• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

高橋ミレイ高橋ミレイ  - ,,,  06:30 PM

IDEOのトム・ケリーが語る創造的に生きるための3つの秘訣 #SlushAsia

IDEOのトム・ケリーが語る創造的に生きるための3つの秘訣 #SlushAsia

150424slush_asia_tom_kelley002.jpg


2015年4月24日、東京お台場でSLUSH ASIAが開催されました。SLUSHは2008年からフィンランドで開催されているテクノロジーの祭典で、2014年は1万3000人を動員する規模になりました。アジアでの開催は今回が初めてです。レポート第1弾は、デザインファームIDEOの共同経営者トム・ケリー氏によるキーノートスピーチをお送りします。ライフハッカーは2014年、IDEO Tokyoのチームをゲストに迎えて、夜の学校「Night School」を開催し、約100名の読者とデザイン思考を学ぶワークショップを行いました。


私たちの経営するIDEOは現在青山にIDEO Tokyoのオフィスを構えています。本社には650人あまりの社員がいますが、今回はIDEOではなく、皆さん自身に関わるお話をしましょう。


1.最も大切なのは、創造性に対する自信を持つこと


私はこれまでの7年間、クリエイティブ・コンフィデンス(創造性に対する自信)に関する取り組みをしてきました。クリエイティブ・コンフィデンスは、本来ならば誰でも持っているはずです。証拠は小学校。みんな行きましたよね? そこでいろいろな物を作ったと思います。

私が提唱したいことは、子どもの頃と同じような創造性を人生でずっと持ち続けるということなんです。そのことについて書いたのが『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』で、すでにこの本についてのインタビューを100回以上受けています。


2.行動に移す勇気を出すこと


アイデアがあったら手をあげないといけません。しかし、会議室を見回してやっぱりやめてしまったり、「今これを言ったらバカにされるかもしれない」「キャリアに傷がつくかもしれない」と考える人は、特に日本に多いです。

最近の調査によると、日本は世界で最もクリエイティブな国ということが明らかになりました。東京は1番クリエイティブな街としてランクイン。でも、いざ来日して日本人に話を聞くと、本当にそうなのか疑わしくなってしまうことがあります。私が言いたいのは、手を上げるという勇気は、時としてアイデアそのものより大事だということです。

クリエイティブなアイデアを形にするということは、他の人と違う、自分オリジナルの物を作ること。そして、人々の行動をよく観察することや、ぱっと浮かぶアイデアでもよく考えて他の人が気にしないようなチャンスを見ることに他なりません。

たとえば、ある時私が友達と一緒に東京で電車を待っていたら、日本人の女性が色違いの靴をはいていることに気がつきました。

一体何があったのでしょう? ここは東京。もし電車を逃したって、3分もしたら、次の電車が来るような街です。よほど何か急ぐようなことがあって、間違ってしまったのでしょうか?

でも、その時に、もしかしたら左右の色が違う靴に需要があるのかも? とも思ったんですね。こんなことを口に出して言ったら。間違いなく黒いスーツをきた日本のサラリーマンはダメだと言うでしょう。「靴はきちんと揃って売られているものなんだからさ」と言ってね。

ところがLittle MissMatchedというブランドが、これを実際にやったんです。そうしたら大成功ですよ。すべては「人々は何が必要なのか?」という問いにもとづく、このクレイジーなアイデアから始まったんです。


3.スピード感を持って、とにかく動くこと


大切なのは、実際に行動を起こしながら学習するスピード感を大事にすること。お客さんからフィードバックをもらって、すぐに動く。とにかく動く。アイデアだけでは十分じゃないんです。

『Pulse』というアプリを開発して成功した学生起業家Ankit Gupta と Akshay Kothariの話をしましょう。彼らは起業家育成プログラムに通っていました。普通だったらちゃんと予習をして、企画も立てて授業に来るのでしょうけれど、次のような行動を起こした結果、たった5週間で顧客をつかんだんです。

最初にプロットタイプを作った時点ではアプリの名前すらありませんでした。カテゴリーもです。つまり彼らは、何もない所から、自分たちでマーケットを作ったんです。

彼らにはオフィスもありませんでしたから、カフェで作業をします。当時リリースされたばかりのiPadをいじる2人。そのカフェにはニュースを読んでいる人たち、つまり将来のユーザーになるかもしれない人がたくさんいました。

当時はタブレットが珍しかったので、彼らを見た人たちが「ねぇそれiPad? 見せてよ」と言ってくるから貸してあげます。自分たちの作ったアプリを起動させたままね。

そうして、いろいろとフィードバックをもらったのですが、最初の評判は散々で、改善すべき所がたくさんありました。何しろ1日100回リバイスしたと言っていましたから。

この話、ちょっと大げさに言うために「100回」って言ってると思ってるでしょう? でも彼らは本当に100回やったと言っていました。100回ですよ?

結果的に彼らが完成させたアプリは大ヒットして3000万の顧客を獲得した後、Linkedinに900億ドルで買収されました。

常に「それで良いのか?」と現状に疑問を抱くことが大切です。皆さんは自由の身です。何も刑務所に入っているわけではありません。ですから、発想を柔軟に、アイデアをどんどん発表してください。市場に振り回されるのではなく、現在の市場のあり方が良いのか、皆さんの方から疑問を投げかけるべきなのです。


Slush Asia | April 24th, 2015 in Tokyo, Japan

(文/高橋ミレイ、通訳/ダイクストラ春香)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.