• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 PM

10人目のルール:抜け目のない計画を作る知恵

10人目のルール:抜け目のない計画を作る知恵

150327man.jpg


どれだけ自分の計画がしっかりとしているように見えても、常に誰かに反対意見を出してもらうことで、計画をより強固なものにできます。


完璧な計画などあり​​ませんが、だからといって、できるだけ多くの穴をふさごうとする必要がないわけではないでしょう。「10人目のルール(The 10th man rule)」は、会社のシステムやセキュリティの弱点を見つけるために人を雇うのと同じような役目を果たします。自分がまとめようとしている計画がどんなものであろうとも、他の人にうまくいきそうにない点を意図的に指摘してもらうのです。これについて、ITS Tactical のMatthew Sharp氏は、次のように説明をしています:


「10人目のルール(The 10th man rule)」とは、もし9人が完全に戦略や計画が正しいと同意する場合であっても、10人目はそれを覆す考察をする必要がある、というルールです。集団思考の落とし穴を避けるために、考案されたルールなのです。(中略)もし、人生で、新しい場所に引っ越しをしようとしていたり、新しいキャリアを選択しようとしていたり、もしくは他の大きな決定をくだそうとしているのであれば、自分が観察したものや情報収集したものに基づいて計画を立ててください。しかし、その情報に基づいて行動する前に、部外者に自分の計画を検討してもらいましょう。


自分の中で反対意見を持つようにするのも効果的ですが、大変難しいことです。他人の方が簡単に問題を指摘できることもあります。「10人目のルール」は、いつでも好きな状況で使用することができます。計画を立てている最中でもです。実際には、10人も必要としません。数人の友人と車で小旅行を計画しているなら、誰かに「10人目」の 仕事の割り当てればいいのです。大きな人生の決断を下そうとしているなら、誰か信頼のおける人に、個人的な「10人目」となってもらい、弱点を突いてくれるよう頼めばいいのです。効果的な計画は、戦略と繰り返しにつきます。計画が岩のように頑丈になるまで、穴を見つけては塞ぐという作業を繰り返すのです。


Red Teaming and the Adversarial Mindset: Have a Plan, Backup Plan, and Escape Plan|ITS Tactical

Patrick Allan(原文/訳:コニャック
Photo by Michael Coghlan.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.