• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  10:00 PM

腹筋を割ると人生が変わるシンプルな理由

腹筋を割ると人生が変わるシンプルな理由

150426abs.jpg


フィットネスを始めると、腹筋を割ることが最終的な目標のようになります。しかし、そう簡単に腹筋は割れません。それに、腹筋を割ったところで人生が変わるのでしょうか? 今回は、腹筋を割ったらどのように人生が変わるのかを見ていきましょう。

まず、どうすれば腹筋が割れるのかを簡単に説明します。一般的には、腹部下部の筋肉が見えるくらい、お腹の中心部分を引き締めなければなりません。どの程度かは人によりますが、体脂肪率が男性の場合は10%、女性の場合は20%を切れば十分だと言われています。

そのためには「食べる量を減らして、もっと運動をするだけだ」と言います。口で言うのは簡単ですが、実現するのはもちろんとても大変です。どのような体型かにもよりますが、先ほどの体脂肪率は腹筋を割るための基準としてはかなり低い可能性があります。基準の設定があまりにも低すぎると、実現するのはローラースケートで滑りやすい坂道を登るくらい難しくなります。身体的な生理に必死で抗わなければなりません。

どんなに困難だとしても、それでも腹筋を割ることはできます。腹筋を割ることを追求したあらゆる執念を見てきましたが、信じ切ることで本当に人生も変わります。どんなに難しいかはさておき、これは間違いなく私が初めて達成したことだと思います。


腹筋が割れているだけで特別扱いされるわけじゃない


150413_SixPack_02.jpg


腹筋が割れている人は特別扱いされると思われています。だからこそ多くの人が(特に男性は)、人に憧れられる体型を目指して、フィットネス道を邁進し始めます。

腹筋が割れていると、確かに一目を置かれるかもしれませんが、実は思っているほどではありません。洋服を着ていたら、その下に割れた腹筋が隠れていることなんて見えません。筋肉隆々のマッチョにならなければ、多少体脂肪率が低いくらいではわからないのです。

初めて腹筋が割れた時、みんなの見る目が変わるだろうと思っていましたが、実際にはそんなことはありませんでした。女性が群がってくることも、男性に羨望の眼差しで見られることもなく、ただ割れた腹筋を維持するために神経質な食生活をしていることで、ちょっとした注目を浴びただけでした。

好意的に見れば、体を鍛えることで得られるメリットはありますが、「体を鍛えること」と「腹筋を割るほど鍛えること」の違いはほんの少しです。誰にも気付かれないということは、誰にも関心を持たれないということなのです。


自分の能力に気付く


150413_SixPack_03.jpg


腹筋を割るというのは、フィットネスにおける最も一般的な体型の目標のひとつです。目標を達成すると、驚くべきことが起こります。自分の人生のあらゆることができるようになると気付くのです。フィットネスの目標を達成した多くの人に会ってきましたが、その人たちは、金融や仕事など他の道でも達人的な人でした。

通常、体を鍛え上げるまでの過程で何度も自信喪失します。遺伝的に腹筋は割れないのでは、精神力が足りないのでは、自尊心に関するあらゆる面が足りないのでは、などと思い始めます。

しかし、最終的に目標を達成すると、人生のあらゆる面において、強い精神力が身に付いていることに気付きます。頭の中で自信を喪失していただけで、自分が変われたのは完全に自分でコントロールしたからだということに気付きます。またフィットネスは、他のすべてのことと同じように、間違いなくひとつのスキルです。腹筋が割れていることで、異性に魅力的に見られることがあるとしたら、新しいことを成し遂げたことからくる自信によってでもあるでしょう。


一番大きなメリット


150413_SixPack_04.jpg


実は、腹筋を割ることによる一番大きなメリットというのは別にあります。長い間腹筋を割ることを目標にしてきた人にとっては、特にそうです。栄養士でありコーチのMartin Berkhanさんが、「Leangains」でこのように説明していました、


腹筋を割る隠れたメリットは「たくさんの時間が確保できること」です。

例えばダイエットをしている場合、かなりの時間ダイエットのことを考えます。食べるものを完璧にコントロールするために、驚くほどの精神力を使います。目標を達成すると、ダイエットや体重などそのことに関する、あらゆる心配や疑い、強迫観念的なものが消えます。イライラもしなくなります。何も気にする必要がなくなります。

しかし、空いた時間を他のもので埋めなければなりません。すると、突然新しい趣味や興味のあることが見つかります。私の場合はそうでした。空いた時間は、さらなるトレーニングではなく、本を読んだり、家族や友だちと過ごしたり、何でもいいので好きなことをしましょう。究極の目標だったことを達成すると、満たされた気持ちになることを学びます。新しい目標を設定し、少しずつゆっくりとまた前に進みましょう。


これは必ずしもすべての人に当てはまるわけではありませんが、多くの人は、達成できないと思っていたレベルに到達すると完全に満足します。腹筋を割ることが人生の目標だった場合、腹筋を割った状態をキープすることで、他のことに残りの人生のエネルギーを使うことができます。フィットネスの優先順位が下がり、他のやりたいことの優先順位が上がります。皮肉なことに、フィットネスを人生の一部に組み込むことが最高の方法だということです。


Dick Talens(原文/訳:的野裕子)
Images by The U.S. Army, Chris & Karen Highland and Jia Raza.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.