• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  09:00 AM

将来お金に困らないために、今すぐ始めるべき貯蓄の基本4つ

将来お金に困らないために、今すぐ始めるべき貯蓄の基本4つ

150319_BuildWealth_01.jpg


貯蓄なんてシンプルです。決して誰にでもできる簡単なことではありませんが、シンプルなものです。誰もがもっとお金が欲しいと思っているでしょうが、長期的に経済的に自立するための近道というのはありません。貯蓄には、以下に挙げるこの4つの基本しか方法はないのです。


1. 支出を減らす


まずは、一番コントロールしやすいことから始めましょう。自分ではそう思わないかもしれませんが、ほとんどの人は支出を減らすことができます。私の知っている貧しい国に旅行した人は全員、自分たちがいかに良い暮らしをしているかということにショックを受けて帰ってきています。たとえ自分はそんなにたくさん物を持っていないと思っていても、世界中の何十億という人たちと比べると、贅沢な暮らしをしています。

消費のほとんどは、社会的なプレッシャーや、広告に煽られたり、単純に「これなら買える」と考えて買っているものです。購入に至る前に、「これを買ったら、今から20年間どれくらい自分は豊かになるか?」という大事な質問をするのを忘れています。

経済的に豊かな人たちに共通しているのは、稼ぐ以上に使わないということです。収入よりも支出を少なくするために、やめた方がいいものが何かありますか? 支出の内訳を見て探しましょう。金遣いが荒くても、金欠でも、すべての人に予算が必要です。

収入よりも支出が減るまでは、どんな方法でもいいので支出を削りましょう。でなければ、貯蓄はできません。ヘティ・グリーン(19世紀末、世界一資産を持つ女性であったが「世界一のケチ」としてギネスにも公認された)のように極端にケチなる必要はありませんが、収入よりも支出を減らすために、何かを買う時には熟慮をすることが、長い目で見て経済的に自立するための大事な一歩です。


2. 収入を増やす


貯蓄を増やすもっとわかりやすい方法は、もちろん収入を増やすことですが、これはかなり大変です。お金を稼ぐチャンスはあっても、そんなに簡単には稼げませんし、支出のように完全に自分でコントロールできるものでもありません。

もっと収入を増やすためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

  • 昇給を願い出る
    「求めよ、さらば与えられん」です。4~5年前であれば、世間の経済状況的にも昇給を願い出るのは厳しかったと思います。しかし、今ならチャンスはかなりあります。できるだけ昇給の可能性を上げるためにも、この記事を読んで準備はしっかりとしていきましょう。
  • 副業をする
    例えば、IT関係の仕事をしている人なら、週末や帰宅後にできる副業的な仕事を見つけられるのではないでしょうか。
  • 転売する
    中古の車や自転車、冷蔵庫、その他製品を買い、ヒマな時に修理をして売れば、お小遣い程度のお金は入ってきます。そして次の可能性にもつながるかもしれません。
  • ビジネスを始める
    誰かの家のガレージや地下室で、帰宅後の時間を利用して起業した人も多いです。趣味からビジネスを始めるのがいいかもしれません。eBayなどの通販・オークションサイトで、自分が作ったり安く買ったものを売ってみましょう。
  • 教える
    何か得意なことがあるなら、お金を払ってでもそれを学びたいという人はたくさんいるはずです。地元の大学やコミュニティセンターのようなところで、平日の夕方などにやっている教育プログラムで、教師を募集していないか見てみましょう。

ここにあげたのはほんの一例です。他にも自分に合ったアイデアが思いつくかもしれません。収入を増やすのは、貯蓄を増やす一番シンプルな方法です。ただし、何度も言うように「シンプル」だけれど「簡単」ではありません。他にも仕事を増やすということは、もっと働くということです。しかし「意志あるところに道は開ける」とも言いますから、がんばりましょう。


3. 借金を返済する


借金は火と同じようなものです。それを使って多くのことができるけれど、それに殺されることもあります。風向きによって方向が変わることもあれば、些細なことで悪いことにつながったりもします。借金というのはかなり便利でもありますが、ほとんどの人は危険性に気付いていません。この大不況で、何千万もの人が家を失ったと証言しています。

例えば、毎月5万円貯金をしたら、300万円の車を現金で買えるのは5年後です。しかし、借金をすれば今車を買えて、支払いは毎月5万円ちょっとです。一番の違いは、車を手に入れられる日にちです。

別の言い方をすると、借金とはお金として表れた我慢の無さです。

借金には2つの問題があります。毎月貯金できたかもしれないお金を、結局利子として失うことになります。確かに、今の時代であれば利子は大したことありませんが、原則というのは普遍的なものです。短気は損気、貯蓄でも割を食います。

次に、貯金をしていれば、解雇や病気や怪我、身内の不幸、災害など良くないことがあった時も、貯金を切り崩せば必要な費用を工面できます。借金ではそれができません。銀行は、毎月全額支払うように主張します。破産する原因は借金以外にはありません。借金をしなければ破産はしません。

アラスカの辺境地を飛ぶパイロットの間では、「年老いたパイロットも勇敢なパイロットもいるが、年老いた勇敢なパイロットはいない」と言われています。単刀直入に言うと、リスクを負う人は生き残れないということです。同じ原則が貯蓄にも当てはまります。借金ほど大きな経済的リスクはありません。大富豪として知られる実業家のドナルド・トランプ氏は帝国を築き上げるのに借金を利用しましたが、不況になった時にすべてが無くなりました。かろうじて生き残った後は、借金をせずに自分の名前で取引をしました。教訓としては、これから新しい借金はしないことです。すでに借金があるなら、すぐにそれを返済し始めましょう。


4. 投資する


自分のやっていること(仕事)と自分の持っているもの、どちらからもお金を得ることはできます。退職すると、自分の持っているものだけで生活をしなければならなくなるので、退職後の蓄えができるまで仕事を辞めることはできません。余程の金持ちの家に生まれたということでもなければ、退職後に十分生活できるだけの蓄えをする方法は、投資しかありません。投資を始めるなら、早ければ早いほど良いです。

良い仕事をしようとしない限り、職場のヒエラルキーの最下層から脱け出すことはできませんよね? 投資というのは、自分の"もうひとつの仕事"です。現実から目をそらし続けて、投資しなくても生きていけると思い込むという選択肢もありますが、それが嫌なら、自分の将来は投資にかかっているのだということを認識して、どうすればいいのかを学びましょう。

まずは、仕事を始めたばかりの初心者が経験を積んでいくのと同じように、投資もシンプルで基本的なものから始めてみましょう。やっていくうちに、段々と上級者向けの内容もわかってきます。投資のアドバイスで一番大事なことは、今すぐ始めることです。投資オタクみたいになる必要はありません。ただ、始めるなら早いほうが良いと思います。



ここに書いたことはすでに知っていたという人も多いでしょうし、ほとんどの人がやっていることでしょう。しかし、ここに書いたことが、他の何よりも大事な原則だと気付いている人は少ないです。すべてをやるのは簡単なことではありませんが、経済的な自由を得られるほどの貯蓄をするには、他に方法はありません。


William Cowie(原文/訳:的野裕子)

Photo by Chaiwut Siriphithakwong (Shutterstock).

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.