• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:30 AM

充実して見える他人の人生は、その人のハイライトに過ぎない

充実して見える他人の人生は、その人のハイライトに過ぎない

150417nobody_knows.jpg


99u:昔から哲学者たちが思索することを好む命題があります。それは、「他の人に精神が存在するかどうかを知る方法はあるか?」というものです。実際には、不可能なことです。結局のところ、人は相手の考えや感情を直接感じることは決してできないのです。何十年も一緒に過ごしてきた家族であっても同様です。

仮にそれが可能だったとして、他者の精神をありのままに理解することは、どれほど精神が安定している人あっても、アイデンティティの崩壊を引き起こす可能性があるほど恐ろしいことです。しかし、クリエイティブな面から見ると、これは非常に解放感を覚えることだと言えます。


そもそも、人間は他人と自分を比較する生き物です。少なくとも部分的には、私たちの幸せかどうかは、他人よりも暮らし向きが良いと感じられているかどうかで判断されます。研究によると、概して見れば稼ぎが少ないとしても、多くの人は自分が同僚よりも多く稼いでいると思っているそうです。クリエイティブな成果についても、私たちは同じように判断します。つまり、他の人と同じかそれより良い場合に、それが成功していると見なします。

しかし、ここには大きな問題が潜んでいます。私たちが比べているのは、自分の内面と他人の外面です。いわばリンゴとオレンジのように、近いようでいて異質なものを比較しているのです。ステージ上で非常に素晴らしいプレゼンテーションをしている人を見ながら、舞台のそでで緊張しながら自分の出番を待っているような気分でいる時、ステージ上の彼もまた、心の中は乱れてパニック状態にあるかもしれません。しかし、それは他人からは、わからないことです。

実際のところ、本当に彼が優れているなら、内心ではパニック状態にあるはずです。研究によると、人はより優秀になるほど、「インポスター症候群」と呼ばれる症状が悪化する可能性が高くなることが明らかになっています。これは、より多くの実績を上げるほど、より優秀な人と肩を並べるようになるので、周囲にいる優秀な人と自分を比較して、自分は出来が悪いと感じるようになるというものです。

一方で、生まれつき才能がない人は、自分の出来が悪いなどとは思わないでしょう。そのように考えるほど有能ではないためです(これは、レモン汁を顔に塗れば防犯カメラに映らなくなると考えた無能な銀行強盗の話にちなんで「ダニング=クルーガー効果」と呼ばれています)。要するに、「自分には能力がないのではないか?」と不安になる人は、その能力を持っている証拠かもしれないということです。

本当のところ、私たちは皆、何とかやり過ごしているに過ぎないと心の中で感じています。小説家、詩人、回顧録筆者として有名なマヤ・アンジェロウ氏は次のように言っていました。「私はこれまで11冊の本を書きました。しかし、その度に、ああ、今度こそ私の才能のなさがみんなにバレる。これまで誤摩化せてきたけれど、今度こそバレてしまいそうだ、と思うのです」。アンジェロウ氏は、素晴らしい才能の持ち主ですが、彼女は自分が普段、才能があると感じていないと自ら認めている点でも素晴らしいのです。

FacebookやTwitter、うまく設計されたウェブサイトなどにより、自分の生活が他の人に知られるような時代にあっては、それを心に留めておくことはさらに難しいことです。これらのツールを使用するとき、当然ながら、私たちは自分の生活のいいところを見せようとします。人生の一番良い部分とはつまり、喜びにあふれた結婚式や、羨ましくなるような休暇、プロジェクトの完了、満足してくれた顧客からの声などです。

しかし、私たちは、自分が日々SNSなどで目にしているものが他人の人生のハイライトであり、眠れない夜や達成できずにあきらめてしまったこと、絶望していた時、自信を喪失していた時のことは見えていないのだということを忘れてしまいます。

反省はまったくしなくていい、などと主張するつもりはありません。理にかなった範囲で、厳しい基準に従うことは、あなたの生み出すものをより良くしていく上で欠かせない姿勢です。しかし、クリエイティブな業界で生き抜くにあたって、他人の外面的な姿が、その人の心の中で起こっていることをそのまま表しているとみなしてはいけない、ということは非常に重要であり、心に留めておくべきことでしょう。

素晴らしい作品を生み出すコツは、深みから抜け出そうとする時に感じるイライラした不安な気持ちを完全に断つ方法を見つけることではありません。そうではなく、他の人も皆、そのように感じているということを覚えておくことなのです。私たちは皆、深みにはまっています。そして、それはそれで良いのです。そのような場所にいるのは非常に楽しいことなのですから。


Oliver Burkeman(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.