• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  07:00 PM

新たに刊行されたジョブズの伝記に対する、ティム・クックやジョニー・アイブの評価から見えること

新たに刊行されたジョブズの伝記に対する、ティム・クックやジョニー・アイブの評価から見えること

150424steve_jobs_biography.jpg


Inc.:2015年3月に発売されたスティーブ・ジョブズの新しい伝記『Becoming Steve Jobs』に関して、アップル社周辺はにわかに騒がしくなっています。というのは、CEOのティム・クックやデザイン部門のトップジョニー・アイブをふくむ役員は、新しい伝記を賞賛するだけでなく、かつてスティーブ・ジョブズとApple社が公認したはずのウォルター・アイザックソンによる伝記『スティーブ・ジョブズ』を批判しているからです。

ティム・クックは、アイザックソンによる伝記を、ジョブズに対する「ひどい仕打ち」と断じ、「そこに書かれてあるジョブズとされている人物は、本人とは別物で、一緒に働きたいとは微塵も思わない人間だ」と言っています。ジョニー・アイブは米ニューヨーカー誌に、以前の伝記は「これ以上ないほどひどいもの」と意見を述べています。


アップル社内の関係者は、親切で優しい一面もあった人物としてジョブズを描いている、新しい伝記を支持しています。数年来のジョブズの友人である、マーケティング・コンサルタントのレジス・マッケンナは、「Bloomberg Business」のインタビューで、アップル社の役員の反応はジョブズを部分的にしか見ていないことから生じる「純粋に感情的な問題だ」と主張しています。この贖罪は彼らのためでもあるのです。

また、今のアップル社の幹部は、ジョブズからの痛烈な非難を受けながら仕事をした経験がないため、このような評価になったのだろうという、一般の意見もあります。ティム・クックもジョニー・アイブも、数多くの失敗を重ねていた初期の激しいジョブズの姿をあまり知らないのだと。

CEOとしてのジョブズの天才ぶりを評価し過ぎると、アップル社創業時の会社経営のひどさが見過ごされてしまいがちです。特にアップル社を追い出される前、ジョブズがいかに経営者としてマズかったかということは、ジョブズの死の直後に、Bloomberg Businessに載ったような、率直な書かれ方をしている短い伝記などを通してすぐに広まりました。


(ベンチャーキャピタルであり初期のApple役員でもある)アーサー・ロックは、2007年の「Institutional Investor」のインタビューで「当時のジョブズは手に負えなかった」と言っています。「ジョブズの頭の中にあるアイデアは、他の人間がやりたいと思うようなことじゃなかった。会社の創業者なのに、会社が良くなるかどうかお構いなしのことをやっていたから、会社を去ることになったんだ。


初期のMacは明らかに素晴らしい成功でした。しかし、最初の財務的な失敗は、ジョブズがそれを効果的に売ることができなかったから起きたことです。その後アップル社を去った後でNeXTで再出発をし、ピクサーを買収して経営したことで、それまでの欠点は少なくとも少しは改善されました。

アップル社に復帰してCEOになると役員と経営陣を一新し、NeXTでハードウェアエンジニアのトップだったジョン・ルビンスタインと、ソフトウェア部門のトップのアビー・テバニアンをアップル社に移籍させました。またジョブズは、アップル社で働いていたジョニー・アイブの、当時はまだ認められていなかったデザインセンスや才能を発掘しました。

しかし、それでもまだジョブズの欠点は残っていました。テバニアンは、ジョブズが仕事の成果を全然共有しようとしないことを不満にしてアップル社を去りましたし、ルビンスタインとジョブズは、後にルビンスタインが経営することになったPalm社をめぐる件で完全に決裂しました。それはアップル社においては前代未聞のことでした。社内の下位の社員でも悲惨な体験はたくさんあります。ジョブズが気まぐれだという評判は事実無根の中傷ではないのです。

しかしジョブズは、数多くの欠点があるにもかかわらず、華々しい成功をおさめました。クオリティを追求しながらも、周囲の人を惹きつけるような、より良いコミュニケーションもできたのかもしれません。

ある意味では、ティム・クックはジョブズよりも優れたCEOなのかもしれません。クックの中国に進出するという賢明な戦略により、アップル社の価値は予想を上回るほど拡大しています。ではクックは完璧な経営者だということでしょうか? もちろん違います。完璧な人間はいません。それこそが私の言いたいことなのです。

有名な起業家からインスピレーションや教訓を得るのは大事なことです。しかし、学んだことと同じくらい、学べていないこともあるということをお忘れなく。次世代のスティーブ・ジョブズになりたいですか? 素晴らしい。では、ジョブズがやってきたこと以上に素晴らしいことをしてください。


Could a Different Steve Jobs Have Done Even More at Apple?|Inc.

Erik Sherman (訳:的野裕子)
Annette Shaff / Shutterstock.com

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.