• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

グラス2杯のお酒を飲むと、見た目の印象がアップする:研究結果

グラス2杯のお酒を飲むと、見た目の印象がアップする:研究結果

150403having_a_couple_drinks.jpg


ビール・ゴーグル効果」という言葉を知っていますか? これは「お酒を飲んでいる時は、一緒にいる相手が魅力的に見えてくる」という現象を指します。皆さんにも心当たりがありますよね。

さて、最近の研究によって、これとは逆に「お酒を飲んでいる人は、一緒にいる相手から見て魅力的に映る」可能性もあることが明らかになりました。ただし、これは飲んだお酒が2杯程度の場合。それ以上酔っぱらってしまうと、むしろ逆効果だそうです。


この研究は、英ブリストル大学豪マッコーリー大学の研究者らが共同で行ったもので、専門誌『Alcohol and Alcoholism』に掲載されました

研究では、あらかじめ選別をした被験者に対し、自分の写真を3枚撮ってくるよう依頼しました。1枚目は完全にしらふの状態で、2枚目はワインをグラス2杯ほど飲んだ段階、3枚目はグラス4杯ほど(フルボトルの3分の2程度)飲んだあとで、それぞれ撮影してもらいました。これらの写真を別のグループの被験者に見てもらい、同じ人を写した複数の写真のうち、どれが1番魅力的かを決めてもらいました。

その結果、たいていの人は、被験者がグラス2杯ほどのワインを飲んだあとで撮影した写真が、もっとも魅力的に見えると答えました。研究主任のJana Van Den Abbeele氏はこの結果について、2つの要素が影響していると考えています。

1つは、アルコールを摂取したあとは顔が紅潮するので、お肌が健康的に見えるということ。もう1つは、どことなく笑みが浮かんだり、表情筋の緊張がほぐれたりして、ポジティブな雰囲気が増すことです。

ただし大事なことが1つ。グラス4杯飲んだあとの写真は、被験者による評価がもっとも低く、しらふの写真の方がまだ良いと判断されています。

というわけで、パーティやバーで自分をできるだけ良く見せたい時は、アルコールを1、2杯は口にしましょう。緊張がほぐれます。でも、それ以上は禁物です。

アルコールは私たちの体と頭にさまざまな不思議な効果をおよぼすので、どんな影響が出るかは自分で把握しておきましょう。今回の研究の方法などの詳細は、以下のリンクから確認できます。

Increased Facial Attractiveness Following Moderate, but not High, Alcohol Consumption | the journal Alcohol and Alcoholism, Oxford University Press via PsyBlog


Patrick Allan(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.