• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄傍島康雄  - ,  01:00 PM

軽自動車税、7200円→10800円に増税へ(2015年4月1日より)

軽自動車税、7200円→10800円に増税へ(2015年4月1日より)

150331motor_tax.jpg


ホンダの軽スポーツ「S660」が登場したかと思えば、ダイハツの全高1,835mmもある「ウェイク」が登場するなど、軽自動車のカテゴリには、さまざまなニーズに応えられるクルマが存在しており、日本が世界に誇れる自動車のカテゴリといえるかもしれません。

このように、さまざまなクルマが数多くあることも軽自動車の魅力ですが、燃費が良く、普通車と比較すると税負担が軽く維持費が安いことも魅力です。たとえば、地方では、ショッピングモールの駐車場は軽自動車ばかりというのは、よく見る光景です。

いろいろな意味で、乗り物以上の存在でもある軽自動車の自動車税が、4月から増税されることをご存じでしょうか。「えっ!」知らなかったと言う方もいるかもしれないので、おさらいも兼ねてご紹介します。


いくら増税なの?


軽自動車税は、自家用であれば7,200円/年でした。しかし、2015年4月1日以降に新車登録される車両に限り10,800円/年に増税されます。既存の車両は、増税対象にならないので、既存ユーザーはひと安心と言ったところでしょうか。ただし、2016年4月1日以降からは、新車登録から13年経過した車両には、これまで軽自動車に課せられてなかった自動車重量税(乗用・自家用は12,900円)が課せられることになります。


普通車と税負担の違い


先で紹介したように、軽自動車は10,800円/年の税負担です。

これが、普通車になると排気量で異なりますが、1.5Lまでのクルマであれば、34,500円/年となります。普通車は、車両重量に応じて重量税が課せられることになるので、この分も負担が必要です。私のように、好きになるクルマがエコカーでない難儀な人の場合、8万円/年程度の負担になることもあります。


クルマは税金だらけ...「2台目から減税」とか、どうですか


たとえば、自動車取得税なるものも存在していますし、燃料のガソリンにもガソリン税なるものが設定されています。ため息が出るほどです。

諸外国の税制と比較して日本の自動車税云々は、社会構造が違うのでとやかく言いませんが、国の主要産業が自動車とは思えないくらい、クルマの所有者には厳しい国のように感じます。楽しくて、ユニークなクルマを生み出す生産国で生活しているので、もう少し気兼ねなく、末永く愛車と付き合える措置を望みたいところ。たとえば、2台目から所有は税負担が50%減税とか、検討しはじめていただけませんでしょうかね。


平成26年度税制改正結果概要(車体課税関係)(PDFファイル)|国土交通省

(傍島康雄)
Photo by バイク便八王子立川所沢

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.