• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  10:00 PM

起業家、自営業、フリーランスが自分に合ったワークライフバランスを見つける方法

起業家、自営業、フリーランスが自分に合ったワークライフバランスを見つける方法

150404entrepreneur.jpg


私は起業家の仕事が好きです。自分が何をするか、いつどうやってそれをするかを選ぶ自由があります。しかし、すべてのコインには表と裏があります。起業家に、ワークライフバランスはあってないようなものです。

起業家は、普通の会社員よりも長時間ハードに働くことが多いです。9〜5時の定時も、週末も、休暇の保証もありません。起業家というのは、赤字を出さずになんとかやっていくためだけに、人生のある部分を犠牲にしなければならないことで有名です。

Exist」というサービスを使って、会社の創業者やフリーランスがワークライフバランスを測っていますが、これまでのところ起業家は日々のワークライフバランスを保つのに苦心しています。苦しんでいるのは私だけではないでしょうから、他の起業家が生活や人生のあらゆるものを、どのようにバランスを取っているのか知りたくなりました。調べて明らかになったことは、起業家だけでなく誰にでも、1つや2つは役に立つものではないかと思います。


ワークライフバランスとはどのようなものか?


私は、ワークライフバランスは人によって違うと思っています。できるだけたくさん働きたいと思っている人もいれば、働くのは最小限にして、残りの時間は家族や友だちと過ごしたり、趣味の時間にしたいと思っている人もいます。

独立系のデベロッパーのJohn Saddingtonさんにとっては、毎日仕事と遊びの時間がどちらもあるのが完璧なワークライフバランスです。Saddingtonさんは、毎日のルーティンに余暇の時間(読書、映画鑑賞、子供と遊ぶなどの時間)を組み込み、休暇中も働き続けます。

Saddingtonさんは、誰にでも合うやり方ではないだろうけど、自分にはこれがいいのだと言います。彼は仕事も十分楽しんでいるので、余暇の時間は仕事の後のお楽しみというより、仕事のための準備のようなものなのです。


余暇は仕事をがんばったご褒美ではなく、その反対の方がいいと思います。仕事は、体と心、自分個人の人生に必要なすべての時間を使うための報酬であるべきです。


Shoptiquesの創業者のOlga Vidishevaさんは、自分と自分の会社を同一視して、ストレスになったり自信を無くしたことがあり、その経験から学びました。自分の会社は、自分という人間とは別物だと考えることを、時間をかけて学びました。今は会社の成功も失敗も、自分の自尊心や自信には直接影響がありません。

彼女は、こう考えられるようになってから、会社がうまく行っていない時でも熟睡できるようになったと言っています。

【まとめ】

  • 働く日と休む日を分けるだけでなく、毎日仕事と遊びを取り入れてワークライフバランスを取っている人もいる。

  • 仕事は、仕事以外のすべての人生を大切にするための報酬だとも考えられる。

  • 仕事と自分を同一視すると、1日の終わりに仕事から離れられなくなる。仕事は自分の延長というより、自分の一部だと考えるようにする。


家族との時間


多くの起業家にとって、会社の経営と並行して家族とコミュニケーションを取るのが、ワークライフバランスの中でも一番悩ましいものです。

YouMailの創業者Alex Quiliciさんは、子どもを車で学校に送るというようなどんな短い時間でも、家族と過ごす時はその時間にしっかりと向き合うことを勧めています。「子どもと遊ぶ時は携帯の電源も完全に切ります。その間は仕事のことは考えません。濃密な時間は本当に価値があります」

またQuiliciさんは、起業家の場合、家族に自分のやっていることを見せるのもいいと言います。


自分のつくっている製品を、家族にも使ってもらいます。それを見たり感じたりすると、仕事に対してより理解してくれるようになります。


Xirrusの創業者Dirk Gatesさんは、時間を短縮するだけで、家族と休暇過ごしている時も仕事をします。1日12〜16時間ではなくとも、休暇中も4〜6時間働くので、家族と過ごしながら仕事も対応できます。

Hotel Tonighの創業者Sam Shankさんは、子どもと過ごす時はその瞬間を味わうようにし、それぞれの子どもにきちんと向き合うようにしています。また、会社に連れて来たり、Hotel TonightのTシャツを着せたり、毎晩夕食の席でその日にあったことを話したりします。

【まとめ】

  • 家族と過ごす時は携帯の電源を切る。

  • 会社の製品を使ってもらう、家に帰ったらその日の仕事のことを話すなど、家族も仕事に巻き込むようにすると、自分たちもその一部だと思うようになる。

  • 家族が寝静まった後で数時間仕事をすれば、起きている時間は家族と過ごせるなど、休暇や家族と過ごす時間とのバランスを取る方法を見つける。


副業や趣味


Justin Jacksoさんは、副業をすることをかなり推奨している一人です。しかし、人生とは複雑なものなので、副業が本業の妨げになることもあるとわかっています。

Jacksoさんは、副業で熱心にポッドキャストを配信しているので、思っているほど副業は簡単ではないこともあると言っているのを聞くのは、なかなかおもしろいです。Jacksoさんは、健康や人間関係を大事にするために、自分で締め切りを設けた方がいいとも考えています。


結局のところ、自分がつくろうとしている仕事よりも人間関係の方が大事です。できる社員を育てるために、友情を犠牲にしないようにしましょう。


Jacksoさんは生活の中で、友だちや家族、同僚などにかなり重きを置いています。特に、直接会える人には、できるだけ会うようにしています。


"現実世界"について考えた時に、地元のサポートに勝るものはありません。実際に家に立ち寄って、手を差し伸べ、励まし、話を聞いてくれる友だちが必要です。


またJacksoさんは、副業を大量に抱えて疲れ果ててしまわないように、特別なやり方をしています。クリエイティブなエネルギーは80%までしか使わないように働いているのです。昔、人生のあらゆることに110%のエネルギーを使って、疲れ果ててうつ病になってしまった過去の経験から学びました。


私は、危機的状況に対処する余裕がどこにもなかったのです。手がけていた仕事すべてが回らなくなりました。人生で初めてうつ病を体験しました。


今では、危機的状況になった時も対応できるように、仕事にどの程度のエネルギーを使うか制限しており、これまで以上にうまく仕事ができています。

【まとめ】

  • 自分の時間すべてを仕事に費やして人間関係を犠牲にしない。死の床に瀕しても、もっと仕事に時間を使えばよかったと悔やむ人はいない。

  • 常に少し余裕を持つ。常にすべてのエネルギーを使っていては長続きしない。何か問題が起こった時のために、余力を少し残しておくこと。


働き過ぎの罠


Jason Zookさんの経験は、働き過ぎの極端な例です。Zookさんの会社IWearYourShirtでは、1年間毎日働かなければなりませんでした。毎日働くだけでなく、毎日新しいクリエイティブなアイデアも出さなければなりませんでした。(毎日違う会社の動画をつくるのが仕事でした)

Zookさんが過労で燃え尽きたと聞いても当然だと思うでしょう。Zookさんは、土曜日を休みにしようと決めるまで、2年以上も休みなく素晴らしい仕事を生み出していたのです。しかし、それでは足りませんでした。


730日以上も休みなく働いた後だったので、週1日の休みでは、自分のバッテリーを完全にチャージできなかったのです。それに、土曜日は人よりも上にいくために使おうとしていたので、結局仕事をしているようなものでした......。


2013年 IWearYourShirtを完全に廃業して、Zookさんはやっと自分に必要なのは休みだということに気付きました。睡眠障害を抱えており、新しいアイデアを出すのにも苦心し、エネルギーが足りずチャンスをものにできませんでした。

Zookさんの忠告は、失敗から学ぶこと、1年間毎日何かを生み出さなければならないようなビジネスはつくらないことです。


(起業家である)あなたが間違いなくビジネスの要となりますが(サービスプロバイダー、デザイナー、デベロッパーなどの場合は特に)、あなたがいなくても回るシステムにした方がいいでしょう。


燃え尽きてしまっても良いことは何1つありません。そこから回復するのに多くの時間とエネルギーが必要になるだけです。今、休んで回復する時間があるなら、長い目で見ればそうした方がいいです。

私は、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』のうちのひとつ「刃を研ぐ」を思い出しました。この本の考え方に長い間影響を受けてきましたが、今でも一番よく読み返すのがこの章です。「刃を研ぐ」の考え方というのは、切れ味の悪いノコギリで木を切るくらいなら、時間をかけてノコギリを研いだ方が、そのまま切り続けるよりも早く仕事が終わるというものです。つまり、疲れて能率が落ちている時は、休みなく働き続けるよりも、休んで回復した方がいいということです。

【まとめ】

  • 休息する時間をつくる。疲れ果てたり、燃え尽きたりする前に、立ち止まって休んだ方が、長い目で見れば時間を節約できる。

  • 休みが取れるようなやり方でビジネスを興す。

結局、自分や自分の大事な人たちがもっと良い人生を送ることができるように、仕事をしているのです。そう考えるからこそ、未来の幸せのために今の幸せをないがしろにしがちです。しかし、疲れ果てるほど働くことに費やした時間は永遠に戻ってこない、というのが悲しいかな現実です。

自分に合ったワークライスバランスを見つけるには、多少試行錯誤が必要でしょう。しかし、休みなく毎日働かない、仕事のせいで健康と人間関係を疎かにしない、自尊心とビジネスの成功は切り分けて考えるようにするなど、先人たちの失敗から学ぶことはできます。できるだけ参考にしてみてください。


How to find work/life balance as an entrepreneur|Inc.

Belle Beth Cooper(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.