukas氏のキーノートスピーチをお届けします。


『Hello Ruby』の著者のリンダです。「Rails Girls」も、今では東京をふくむ世界202カ所の都市で展開されるようになりました。

日本のテクノロジーと私の関係は、昔からゲームに親しんでいたことです。ニンテンドーDS、ポケモン、たまごっちも持っていましたし、最近は絵文字も使っています。それで思ったのが、日本は本当にすごい! 感情を表現するためにテクノロジーを使うのが本当に上手なんですよ。


Hello Ruby (by Linda Liukas)


さて、小さい女の子たちにプログラミングを教えようと思ったきっかけですが、私はニューヨークにあるCodecademyという、今急成長をしているプログラミング教育のスタートアップにいたんです。

でも、なんだかこれは自分のしたいことじゃない、もっと世界を変えられるような、意味のあることをしたいと思ったんです。それで、絵本を描いて子どもたちに何か伝えられればと思いました。

でも問題がいろいろありました。まず私は絵を書くのがあんまり上手じゃないし、まして絵本なんて書いたことがない。だから、とりあえず、ただの丸でも何千回も描けばうまくなるだろうと思って、とにかく描きました。

それをインスタグラムでシェアして、フィードバックをもらいながら、自分が本当に何をしたいのかを考えていました。そこで私はキックスターターでプログラミングについてのお話の絵本を作るために、9000人近くのサポーターから約4万ドルを集めました。

そうしているなかで、私は人として成長しなければいけないと思い始めました。このスピーチはその成長についての話です。3つ大事なことがあります。ルール、遊び心、そして好奇心です。


ルール


私は最初、テクノロジーなんて興味がありませんでした。他にたくさん楽しいことがあるし、つまんない、私に関係ないって感じで。でも本当は、そんなことないんです。それは大人が教え方を間違えているんです。

たとえばアルゴリズムをお料理のレシピみたいに教えたら? 数列をお片づけみたいに教えたら? 分解は電車の乗り換えと同じような感じですよね。編み物にだって似ています。何か見本や図面を見てルールを学んで、きれいな形を作り上げるのはプログラミングだって同じですから。


遊び心


次にお話したいのが遊び心。ちょっと私の書いた絵本の『Hello Ruby』の話をさせてください。絵本の主人公、ルビーはお母さんに朝、「早く服を着なさい」と怒られたので服を着ましたが、パジャマの上から着ました。「パジャマを脱いでから服を着なさい」と言われていないからです。

それから、ルビーはお母さんに「床に落ちてるおもちゃを片付けなさい」と言われたので、紙とペンだけを残しておもちゃだけを片付けました。紙とペンはおもちゃじゃないからです。

でもコンピューターって本当にそうで、言われたことしかやらないんですよね。


好奇心


カップケーキを作るのに、何でスポンジを作って、トッピングは何にするか? それってプログラミングで言うと、パターン認識能力のことです。

子どもはコンピューターをつまらないものと思っていますが、子どもにコンピューターをデザインさせたらどうでしょうか? ボタンやパーツを好きなようにデザインできたら楽しいですよね?

そこで子どもたちと「どんなコンピューターが欲しいか?」と話をしました。その時、イルカの調教師になりたいという女の子がいたんですけれども、その子は、イルカを調教するためのアプリを作りたいと言いました。

また、他の男の子は、宇宙飛行士になりたいのが夢。お父さんが宇宙飛行士だから影響を受けたそうです。彼が作りたいと言ったものは、惑星ナビ。お父さんを安全に帰還させるためだそうです。

今までのコンピューターはただの計算機みたいなものだったけど、これからの時代のプログラミングは、画用紙とクレヨンと同じ自己表現のひとつです。誰でも、子どものころに影響を受けた経験やエピソードがあると思います。今お話したのは、私自身のエピソードです。


Slush Asia | April 24th, 2015 in Tokyo, Japan

(文/高橋ミレイ、通訳/ダイクストラ春香)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.