• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 PM

現在がうまくいかないのは、過去や未来に心が漂流しているから~現在に集中し続けるための3つのポイント

現在がうまくいかないのは、過去や未来に心が漂流しているから~現在に集中し続けるための3つのポイント

1504253keystostaying.jpg


Dumb Little Man:人間は、流されやすい存在です。誰にとっても人生とは慌ただしいものであり、生きる目的をはっきり意識しておかないと、ある日、ふとわれに返って、「いったい自分はどうしてここでこんなことをしているんだ...」と愕然とすることにもなりかねません。

カウンセラーである私が、心理カウンセリングをしていてよく耳にする不平は、「自分がずっとしたかったこと、するつもりだったことをしてこなかった」という後悔です。とくに男性の相談者に多いのですが、彼らも最初からやらないつもりだったわけではありません。ただ、それを絶対に実現させるという意図が十分ではなかったのです。

人生で起こるさまざまな不測の事態に惑わされず、目標に集中し続ける能力は、成功には不可欠なものです。人生で成功するのは、たとえ何が起きようとも、その集中を途切れさせない術を身につけた人たちです。反対に、成功しているとは言いがたい人たちは、ほかのさまざまなものに気を取られるあまり、本道から外れてしまいがちです。


どうして気を取られてしまうのか?


理由のひとつは、私たちの心は簡単に流されて「現在」を離れ、はるか彼方の「過去」や「未来」に漂着してしまうからです。私たちは今日の行動でしか明日を変えることができないのですから、この心の落とし穴にハマらないようにすることはとても重要です。しかし残念ながら、「現在」が居心地の良いものではない場合、往々にして私たちの心は流されて、「過去」に戻ったり「未来」に辿り着いたりしてしまいます。

「現在」に意識が集中していないと一体どうなるのかを示すため、私がカウンセリングを行っている相談者の事例をいくつか紹介しましょう。


元夫からの否定的なレッテルがはがせない彼女


ベスさんは3年ほど前に離婚しましたが、彼女は今でも、別れた夫のことを毎日のように考えています。昔の写真、懐かしい曲...彼女の心を過去に連れ戻すのはそれだけではありません。彼女が今も手放せずにいるさまざまな心理的な事柄もあります。たとえば、別れた夫はかつてベスさんに対し、否定的なレッテルを貼りつけていたのですが、ベスさんの頭の中には、自分のアイデンティティーを定義するものとして、そのレッテルがまだ残っています。いまでも、何かの困難にぶち当たると、決まって彼女はこの否定的なレッテルを過去から引っぱり出してきてしまうのです。

いっぽう、チャックさんは結婚生活に不満を抱いています。理由のひとつは、妻に魅力を感じられないことです(ここではその理由には立ち入りませんが、複雑な背景があるのです)。「もし『カワイ子ちゃん』(本人の言葉)といっしょだったら、どんな気分だろう...」とチャックさんは空想にふけります。魅力的な女性を見るたびに、「もし彼女と結婚していたら...」とついつい考えてしまうのです。


現在に集中し続けるための3つのポイント


あなたの意識の焦点はどこに当たっていますか? 「過去」ですか、「未来」ですか、それとも「現在」ですか? 現在に集中し続けるための3つのポイントを以下にご紹介しましょう。


1.「過去」を振り返らない:間違いから学ぶことは有益です。けれども、無闇に過去に浸らないようにすることも大切です。過去について考える目的が、そこから学ぶことなのか、それとも現実逃避なのか、はっきりと区別するようにしましょう。

2.「未来」の世界に生きない:もちろん、前を見ることも必要です。でなければ、自分がどこに向かっているのかがわかりません。また、将来に目を向けることは、目標を設定し、その達成に向けて計画を立てるためにも必要です。しかし、未来の世界に生きるようになってしまうと、話が違ってきます。繰り返しになりますが、ここでも大切なのはその目的です。もし現在から逃れるために未来のことを考えているなら、それは危険信号です。

3.「現在」に軸足を置く:今を生きるということは、後ろも見なければ前も見ないということではありません。今日を奪い取ってしまうほどのレベルでのめりこんだり、現在から逃げるという目的のために空想にふけったりはしない、ということです。「明日をより良いものにするたったひとつの方法は、現在に集中し続けることだ」、それを絶えず自分に言い聞かせて忘れないようにしましょう。


現在に集中し続けることが難しい時は、誰にもあります。けれども、人生で成功し、究極の目標を達成するためには、今回ご紹介した「集中を持続させるための3つのポイント」を、いつでも心がけるようにしましょう。


Kurt Smith(原文/訳:ガリレオ)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.