• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  09:00 PM

肝心な時にスベらない「ユーモアのセンス」を育てる方法

肝心な時にスベらない「ユーモアのセンス」を育てる方法

150408humor.jpg


ユーモアのセンスを身につければ、人を楽しませることができます。また、ユーモアがあれば仕事のパフォーマンスも上がります(ただし、やり過ぎは禁物)。もしあなたが、いつもタイミングをはずしてしまう、とか、どうも自分には面白味が足りない、と感じているなら、この記事を読んでユーモアのセンスを育ててください。


ユーモアに没頭する


20150319-develphumor02.jpg


対象に没頭するほど、効果的に学習できます(例えば言語の学習)。ユーモアのセンスを磨くには、ユーモアに没頭することです。スタンドアップ・コメディーを見てください。面白いポッドキャストを聴いてください。ユーモアのある本を読んでください。世の中には面白いものがたくさんあります!

例えば、誰かのジョークを盗んで、自分で使ってみるのもあり。ベンジャミン・エレット氏(『Elements of Wit(ウィットの成分)』の著者)は、Viceのインタビューに答えて、こう言っています。「世の中には2種類の人間がいる。オウム人間とカササギ人間だ。他人のコトバを盗んでひたすら繰り返す人たちがいる。自らゴールドを探しに行く人たちもいる」

パクリは、プロのスタンダップ・コメディーの世界ではひんしゅくものですが、一般人がプロをパクるのは恥かしいことではありません。先へ進むための土台にするなら、なおOKです。作家のオスカー・ワイルドでさえパクリをしていました。エレット氏が、NPRのインタビューに答えて次のように話しています。


彼は興味深いケースだ。彼は作品の中でたくさんの盗み、借用、リサイクルを行っている。最も有名な作品の中でさえ、どこかで目にした台詞が見つかる。彼はいつも自分がやっていることに磨きをかけ、細かく調整していたんだ。そして、私が心から感嘆する事実は、ビクトリア朝時代のロンドン社交界という場所で、そうしたパーソナリティを通していたということだ。この男のおしゃべりはとても面白いけど、何かを成し遂げた人だっけ? 彼は社交界の有名人だった。現代で言えばカーダシアン家のような。しかし、その後、あんなにも偉大で価値のある作品を残した。


もしあなたが特に面白い人間ではないなら、誰かの話を借用すればいいでしょう(「このまえ面白い話を聴いたんだけど...」)。ユーモアに没頭すれば、レパートリーもすぐに広がるでしょう。とはいえ、もっと先へ進みたいなら、人のジョークを覚えるだけでは足りません。コメディアンたちのタイミングや話し方をよく観察することです。また、表情やしぐさにも注意を向けてください。そっくりまねをする必要はありませんが、よく見て学べば、自分のジョークにも応用できます。

この学習プロセスは意識的にも行われますが、無意識のうちにも進行します。脳内のミラーニューロンが、コメディアンたちのタイミングやボディーランゲージを勝手に学習してくれるのです。私はアジズ・アンサリのファンなんですが、友人から指摘されるまで、自分が彼の甲高い声をマネしているのに気づきませんでした。


ウイットは効かせて。下劣は避ける


20150319-develphumor03.jpg


即興でウィットを効かせられる人になりたいなら、エレット氏がWall Street Journalで訴えているように、内発的な創造性と、人を喜ばせるアイデアとをうまく組み合わせることが重要です。皮肉や下劣なジョークも笑えるかもしれませんが、ウィットのほうがはるかに優れています。

自分にはウィットが足りないと思うなら、ウィットを育てればいいのです。同じくViceのインタビューで、エレット氏は、「ジョージ・バーナード・ショーはもともと話すのがすごく下手で、シャープさのかけらもなかった。しかし、長い努力の結果、あのような素晴らしいウィットをもった人物になった。ウィットは学べるものだということが理解できれば、半分は成功している」と話しています。つまり、人は成長できるという考えを育む必要があるということです。

ウィットの難しさは、それが自然に出てこなくてはいけないことです。いつも誰かと気の利いた言葉をかけあえば、自ずとウィットも磨かれます。あなたと同じくらいウィットに関心がある人を見つけて、ウィットの「スパーリング・パートナー」になってもらいましょう。

余裕が出てきたら、現実の世界でもウィットを試してみます(夕食会、職場、コーヒーショップ、エレベーターの中、家族の集まりなど)。現実世界で試すとは、ウィットが自然に繰り出せるかを試すことでもあります。まだ慣れてなかったり、気後れを感じていると、タイミングよくウィットを飛ばすことは難しくなります。

下劣なユーモアなら簡単に言えるし、なかには笑ってくれる人もいるでしょう。しかし、それではすぐに飽きられてしまいます。また、下劣なユーモアはあなたを未熟な人に見せてしまうでしょう(職場ではあまりいいことではない)。人びとはボラット本人をあざけり笑っているのであって、彼のユーモアに笑わされているのではありません。(もっとも、ボラットみたいなキャラとして認められたくはないでしょうが)。とはいえ裏を返せば、下品でくだらないコメディーにもファンはつくということ。自分の聴衆がどんな人たちなのかをよく確かめてください。


自分にとって面白いことを大切にする


20150319-develphumor04.jpg


私たちはよく、人を喜ばせるためだけに何かを言うことがあります。友人や同僚の外見が変わっていたら、とりあえずお世辞を言います。また、相手が興味を持っていそうな話題をわざと持ち出したりします。しかし、面白い人になりたいなら、自分のユーモアのセンスを曲げてまで、人にサービスしてはいけません。自分にとって面白いことを大切にしてください。そして、ほかの人も面白がってくれそうだと思ったときに、それをシェアすればいいのです。

ウィル・ウィスター氏がQuoraで次のように書いていました。


仕事でコメディーをしたり、友人を笑わせるときには、まず自分が楽しむことがなにより重要です。人に媚を売るためにユーモアを使ってはいけません。そんなことをすれば、コメディアンの世界ではヘボと言われてしまいます。


あなたが最も面白い人間になるのは、自分が面白がれるものを見つけたときです。まずそこから始めるべきであり、ほかの人の意見を気にするのはその後です。

もっとも、自分のユーモアのセンスを大切にすべきとはいっても、聴衆や状況のことを考えなくていいわけではありません。どんなに抱腹絶倒ものの面白いジョークでも、間違った状況で言えば、悪趣味な冗談にしか聴こえません。 こうした観察力と自制心を鍛えることが、もうひとつの課題となります。


タイミングと聴衆に配慮する


20150319-develphumor05.jpg


年がら年中面白い人である必要はありません。自分自身にそんな要求をしないでください。また、人にもそんな期待をもたせないことです。面白いことを言わなくちゃと焦っている自分に気づいたら、スローダウンしてください。

人から借用したジョークだとしても、口に出すときには少しスローダウンしましょう。頭のなかで「おちでしくじるな、おちでしくじるな、おちでしくじるな」と唱えていては良い結果は出ません。単純にゆっくり話すだけでも、つっかえたりするリスクを減らせます。話す速度をいつもの60〜70%くらいに落としてみてください。文の区切りごとに一息つきます。そして、狙ったとおりの反応があるか観察してください。

また、作家のキャロル・バーネットが言うとおり、「喜劇とは、悲劇プラス時間」だということも覚えておきましょう。悲劇的な事件を話題にするときは、聴衆のことをよく考えて、十分な時間(とはいえ長すぎない)が経過し、その話題で悲しんだり、脅かされたりする人が出ないよう、気を配ってください。もっとも、自分だけに起きた悲劇をネタにするなら、人を傷つける心配はほとんどないでしょう。

専門誌『Social Psychological & Personality Science』に掲載された研究は、タイミングと「笑いのスイートスポット」の関係を調査しています。


時間の経過が、笑いのスイートスポットを作り出します。その悲劇的事件から、十分な心理的距離がとられ、いくぶん恐怖心が和らいでいて、とはいえ、まったく怖くもなんともないというほどには離れていないとき、笑いのスイートスポットが生まれます。


ジョークに前置きや事前告知は不要です。いきなり口に出せばいいのです。ただし、何を話題にするかには気を配ってください。面白いネタを見つけたとしても、それが周りの誰かを傷つけるものなら、良いユーモアとはいえません(もし、あなたが下劣なジョークの犠牲者になっているなら、対処法がこちらにあります)。

一度何かを口にすれば、それは公のものとなります。自分自身をネタにすれば、笑わせることができるし、他者を傷つけることもありません。次に何か面白いことを思いついたら、こう自問してください。このネタで誰かが傷つかないか? タイミングは間違っていないか?


ジョークをひっこめる時を知る


20150319-develphumor06.jpg


つまらない話を延々と聞かされるほど嫌なことはありません。とはいえ、話の内容そのものは悪くない場合もあります。聞かせる相手を間違えたか、タイミングが悪いだけかもしれません。あるいは、緊張していて、うまく言えなかっただけかもしれません。いずれにせよ、どうもうけないと感じたら、深追いは避けてください。いっそのこと、自分でとどめを刺してください。

状況次第では、そこから挽回することも可能です。コメディアンのミッチ・ヘドバーグは、つまらないジョークを言ってしまったあと、次のように逆転を狙います。


私は大学に行かなかったのですが、もし行っていたら、すべての試験をレストランで受けたと思います。なぜなら、「顧客は常に正しい」からです! (聴衆はシーン...) オーライ、オーライ。このジョークは、みなさんが思っているより面白いんですけどね。まあ、面白くないかもしれませんが。たぶん、つまんないんでしょう。ええ、そうでしょう。わかってますよ、俺は天才なんかじゃないってこと、でもね、わかってくれますか? 俺はジョークを言いたかっただけなんだ! ちくしょう、お前らいった何様のつもりなんだァァ...。えーと、今のはCDの14番目のトラックになります。タイトルは「Attitude」です。

※ 編集部補足:

・冒頭のジョークについて:「顧客は常に正しい → 自分はレストランの客だ → 自分は常に正しい → 試験はいつでも満点」という理屈。
・最後のジョークについて:Attitude = 態度。「エラそうな態度」という意味もある。おそらく、ジョークCDを録音しているという設定。


毎回毎回、大爆笑をとる必要はありません。うけそうもないと感じたら、ジョークの途中でもひっこめましょう。「実はいま面白いことを言おうとしたんだけど、そうでもないみたいだからやめとくわ」。ちょっと不格好な終わり方だし、プライドも傷つくかもしれませんが、聴く人の時間や忍耐力を浪費するのは避けられます。長い目で見れば、周囲もあなたのセンスを評価するでしょう。なので、うけないジョークはいさぎよく引っ込めてください。


Herbert Lui(原文/訳:伊藤貴之)
Illustration by Tina Mailhot-Roberge. Photos byJeremy Cantelli, The U.S. Army, nosha,23am.com, and Alex Gaylon and Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.