• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  09:00 PM

ゴールを設定するな、今にフォーカスせよ

ゴールを設定するな、今にフォーカスせよ

150417darts.jpg


James Clear:私たち誰もが、人生で達成した夢を持っています。シェイプアップする、ビジネスを成功させる、素敵な家庭をつくる、ベストセラー本を書く、チャンピオンになる、などなど。

ほとんどの人は、そうした夢に向かう第一歩として、具体的かつ実行可能なゴールを設定します。私もかつてはそうしていました。受けたい授業、ウェイトリフティングで持ちあげたい重量、獲得したい顧客など、さまざまなゴールを設定してきました。

しかし、最近わかってきたのです。本当に物事を成し遂げたいなら、重要な分野で前へ進みたいなら、もっと良いやり方があるということに。

すべては、ゴールとシステムの違いに帰着します。


ゴールを設定するな、今にフォーカスせよ


ゴールとシステムの違いは何でしょうか?

  • あなたがコーチなら、ゴールは優勝することです。システムは、チームが毎日こなす練習です。
  • あなたが作家なら、ゴールは本を書くことです。システムは、毎週こなす執筆スケジュールです。
  • あなたがランナーなら、ゴールはマラソンを走ることです。システムは、今月のトレーニング・スケジュールです。
  • あなたが起業家なら、ゴールは億を稼ぎだすビジネスを構築することです。システムは、セールスやマーケティングの業務プロセスです。

ここで、ひとつ興味深い質問があります。

ゴールを完全に無視して、システムだけにフォーカスしても、望む結果を得られるだろうか?

例えば、あなたがバスケットボールのコーチだとして、チームを優勝させるというゴールを無視して、選手たちが毎日どんな練習をこなすかだけにフォーカスしたとします。それで、望む結果は得られるでしょうか?

私は得られると思います。

例をもうひとつ。2013年、私は自分が書いた記事のワード数を数えていました。過去12カ月で115000ワード書きました。たいていの本は5000から6000ワードで書かれています。つまり、今年、本2冊分の文章を書いたことになります。

書く量についてゴールを設定したことはなかったので、この結果には驚きました。これまで、執筆量を誰かと比較したこともなければ、記事ごとのワード数にゴールを設けることもありませんでした。ましてや、「今年は本を2冊書こう」などとは思いもしませんでした。

決めていたのは、記事を1本、毎週月曜日か火曜日に書くということだけです。そのスケジュールを11ヶ月間守っていたら、115000ワードになっていたのです。私はシステムとプロセスにフォーカスしただけです。それでも最終的には、ゴールを設定するのと同じくらいの(おそらくそれ以上の)結果を得たことになります。

ゴールでなくシステムにフォーカスすべき理由が、ほかにも3つあります。


1. ゴールは現在の幸福を減らす


ゴールに向かって努力するとは、本質的に、こう言っているのと同じです。「私はまだ自分に満足できない。でもゴールに到達すれば満足できる」

このマインドセットの問題点は、次のマイルストーンに到達するまで幸福と成功を先延ばししろ、と自分に言い聞かせていることです。「ゴールに到達すれば、幸福になってよい。ゴールを達成すれば、成功したとみなしてよい」


解決策:プロセスにコミットする。ゴールではなく

ゴールにコミットすると、巨大な重荷を背負うことになります。もし私が本を2冊書くことを今年のゴールにしていたら? きっとストレスでまいってしまっていたでしょう。

でも、私たちがいつもしていることはそれなのです。ダイエットの成功、ビジネスの成功、ベストセラー本の執筆、さまざまなゴールを設定して、不必要なストレスを自分に与えています。大きな、人生を変えるようなゴールを思い煩うかわりに、日々のプロセスにフォーカスし、スケジュールを守り続けることです。そうすれば、物事はずっとシンプルになり、ストレスも軽減します。

成果よりも実行すること自体にフォーカスすれば、今という時間を楽しみながら、望んだ結果も得られます。


2. ゴールは、長期的な進歩に寄与しない


ゴールがあるからこそ長期的なモチベーションが維持できるのだと思うでしょう。しかし、実際そうとは限りません。

ハーフマラソンのためにトレーニングすることを考えてみます。多くの人は、数ヶ月間はがんばりますが、レースが終わればトレーニングをやめてしまいます。ゴールはハーフマラソンを完走することであり、もはやそれは達成されました。そのゴールからはもうモチベーションはやってきません。それまでのハードワークがすべてゴール達成のためだとしたら、それを実現した今、あなたを前進させるものは残っているでしょうか?

こうして、いわゆる「ヨーヨー現象」が引き起こされます。ある一定期間はゴールに向かって邁進しますが、達成したらやめてしまいます。そしてまたゴールを設定して...と繰り返すのです。こんなサイクルを繰り返していても、長期的な進歩は望めません。


解決策:短期的な成果にこだわらない

先週、ジムでトレーニングをしていたときのこと。ウェイトリフティングも残すところあと1セットというところまできました。バーベルを持ち上げた瞬間、足に刺すような痛みを感じました。とはいえ、ひどい痛みでもないし、怪我もしていないようでした。ワークアウトも終わり近くで、少しばかり疲れてきたというサインなのでしょう。なので、痛みを感じてから1〜2分間は、最後のセットを終わらせてしまおうと考えていました。でもそこで、トレーニングをしているのは、残りの人生を健やかに過ごすためであることを思い出し、その日はそれで切り上げることにしたのです。

このような状況になったとき、ゴールベースの考え方をしていれば、ワークアウトを最後までやって、ゴールを達成しようとするはずです。なにしろ、ゴールを設定してそれを達成しないとしたら、失敗したことになるわけですから。

一方、システムベースの考え方をしていた私は、途中で切り上げることに何の問題も感じませんでした。システムベース思考は、特定の数字にこだわったりはしません。あくまでプロセスにフォーカスし、今後もワークアウトを続けられることを第一に考えます

ワークアウトを継続できれば、やがて大きな重量を挙げられるようになるでしょう。それが、システムがゴールより有益な理由です。ゴールとは、短期的な成果に着目したものです。システムとは、長期のプロセスを重視したものです。最後には、いつだってプロセスが勝利します。


3. ゴールはコントロールできないことをコントロールできると錯覚させる


(ショッキングな事実ですが)未来は予測できません。

しかし、ゴールを設定するたびに、私たちはそれをしています。どこへ行きつくか、いつ到達するのかを計画しようとします。どのくらい速く進めるかを予測しようとします。途中に、どんな事情や状況が待ち受けているか、見当がつかないにもかかわらずです。


解決策:フィードバックループをつくる

私は毎週金曜日に15分かけて、スプレッドシートに重要なビジネス指標を入力しています。そのひとつにコンバージョン・レートがあります(ウェブサイトの訪問者のうち、無料ニュースレターに登録してくれた人の割合)。ふだんはあまりこの数字を気にしないのですが、毎週の動きを見ることがフィードバックループの役割をしてくれて、自分がうまくやれているかのチェックとなっています。この数字が右下がりになっていれば、もっと良質のトラフィックをサイトに呼び込まねばならないことがわかります。

フィードバックループは、優れたシステムを構築する上でとても重要なものです。フィードバックループがあれば、何が起きるか予測しなければというプレッシャーを感じずに、さまざまな要素を追跡することができるからです。未来を予測する代わりに、調整が必要となったときに知らせてくれるようなシステムを構築してください。


システムと恋に落ちる


ゴールは何の役にも立たないというわけではありません。ただ、ゴールは進歩を計画するのに向いていて、システムは実際に進歩を作り出すのに適しているというだけです

ゴールは方向性を与えてくれるし、短期的には背中を押してくれるでしょう。しかし、最終的には、うまく設計されたシステムが常に勝者となります。システムを持つことが重要です。プロセスにコミットすること、それが決定的な違いを生み出します。


Forget About Setting Goals. Focus on This Instead. |James Clear Blog

James Clear(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.