• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  09:00 AM

起業家が結婚生活を長続きさせるための、3つの秘訣

起業家が結婚生活を長続きさせるための、3つの秘訣

150427_make_a_marriage.jpg

起業家にとって、仕事の内容を説明するのはストレスです。あまり知られていることではありませんが、職種によってはこのストレスが結婚に悪影響を及ぼすとも言われています。

カウンセラーのJohn Bradshawさんは、起業家の恋愛に揉め事が多いということは理解できると言います。しかし、理解できないのは、どうしてそんなに多くのカップルが離婚してしまうのかということです。


Bradshawさんが新著『Post-Romantic Stress Disorder(恋愛時期を過ぎた後のストレス障害)』を書いた理由は正にそれです。この本のタイトルでもわかるように、結婚してからある一定の時期を過ぎた後の感情の変化によって、結婚生活が破綻することがあるのです。Bradshawさんはこのように言っています。


起業家やいわゆるアルファタイプ(発言力の強いリーダータイプ)の人たちは、恋愛に強烈な刺激を求めます。そして、それを失うと冷めてしまうのです。


しかし、Bradshawさん曰く、それは避けることができると言います。今回は、起業家が結婚生活を長続きさせるための3つの秘訣をご紹介しましょう。


1. 長期的な視点で話をする


Bradshawさんによれば、ハネムーンのラブラブの時期というのが生物学的な現象に過ぎないということは、多くの調査によって立証されているということです。


恋愛中の脳というのは、遺伝子的に脳に組み込まれている、恋愛プログラムがベースになっています。それは衝動的であり本能的なものなのです。本能が、出会いや恋愛をして、子孫を繁栄させたがっているのです。


また、恋愛に夢中になる期間にもある一定の期日があることが、研究で証明されています。Bradshaw曰く「18ヶ月しかもたない」そうです。

しかし、それも納得できる理由があります。この時点で、それぞれが残りの人生を共に過ごすパートナーとして適切かどうかの評価をし始め、そのために頭をクリアにしなければならないからです。「恋愛時期を過ぎて、脳が標準のドーパミンを放出するようになると、まったく新しいことに目覚めます」とBradshawさんは言っています。

例えば、パートナーが週末はほとんどいつも働いているというような、昔は少し嫌だなと思う程度に過ぎなかった習慣が、この時期になると取るに足らないものとは思えなくなってきたりします。だから、生涯を共に過ごすことを誓う前に、互いの大きな考え方の違いなどについては対処しておいた方がいい、というのがBradshawさんのアドバイスです。

コンテンツ戦略会社「VaynerMedia」の共同創業者であるGary Vaynerchukさんは、奥さんのLizzieさんとはこの時期を乗り越えることができたと言っています。結婚前にVaynerchukさんはLizzieさんに、自分はワーカホリック気味の人間だから、父親業は二の次になることが多くなるだろうと念を押していたのです。「それは大丈夫だね?」と結婚前にしっかりと確認していたので、Lizzieさんは結婚後も大丈夫でした。


2. 権限を決める


パートナーには、あなたの仕事については口出しをしないようにしてもらっているでしょうから、それ以外の領域についてはできるだけ相手にコントロールしてもらうようにしましょう。つまり、パートナーにどの部分を担当するか選んでもらうのです。


あなたの人生や夢の中で、パートナーが関われる部分はどこですか? パートナーと一緒に仕事ができますか? 結婚生活を続けている起業家には、パートナーと一緒に仕事をしている(もしくは何らかのかたちで関わらせている)人が多いです。


一方で、あなたの仕事を尊敬しているけれど、自分は一切関わりたくないというパートナーもいます。そういう場合は、仕事以外のどの部分を担当したいかを話し合いましょう。


3. 創造力を活かす


Bradshawさんは、ほとんどの起業家は自身のクリエイティビティによって成功していると言います。それは家庭生活をにも応用できるのです。Bradshawさんはこのように言っています。


パートナーと会いたいと思ったら、パートナーのいるところに行かなければならないし、子どもと会いたいと思ったら、子どものいるところに行かなければなりません。そうしながら、素晴らしい会社も経営するのが、クリエイティビティを活かした素晴らしい仕事ぶりだと言えます。


つまり、家族のための時間をもっとつくるために、マルチタスクしたりスケジュールを調整したりしましょうということです。

「GrubHub」のCEOであるMatt Maloneyさんは、絶え間なく増え続ける仕事のスケジュールについて説明してくれました。Maloneyさんの奥さんと娘さんは時々会社に来るので、より多くの時間を家族と過ごすことができます。娘が病気の時は、Maloneyさんは会社に出社しません。

家族のための時間をつくっても、思っているほど仕事は犠牲にならないとMaloneyさんは言います。例えば、娘の面倒を見るために家にいる時は、普段以上に生産的になることに気付いたのだそうです。なぜなら会社に上司もいないし、守らなければならない就業時間の規則も必要ないからです。

Bradshawさんは、パートナーと過ごす充実した時間は意識的につくらなければならないと言います。定期的に時間をつくるようにしてください。必要であれば、カレンダーに予定として書き込んでしまってもいいでしょう。


How to Make a Marriage Last Through Entrepreneurship|Inc.

Laura Montini(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.