• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

庄司真美

庄司真美

 - ,,  01:00 PM

いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)

いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)

150419another_tokyo3_1_1.jpg

伝説のスラム街「九龍城」(クーロン城)をモチーフに作られた川崎のゲームセンター『電脳九龍城』
とにかく再現度のレベルが高くて、細部にまで徹底したこだわりが感じられます。
ビル自体も錆加工している徹底ぶり。


立ち上げから3年半にして、今や月間約70万PV、UU約20万人を誇る人気ブログメディアに成長した「東京別視点ガイド」。日本中に点在するユニークな珍スポットを紹介するコンテンツとして、マニアのみならず、幅広い層から支持を集めています。「東京別視点ガイド」の切り口は、ガイド本などには載っていない"珍スポ"(一風変わったスポット)。

同サイトを単独で運営しているのが、編集長の松澤茂信さんです。これまで、お蔵入りした店も含めると通算800店を自ら取材。そんな「東京別視点ガイド」をベースに新たな珍スポを取材・撮影した本『死ぬまでに東京でやりたい50のこと』(青月社)も出版しました。

珍スポという"別視点"を武器にするコンテンツの作り方について、松澤さんに3回にわたってお話を伺っています。第1回はサイトをはじめる経緯、第2回は取材してきたスポットとそのルーツについて、そして今回は「東京別視点ガイド」の今後のビジョンについて。しっかりしたコンセプトを確立し、成熟期を迎えたブログメディア「東京別視点ガイド」。新しく広がりを見せるビジネス展開についてお話いただきました。


── 今後、東京別視点ガイドとして取り組みたいビジョンはありますか?

松澤:今年は海外に出ようと思っています。5月ぐらいから半年がかりで、台湾、中国、ベトナムなど、マレー半島や東南アジアから入って、インドに渡り、「海外版別視点ガイド」をつくろうと思っています。


── ほぼアジアを網羅する感じですね。なぜ海外進出しようと思ったんですか?

松澤:日本一周して思ったんですけど、日本の珍スポットの独特な「偏り値」みたいなものが何となく見えてきたんです。世界に出たら、もっと振り幅が広いスポットがあるだろうなと思ったことが大きいですね。やはり、変わったところを突き詰めていくと、どうしても世界に出ないと嘘になるなと思ったんです。それもあって、ついに海外に出てみようと決意しました。


今後は海外へ進出して、旅行代理店もつくる(かもしれない)


150419another_tokyo3_1_2.jpg

東京別視点ガイド 編集長 松澤茂信さん


── 東南アジア以外の海外進出については?

松澤:今年は東南アジアですけど、来年は別のエリアというふうに、毎年どこか海外取材をしていけたらと考えています。


── 現在は、他メディアへの寄稿がおもな収入源とのことでしたが、それ以外でのビジネスモデルはありますか?

松澤:東京別視点ガイドから派生して、旅行代理店をつくる構想もあります。実際に日本のあちこちをまわってみて、「こう組みたてたらおもしろそうだな」というツアーの構想が出てきたんですよ。サイト上でツアーを企画し、そこに送客できる仕組みをつくれたらおもしろいと考えています。


── 「東京別視点ガイド」を軸に、かなり今後の広がりが期待できますね。

松澤:やはり、書いて紹介するからには、実際に行ってみてほしいという気持ちが強くありまして。そうなると、書くだけだとちょっとパワーが足りないなと思い始めたんです。イベントを企画したり、ツアーを組んで自らおすすめの珍スポットに連れて行きたいなと。それならば、やれることを全面でやった方がいいと考えました。それに、珍スポもいろいろありますが、地方の方がより濃くて味わい深いスポットが多いので、やはりそこに実際に行って、目で見ることでより特別な経験になると思うんですよ。


珍スポットには能動的に楽しめる良さがある


150419another_tokyo3_1_3.jpg

とにかく蜂の巣アートだらけの室内「蜂天国」
といっても、巣が単独でポツリと飾られているわけではありません。
大黒天、まねき猫、天狗に椅子、扇風機など、ありとあらゆるものが蜂の巣とドッキング。
その展示品数、800点以上!
なかでも、160個の巣を合体させた「富士山」をはじめ、
120個の巣を合体させた「スペースシャトル」という高さ3m超えの巨大作品は必見。


── 「東京別視点ガイド」を見て実際に現地を訪れるユーザーは多いんですか?

松澤:実際に行ってみたというお声はよくいただきますね。記事で紹介している場所はどれも、僕のレポートではその楽しさの1万分の1も伝えきれてないと思っているんです。実際に目で見たときの情報量は格段に違いますし、そこでしか味わえない独特の空気感や緊張感みたいなものがあるので、ぜひ行ってみてほしいと思っています。


── では、今後は珍スポットを訪れるツアーを積極的に企画していくんですか?

松澤:ツアーを組んで大勢で行くのもいいんですけど、実はそれだと店側がかまえてしまうんです。なので、本当のおすすめは、1人とかせいぜい2人ぐらいで行って、「ここ大丈夫かな」などと恐る恐る行くことなんですよ。すると案の定、店主に温かく迎えられたというギャップを味わったりもできるんです(笑)。


── ツアーでいい大人たちが珍スポットを見るためだけに、わざわざ集結するのも連帯感があっておもしろそうですよね。

松澤:普段、堅い仕事をしているような人なども参加いただいたりしたらおもしろいかもしれませんね。あとは、家族連れにも来てもらいたいですね。普通の受け身で楽しむ観光地とは違って、珍スポットは、能動的に楽しめる良さがあると思うんです。


「僕自身」が障壁になっているのを変えて、新しい書き手を


── サイトの構成については、今後どんな構想がありますか?

松澤:現状は、企画・取材・撮影・更新など、すべて自分1人でやっているんですけど、今後は、離島に滞在してレポートする別サイトを作れたらなと夢想しています。もしそんなサイトを作る場合は、僕以外にもキャラの立った書き手を数名募集して、それぞれの「推し離島」みたいなテーマで離島を紹介するかたちにしたいですね。


── おもしろそうなので、私、書きますよ(笑)。でもすでに周囲で「東京別視点ガイド」で書きたいという方は多いんじゃないですか?

松澤:そうですね。そういう声は確かにあります。ただ、別視点ガイドは僕を中心とした構成になっています。自分以外の書き手もいるサイトを作るならば、違った構成にする必要があるでしょうね。


── 「東京別視点ガイド」は、松澤さんの視点やキャラクターも含め気に入っているユーザーが多い印象ですが。

松澤:現状は、僕が顔出しして、自分というものをかなり押して書いているので、読んでくれるユーザーにとって、僕自身がまずひとつ、かなりの障壁になっていると思っているんです。珍スポットというコンテンツに対して興味をもっていても、「俺を受け入れるかどうか」がかなりハードルになっているんじゃないかと。でも、それを乗り越えてサイトを見に来てくれる人って、僕をある程度認めてくれている人が多いのも事実で、忘年会やトークライブなどのリアルなイベントで実際に足を運んでくれる人の反応がいいな、という印象です。そういう経緯もあって、今後の新たな書き手を加える場合には、ぜひ顔を出してほしいなと考えています。


「素材集め」の時期を経て、本当の料理はこれから!


── 今後加えていきたいのは、松澤さんのようなキャラクターの確立した書き手ですか?

松澤:というよりも、それぞれの得意分野があるといいなと思っています。たとえば、文章よりも写真で上手に伝えられるレポーター。それから食に詳しい、法に詳しいとか。あ、そうそう、子連れの場合、どういうところに遊びに行くんですか?


── 子連れだと、アニメのキャラクターがいるイベントとか遊園地とか、どうしても受動的な場所がメインになりますね。「東京別視点ガイド」でいえば、関ヶ原ウォーランド、沢田マンション(高知)、川崎のウェアハウスあたりには子連れで行ってみたいです。

松澤:それは嬉しいですね。子連れで行ける場所としてセグメントして紹介するのもおもしろいかもしれませんね。すでに800くらいネタは揃っているなかで、あとは、どういう切り口で見せるか、という領域になっていくと思っています。これまでの活動は、料理の素材集めをしてきたという認識で、今後、どう料理するにしても、なるべくいい素材を集める活動をしてきたわけです。素材が充実してきてあらためて、今後は、いろんな人の目線でセグメントするなど、「東京別視点ガイド」はかなりの可能性を秘めていると自負しています(笑)。


関連記事:どこを「差別化」すると人気ブログになれる?:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(1)
関連記事:「心の中身」はルーツを探ることで見えてくる:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(2)

(庄司真美)

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.