• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,,,,  06:00 PM

こうすれば、お金に関する夫婦喧嘩を避けられる

こうすれば、お金に関する夫婦喧嘩を避けられる

150418marriage_money.jpg


Pick The Brain:私自身の結婚生活では、ずいぶん早い時点からお金のことが夫婦間の問題になりました。

とても若くて貯金というものが一切なかったのに、夫は私の誕生日のプレゼントに新しいマウンテンバイクを買って私をびっくりさせました。確かに愛情のこもったプレゼントだとは思いましたけれど、それを買うお金は、毎月の生活費にも事欠くぐらいの残高しかなかった2人の共有銀行口座から引き出したものだったのです。

そんなふうにして2人の試行錯誤が始まりました。入ってくる現金はしっかり貯金しておきたいと思っている私としては、その管理を手放すことで安心感を失うのは恐ろしいことでした。しかし、夫はお金に関してはもっと楽観的で、なるようになるという姿勢で、お金で得られる自由を楽しんでいました。そんな2人の行きつく先は想像するに難くありません。

この問題で長年苦労したので、私たち夫婦が犯した過ちのトップ3を共有して、皆さんが同じ苦労をしなくてすむ方法をご案内したいと思います。


間違い1.お金に関する自分の体験談をする


これは、お金の話になった時にカップルがやりがちな最大の間違いです。誰でも自分と同じように考えると思ってしまうのが人間のサガですが、お金に関しては、人によってまったく異なる経験やメッセージを子ども時代から受け取ってきているものです。そして、こうした先入観は自分で思う以上にお金に関する不安の持ち方や使い方に影響を与えています。

解決策:

次のことを自問自答してみましょう。両親からお金のことでどんなことを学んだだろう? 両親のうちの片方がお金の管理をしていただろうか? 子どもの頃にお金のことで褒められたり叱られたことはあっただろうか? 銀行にお金があるのと手元にあるのとで感じ方はどう違うだろう?

この自問自答に関心を向けつつ先入観のないアプローチをすると、白熱した議論から一歩下がって、自分がどうしてそういう反応をしてしまうのかがわかるはずです。

相手にも、ぜひ同じことをしてもらい、お互いの考えについて話し合ってください。常に相手の言うことに興味を持ち、心を開いたアプローチを続けてお互いの理解を深めることで、批判的な意見のぶつけ合いを避けるようにしましょう。


間違い2.予算を立てず出費の記録もしない


言いたいことはわかりますよ。予算計画について考えるのは、あまり心躍ることではありませんし、先送りにしているうちに絶対に終わらない「To-Do」リストに入ってしまうことが多いです。お金がカツカツなら自分の銀行口座をのぞきたくないと思います。だってそこは見るのが怖い所だし、少しは選択の余地がある場合は、予算を立てる必要なんかないと思うでしょう。ああ、何て苦しい境地でしょう!

でも、これは言わせてください。自分もパートナーも大切だと思う項目を予算に入れて合意を得ることが、お金のことで喧嘩するのを避けるための一番手っ取り早い方法なのです。

解決策:

予算を立てましょう。これが一番楽です。まず先月の出費を見て項目ごとに使える現実的な出費額を決めて、そこに2人の収入を足して毎月予算の収支がゼロになるようにしましょう(いくらか貯金に回せるといいですね)。

次に、出費を記録する方法を話し合ってください。封筒に入れた現金を使う、スマホのアプリを使う、毎週スプレッドシートをアップデートするなど、選択肢はたくさんあります。このステップが一番忍耐と粘り強さを必要とします。これだと言う方法を見つけて、それを続けていけるようになるまで、いろいろな方法を試してみなければならないからです。

1カ月後に予算内でやりくりできていたら、自分にご褒美をあげるといいかもしれません。


間違い3.喧嘩が始まると事実を一緒に見られなくなる


結婚生活ではよくあることですが、片方がお金を貯める人、もう片方が使う人になることがあります。そしてご想像の通り、貯める人の方が銀行口座の収支バランスに関して悲観的であり、使う人は楽観的になりがちです。

同じように、お金の動きが見えないことで、毎月いくら使っているかにも無頓着になることがあります。たとえば、パートナーから朝食は家で食べてほしいと言われているのを無視して、仕事の前にコーヒーとマフィンを買って食べるなどして、毎月のコストを軽視していませんか?

事実を見ないと、口論がエスカレートして解決の見込みが立ち消えてしまいます。

解決策:

お金のことで意見が合わない時は、それについて自分たちが置かれている現実を理解するための事実がないか自分に問いかけてください。

たとえば次の休暇に旅行へ行く費用があるかで喧嘩しているのでしたら、まず事実を客観的に見てください。今までいくら貯金しましたか? あるいは将来いくら貯金できますか? そしてその旅行は現実的にはいくらかかるのでしょうか? これでもう喧嘩しなくてはならないことは何もありません。

パートナーのギャンブル癖のことで喧嘩をしているなら、直近3カ月にギャンブルに投じた額と勝った額の収支を全部足し、それがどれだけ我が家の銀行口座の収支に厳しい影響を与えているか気づいてください。

個人的な意見はちょっと横に置いておけば、現実に根差して犠牲を払ったり選択をしながら、一緒に前に進めます。


Marriage and Money: Don't let Finances Ruin your Relationship|Pick The Brain

JANN(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.