• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  09:00 PM

気が散りやすい人は創造力が高い:研究結果

気が散りやすい人は創造力が高い:研究結果

1504011distractible.jpg


Inc:注意力を散らすものを遮断し集中力を保つことができないことは病気だと思われることもあります。子供の中には、治療を受けることになる子もいます。しかし、新しい研究によると、気が散りやすい性質が必ずしも薬を処方される理由になるとは言えないようです。

米ノースウェスタン大学の研究によると、歴史上の偉大な芸術家や思想家の多くは著しく気が散りやすかったそうです。例えば、作家のマルセル・プルーストは静かな環境を保つためにコルクボードで仕事場の壁を覆いました。なぜなら、彼は騒音を無視できない自分の性質をよくわかっていたからです。フランツ・カフカやチャールス・ダーウィンも気が散りやすい人でした。芸術に長けていることや、優れた知識を持っていることは、気が散りやすいことと何か関係があるのでしょうか?


気が散りやすい人の利点


前述の研究リーダーであるDarya Zabelina氏は、チームのメンバーと一緒にボランティア100人を対象に「感覚ゲーティング」と呼ばれる気が散りやすい性質の生理学的指標を測定しました。またその間、被験者に実際の創造活動における才能について報告し、創造力レベルの標準臨床検査を完了させるよう命じました。

研究が明らかにしたのは、被験者の中に集中力を保つことに他の人より苦戦した被験者がいたということでした。嫌な音や感覚刺激が思考に入ってきて邪魔することを無意識に避ける能力が低いという点で、苦戦した被験者の注意力は「散りやすかった」のです。やっかいなことに聞こえるでしょう(同じ性質を持っていて、雑音の多い環境で仕事を完成させようとしていたら、間違いなくそう思うでしょう)。しかし、Zabelina氏の研究によると、気が散りやすい人は重大な利点を持つことがあるそうです。その利点とは、創造活動においてより優れた才能を発揮することです

「気の散りやすい感覚プロセス、または、外からの刺激を隠したり抑止したりする能力の低下は、現実世界での創造活動における才能との関連が見られました」とZabelinaは説明します。「『気が散りやすい』人々は、より広い範囲に焦点を置き、より多くの刺激に注意を向ける性質を持っている、ということをこの研究は示しています」そしてこの性質が、革新的で風変わりな考えをまとめる手助けをし、画期的なアイデアをより多く生み出すことにつながります。

「この敏感な性質を正しい方向に導けば、人生がさらに豊かで意味のあるものになり、より繊細な経験を与えてくれるでしょう」と、Zabelina氏はコメントしました。


カフェに出かけるかコルクボードで壁を覆うか


この研究結果は興味深いものです。しかし、ちょっとした雑音のある環境、例えばお客でにぎわうカフェは創造力を高めるという最近の研究が示す結果とは、一見相容れないように思えます。

おそらくこの相容れない研究結果は、単に異なるグループの結果なのかもしれません。皆さんが一般的なタイプで、カフカやその他の偉人のような感受性を持っていないというのなら、カフェでの研究結果が応用できます。最寄りのスターバックスなどのカフェに出かけて席に着き、かすかな話し声が聞こえる中で、いつもの直線的思考から離れて思考を巡らせてみてください。

ささいなことで気が散ってしまうタイプで、生まれながらに創造的な才能があるとうタイプの人は、まず、集中力に問題があることは自分の革新的な才能に大きく関係があるかもしれないと自分を激励しましょう。そうすると、プルースト氏がしたようにコルクボードを壁にしたり、注意力の妨害を最小限に抑えるためにできることは全てやろうと思うでしょう。

ちょっとした周りの雑音は皆さんの想像力を高めますか、それとも妨げますか? 今自分自身に問いかけてみましょう。


Good News for the Easily Distractible|Inc.

Jessica Stillman(訳:コニャック
Photo by Tutti Frutti / Shutterstock.com.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.