• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,,  10:00 PM

9カ月後に食べてもおいしい、果物を冷凍保存するコツ

9カ月後に食べてもおいしい、果物を冷凍保存するコツ

150403freezefruits1.jpg


熟した果物はすぐに食べてしまうのが一番ですが、それができないときは冷凍しましょう。簡単にできて経済的ですし、台所にある甘くて新鮮な果物ならなんでも長持ちさせられます。


そもそもなぜ果物を冷凍するの?


冷凍庫に果物を入れると少し食感が変ってしまいますが、砂糖や添加物を使わずに風味を保つにはベストな方法です。ベリー、リンゴ、サクランボなどをすぐに使えるように冷凍保存しておけば、デザートにも使えます。冷凍したトロピカルフルーツをスムージーに使へば、風味が出ると同時にスムージーを冷たく保てます。果汁やレモンの皮を冷凍させて料理に使えば、鍋の中のソースに酸味を足したりパウンドケーキに風味を添えることもできます。大事なことを言い忘れていましたが、ブドウ、メロン、バナナは冷凍庫から出したての凍ったままで食べるとそのままでとても美味しいです。


どんな果物にも使える冷凍法


150403freezefruits2.jpg


ほとんど全ての果物は次にご紹介するシンプルな方法で冷凍できます。簡単ですが、冷凍する果物の水分含有量と皮や種や芯の有無によっては、後述する個別の対処法を見た方がいいでしょう。ここで覚えておくべきキーポイントは、湿り気と空気は冷凍食品の大敵だということです。

1. 果物を洗ってしっかり乾かす。

2. 皮のある果物なら、皮をむく。変色している部分や傷がついている部分など好ましくない部分は切って取り除く。

3. 果物が1口サイズより大きい場合は、好みのサイズで均一になるようにカットする。

4. タオルやペーパータオルで果物を軽く叩いて乾かす。できるだけ湿り気を取り除くようにする。


150403freezefruits3.jpg


5. クッキングシートを敷いたトレーに果物を移す。果物が重ならないように並べる。トレーをサランラップで覆い冷凍庫に入れる。数時間から1晩かけて冷凍する。

6. 冷凍庫からトレーを取り出し、キッチンペーパーからそっと果物を落としてラベルを貼ったフリーザーバッグに移し替える。袋に封をする前に、できるだけ袋から空気を追い出すようにする。これで完成。6カ月から9カ月はもちます


果物ごとに覚えておくべきこと


果物はそれぞれ違うので、果物ごとに効率良く冷凍するコツがあります。


150403freezefruits4.jpg


・ リンゴ:甘みのあるリンゴの方が酸っぱいリンゴより冷凍したとき風味が保てます。皮をむいて薄切りにしてから冷凍しましょう。茶色く変色するのを防ぎたいなら、下ごしらえするときは塩水に浸けながらやってください。

・ バナナ:まず皮をむき、次に薄切りにして冷凍しましょう。

・ ベリー類:ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリー、イチゴなどは洗って、必要に応じてヘタを取り、しっかり乾かしたら丸ごと冷凍しましょう(イチゴは薄くスライスしてもいいでしょう)。

・ 柑橘類:レモン、ライム、グレープフルーツ、オレンジを冷凍保存する一番の方法は皮と果汁を別々に保存することです。レモンの汁を絞って製氷皿に入れて冷凍しましょう(完全密封できるビニール袋に入れて平らに置いて冷凍するのもいいでしょう)。レモンの皮をそのまま冷凍庫に入れてもいいですが、Baking Bitesで紹介されている裏ワザで、レモンの皮を1回分(ティースプーンかテーブルスプーン1杯分)ずつに小分けするのが、とてもいいと思います。

・ キウイ:まず皮をむき、次に薄くスライスしてから冷凍しましょう。

・ マンゴー:皮をむいて刻んでから冷凍しましょう。

・ 瓜類:カンタループ、ハニーデュー、クレンショーなどのメロン類は冷凍に向きますが、スイカは水分が大変多いので向きません。

・ パイナップル:皮をむいて芯を取り、薄切りにして細かくカットしてから冷凍しましょう。かなり熟している場合は、カットしたとき出てきた果汁もとっておいて冷凍してください。

・ 中心に種のある果物(核果):桃、プラム、プルオットは皮をむき、スライスしてから冷凍しましょう。杏は皮をむく必要がありません。サクランボは種を取り除いてから冷凍してください。


生の果物を買う理由


先にお断りしておきますが、私はいつも冷凍された果物を買います。スムージーを愛飲していますし、果物の味をいろいろ楽しみたいので、サクランボや桃など季節によっては手に入りにくいものもたびたび冷凍で買って、自分でブレンドする飲み物に入れています。そうは言っても自分の手で果物を冷凍することもしています。その方が果物の質や熟している度合を自分の好きに選べるからです。良い例として、店で買った冷凍イチゴやブルーベリーやブラックベリーミックスと自分で冷凍したイチゴを比べてみてください。違いがよくわかります。


150403freezefruits5.jpg


もう1つ別の例を挙げます。店で買った冷凍パイナップルには芯が入っていることがよくあります。でも、自分で冷凍したパイナップルをブレンダ―に入れて作るスムージーには、パイナップルの甘くて柔らかいところだけしか入っていません。これはマンゴーでも同じです。店で買った冷凍マンゴーと自宅で冷凍したマンゴーを比べてみてください。


150403freezefruits6.jpg


自分の手で果物を冷凍すると、果物を自分の好きな大きさや形にカットできます。さらに店で買った冷凍果物にはたびたび氷の塊が入っていますが、自分で冷凍するときは果物をしっかり乾かすと霜がつく心配がありません。


Susannah Chen(原文/訳:春野ユリ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.