• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,  07:00 PM

スノーボーダーから世界的グラフィックデザイナーに転身したアーロン・ドラプリンの仕事術

スノーボーダーから世界的グラフィックデザイナーに転身したアーロン・ドラプリンの仕事術

150410aaron_draplin.jpg


99u:ポートランドを本拠地とするデザイナー、アーロン・ドラプリン(Aaron Draplin)氏は、これまで幅広いプロジェクトを手掛けてきました。クライアント向けに一流のロゴマークを作ったり、大好きなバンドのグッズを開発するだけでなく、年に40日以上の講演を行い、デザイナーたちを熱狂させることもあります。

NikeやBurton、オバマ大統領といった有名クライアントとの仕事以外にも、自前のノートブランド(Field Notes)やデザイン会社(Draplin Design Company:DDC)も展開しており、ロゴデザイナーとしての仕事以外からも、同じだけの収益を上げています。

多忙なドラプリン氏ですが、いったいどうやってそれだけの仕事をこなしているのでしょうか。普段の仕事術をはじめ、これまでのキャリア、会社員からフリーに転身したきっかけなどを聞きました。


── コンピュータの前でロゴやプレゼンテーションを作るだけではなく、たくさんの仕事をされていますよね。どのように1年を組み立てているのですか?

ロゴ制作に関しては、ちょっとスピードを落としているところです。Field Notesは、月に2日ぐらい取り組んでいるかな。講演活動は時間がかかるけど、全米を飛び回るのは楽しいです。それに、飛行機の中でも仕事はできますからね。お酒に誘われることも多いけれど、僕はあまり飲みません。お酒は、もっと晩年のためにとっておこうかと。

だから、出先でもホテルに戻って仕事です。普段だったら、作業場に直行ですね。自分のField Notesにはいつも、たくさんのToDoが書いてあって、それを上からひとつずつやっつけていきます。トップに「ロゴ」と書いてあれば、それをやる。できるだけ、楽しんでやるようにしています。多くの人から、いつかはスピードを緩めるのかと聞かれます。たぶんそうだとは思いますが、どうしたらそうできるのか、今の僕にはわからなくて。


―― プロのデザイナーになると決めた経緯を教えてください。

僕のワイルドライフは、19歳の時にスタートしました。フルタイムでスノーボードをするため、ミシガン州を離れてオレゴン州のマウント・バチェラーにこもったんです。で、22歳の時、つまり4回目の冬に、ふと思ったんです。「これって、自分の人生にとって飛躍だったのかな?」って。

デザインが好きで、アラスカで仕事をしたこともありました。友人には、スノーボード会社でグラフィックを作っているやつらもいて。でも、彼らはみんなデザイン学校を出ていたんです。デザイン学校を出てないと、雇ってさえもらえないことを知りました。くだらなねぇと思いつつ、自分もデザイン学校に行くことに決めたんです。

2年間学校に行って何が良かったって、今こうしてデザインを語ってることです。学生生活は、ある面ではふわついていて、またある面ではエリートで、でも、ある面ではとても地に足がついていて。おかげで僕は、これで食っていきたいと思えるようになりました。心の準備が整ったんです。


―― 激しいスポーツの世界から転向したことは、あなたの審美眼に影響を与えていますか?

僕は、自分のしてきたことすべてが、何かの役に立ってると思うことにしてるんです。スノーボードをしていたおかげで、そうでなければできなかった物を作れていると思いますし。デザイナーはスタイルを持つことが必要ですが、クライアントから仕事をもらう場合、相手の望む物を作らないといけません。それが自分のスタイルに合っていればいいけれど、そうでなければ、新しい領域を開拓しなければならないのです。


―― フリーになる前に、スタジオで正社員として働いていたそうですが、それはどんな仕事でしたか?

ムダなミーティングとか、くだらないことが多すぎて、2年で十分でした。それは決して彼らのせいじゃなくて、ただのプロセスだっただけ。怖くなった僕は、「好きでもないシチュエーションに、これ以上身を置きたくない。もう飛び出そう」と思ったんです。毎朝9時に出勤して、19時半にこっそり抜け出す日々。こんなんじゃなくて、12時に来て、16時ぐらいには帰りたいなと。だから、独立しようと思いました。独立すれば、自由に1日を組み立てられるじゃないですか。


―― デザイン会社DDCのスタッフはどのような人たちで構成されていますか?

僕です! まあ、ガールフレンドのレイも、出荷を手伝ってくれてますけど、他はすべて僕1人でやっています。管理業務も、請求書発行も、小切手の換金も。実は、小切手の換金が大好きです! 口座管理や清掃作業など、すべての裏方作業も僕です。

では、どうしてデザインの仕事をするかって? もちろん、好きだからです。だからこそ、Field Notesや太線ポスターのような副業にも価値を置いています。じゃあ、ロゴを作るのは何のためって? そりゃ、儲かるからですよ!


―― 講演では、計画を忠実に守ることを勧めていますよね。あなた自身、最初は計画を持っていたのですか? 今でも計画はありますか?

計画といっても、こんな感じですよ。家賃は払えているか? 車のローンは? 保険代は? 全部払えているなら、「これ以上支払いがないってことは、すべてがポジティブだ」と思えるでしょう。このレベルの心の自由があれば、「ちょっといかしたポスターでも作ってみようかな。リスク? まあ、売れなければ、友達にでもあげればいいさ!」と思えるんです。そう思って作った物は、よく売れます。

そうしているうちに、あなたのように、「ちょっと話を聞かせて」って人がやってきます。で、気がついたら飛行機に乗っていて、プレゼンなんかしてたり。しかもそれが高い評価を受けるという。僕の初めての講演は、伝説のグラフィックデザイナー、David Carsonの代打でした。

講演ツアーで売るためのグッズを作る余裕も出てきて、これがまた受けて、これまでに180本の講演をしました。去年だけでも42本かな。この状況は、ある意味では怖いです。お金が入るのは嬉しいんだけど、ロゴを減らしてグッズ作りに時間を割かなければなりません。それはまったく計画外で、ある意味ハプニングとも言えるでしょう。


―― プロジェクトの成否はどうやって判断していますか?

クライアントの想いに答えられたか? クライアントに作品を気にってもらえたか? 自分は作品を気に入っているか? 状況に合っているか? クライアントは「伝えたいメッセージをうまく伝えられた」と思っているか? 結局のところ、クライアントはハッピーか? 以上です。


―― 自分のやり方をどの程度クライアントに押し通していますか?

いいロゴを作るコツを教えてあげましょう。それは、サイコーの物をクライアントに見せること。そりゃ、半端な物を納品して拒否されるのは仕方ありません。

でも、最大限の努力をして、素晴らしいものができたと思って納品したのに突き返された場合、もうそのクライアントとは付き合わない方が身のためです。それ以上は期待できませんから。2回同じことが繰り返されるようなら、「どうもあなたとは気が合わないようだ。これをやるぐらいだったら家に帰って昼寝でもしてるよ」と言ってその場を去りましょう。


―― 「Make a logo in 15 Minutes」という動画を公開されていますが、これはあなたの実際のプロセスにどの程度近いですか?



時には、スケッチ、スケッチ、スケッチ、スケッチ、スケッチ、スケッチ、またスケッチが必要になることもあります。相当な努力を要することもあるでしょう。強引さも必要かもしれません。つまり、必ずしもこの動画が現実に即しているとは言えませんが、通常のプロセスであることは確かです。あっという間にいいものができる時もあれば、何週間かかかることもあります。


―― 一部の専門家には気を付けろと言われていますよね。電話勧誘員、運輸保安官、スリ、馬泥棒、税務署員、そしてウェブデベロッパー。なぜ、ウェブデベロッパーなのですか?

もちろんジョークです。ウェブデベロッパーは、世界を引き継ごうとしています。明日にはなくなってしまうようなくだらないアプリだって、ウェブデベロッパーがすでに開発をしていて、それによってお金を得ています。

ウェブデベロッパーがグラフィックデザイナーに対して振りかざしている関係を、笑い飛ばすことができるでしょうか? 私はできます。なぜなら、カギを握っているのは彼らであり、彼らはそのカギをうまく使って、やりたいようにやれるのだから。ウェブデベロッパーの友人も、このジョークを好んでくれます。だって奴ら、それでたくさん儲けてるんだから。


―― 自分が大物になったと感じる瞬間はありますか?

Nikeのようなクライアントや、オバマさんの仕事をしたこともあります。でも、仕事が大きいと複雑になってしまうので、あまり後味がよくありません。それよりも、これまで積み重ねてきたあらゆる仕事のおかげで、家のローンを完済したとか、そういう時に一流になったと感じることができますね。

僕の中で、ソフトな感情の爆発みたいなものがあって。「好きなことをして生計を立てているなんてすばらしいことじゃないか。だから、それをムダにしちゃいけないんだ!」って、思ったんです。それは、1つの仕事で達成したことではなく、小さなステップの積み重ねなんですよね。


―― あなたと同じ道を進みたい若いデザイナーへのアドバイスをどうぞ。

この手の質問に答えるのは苦手です...。あえて言うなら、「戦略など存在しない。とにかく準備をしておいて、もらえる仕事すべてに感謝すること」ですかね。僕の仲間には、仕事がまったくない奴らもいて。そんな仲間を見てると、「ロゴの仕事を断ることなんかできやしない」って思うんです。だから、1つひとつの仕事に感謝するのみです。


Aaron Draplin: There Is No Battle Plan | 99u

Dave Benton(訳:堀込泰三)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.