• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 PM

欧米を超える意外な「モバイル・バンキング先進国」

欧米を超える意外な「モバイル・バンキング先進国」

150425mugendai.jpg


先進国でなかなか進まないケースもあるモバイルバンキング。スマートフォンを使った送金や各種銀行手続きができるサービスのことですが、ウェブメディア「Mugendai(無限大)」によると、意外にも、インドで爆発的に普及しているそうです。


インフラが整っていなかったことが普及のキッカケ


具体的なモバイルバンキング普及率は、先進国と比べても圧倒的です。


2012年の世界的な調査報告によると、インドでは76%の人が過去6ヶ月の間にモバイル・バンキングを利用している、と回答しています。同調査では、全体平均が35%、アメリカが38%、イギリスが31%だったということを鑑みると、インドの利用率の高さが浮き彫りになります。


では、なぜインドだけ突出して高いのでしょう? その秘密は、経済成長とATMといったような基本的なインフラの欠如にありました。


経済成長著しいインドですが、支店やATMの不足などもあり、多くの人々が銀行を利用できない状況が続いていました。(モバイルバンキングの普及によって)銀行を使えなかった人たちも、安心して預金や決済などの銀行サービスを利用できるようになったのです。


欧米や日本といった先進国には、すでに支店やATMといったインフラが整っている地域が多いです。先進国でモバイルバンキングが普及しない原因は、すでにインフラが整っているから必要性が薄い、という事情もあるのです。いっぽう、インドはそのようなインフラ整備が遅れていたのですが、そこに経済成長というニーズとIT技術が合わさり一気に普及した、というわけです。同じような現象は、スマートフォンの普及率が70%を超えているケニアでも見られます。

下記リンクからは、インドで普及するモバイルバンキング事情についての詳細が書かれています。興味があれば、ぜひ読んでみてください。


誰もが便利に銀行を利用できるように―インドの老舗銀行が展開するモバイル・バンキング|Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

  •  - By 長谷川賢人LIKE

    ドラマを追うのなんて簡単だ。時間がなくても話題作をチェックできる「J:COM MOBILE」の視聴スタイル

    Sponsored

    ドラマを追うのなんて簡単だ。時間がなくても話題作をチェックできる「J:COM MOBILE」の視聴スタイル

    ドラマを追うのなんて簡単だ。時間がなくても話題作をチェックできる「J:COM MOBILE」の視聴スタイル

    Sponsored by J:COM 目を閉じて思い返してみると、海外ドラマの『24 -TWENTY FOUR-』がブームになった2004年頃、連続モノのドラマをレンタルして追いかける、という体験がありました。『プリズン・ブレイク』もそうですし、わが家では『SEX and the CITY』のテレビ放送を母親と一緒に夜ごと楽しむというカルチャーがありました。おおらかな家庭ですね。 話題作や刺激的な  10:55 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.