• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  06:00 PM

心地良さに安住することが成功を妨げる

心地良さに安住することが成功を妨げる

150330comfortable_isnt_good.jpg


Pick The Brain:誰にとっても生活は心地良いと感じられるものであるべきですよね?

この問いに対する回答が「Yes」であることに異論を挟む人は多くないと思います。いうまでもなく、誰もが快適な生活を送る権利があります。しかし、快適な暮らしというものは、皆さんの目標が何であれ、それに向かうことを阻む要因となってしまうことが多いのです。

心地良い状態に安住するということは、必要だと思うことを成し遂げたり、仕事や生活全般において自分を成長させる目標を追うことに関心がないことを意味します。

あなたが心地よい状態に満足していて、今のライフタイルを変えたくないのなら、これ以上読み進める必要はありません。

しかし、より成長したいという目標を持ち、夢を追いたいと思っているのであれば、ゴールとして設定したすべての目標を達成するまで、決して心地いい状態にい続けてはいけません。その理由を次の4つにまとめました。


1.向上心を失くす


NBA(National Basketball Association)選手のレブロン・ジェームズは、あるインタビューで次のように言いました。


俺はアクロン出身で、クリーブランド・キャバリアーズでプロとしてプレイしていた頃も、そこに住んでいた。ホームグラウンドで何でも知っている気になっていたし、すっかり有名人になっていた。本当に何もかもが俺にとって快適で居心地が良かった。だからこそ、そこから出て、あえて居心地の悪い環境に行く必要があったんだ。


彼はその後、クリーブランド・キャバリアーズを脱退してマイアミ・ヒートに移籍する決心をし、スーパースターへの階段を駆け上がっていくことになります。

皆さんは、レブロンがクリーブランド・キャバリアーズでプレイしていた頃に持っていたのと同じようなジレンマに苦しんでいるかもしれません。彼は、当時においても王者としてトップに君臨しており、心地良い状態にいたはずです。しかし、その心地良さゆえに、より上を目指そうという気持ち、つまり向上心を失くしてしまいました。

もしかすると、皆さんも同じ状態にいるのかもしれません。毎日家に帰ってソファに寝転び、いつも同じ人と話をして、同じような本を読み、いつもの番組を見たりと、快適ではあるけれど毎日同じようなことを繰り返す日々を受け入れてしまっているかもしれません。

しかし、そのような日々の繰り返しに甘んじていることこそが、自分の生活を変えたり、目標を追うための新しい方法を探すことの妨げとなってしまうのです。向上心を持ち続けていなければ、能力は落ちてしまいます。


2.考えることを止めてしまう


快適な状態にいる生活の中で、何かを真剣に考えることがあるでしょうか? 多分、あまりないでしょう。誰も連続ドラマの録画を見ながら食べる柿の種の味について、深く考えたりはしないでしょう。

考えるということは、人間を万物の霊長たらしめる重要な行為なのです。私たちには、問題を解決し、物事を革新し、創造し、計画を立て、人を楽しませるために物事を考え、いろいろな感情を経験する能力が備わっているのです。しかし、多くの人は、ひとたび快適すぎる状態に浸かり切ると、考えるのをやめてしまいます。

考えるという行為は、辛いものです。なぜテレビ番組やインターネットといった、手軽に刺激を受けられるものがあるのに、わざわざ苦労をして考える必要があるでしょう? 

しかし、人は考えることによって成功に近づくことができます。もし今のあなたが将来の計画や成功への戦略、すべての目標をどのように追って行くべきかについて、順序立てて明確に考えることができないのであれば、成功にはほど遠いでしょう。また、目標を常に24時間、心に留めていられないのなら、そもそも的確な優先順位づけができていない可能性があります。


3.やる気を失う


たとえば今のあなたには、仕事があって、家や車があり、愛する彼女か妻がいて、日々の食事に困ることもありません。実に快適な生活だと言えます。人にとって必要なものがすべてそろっているのに、なぜそれ以上の何かを追い求める必要があるのでしょうか?

これが、ビル・ゲイツ、レブロン・ジェームズ、アイザック・ニュートンといった、歴史に名を残すほどになるまで上を目指し続けた人と一般人との違いです。

やる気を起こすだけでも難しいことですが、やる気を保つのは、さらに難しいことです。ましてや、ただ快適な環境に甘んじている状態であれば、やる気や情熱を保つことはより一層難しくなります。しかし、その殻を破ってでもやる気を保ち続けることができれば、多くの人が何かしらの成果を達成できるでしょう。

あなたの目標を明確に定義し、具体的に書き出して、周りの人に目標を伝えるようにしてください。表面的な面だけを見て、やる気について、くよくよと考えないでください。心の奥底を探って社会や周りの人ではなく自分にとってそれがなぜ重要かという理由を見つけてください。


やる気を起こし、それを保つためのヒント
・前向きな人と一緒にいましょう。
・毎日、1つずつ新しいことを試してみて、生活を面白いものにしてください。
・常に好奇心を持ち、あらゆることに関心を持ってください。
・インターネットを使ってやる気が起こるような動画、ブログ、投稿などを見つけてください。
・目標を書き出してくださいと言いましたね? 本当にそうしてみてください。
・それでも毎日目標に重点を置くことができないのであれば、いっそのこと止めてしまいましょう。


4.目標を見失う


これはよく聞く言葉なので、すでに誰かから聞いたことがあるかもしれませんが、もし成功の鍵というものがあるとしたら、「目標を持ち続けること」がそれにあたります。

目標を持たずに生きることは、目的地もなく漫然と終わらないドライブをするようなものです。しばらくは楽しいかもしれませんが、最終的にはガス欠となり、どこへ続くかもわからない道の真ん中で立ち往生することになるでしょう。ですから、まずは目標を紙に書いてください。


まとめ
・常に目標を意識するようにしてください。
・毎日達成しなければならない目標を持っていれば、快適な状態に安住することはありません。
・懸命に目標に向かって働くことは、安らかな人生の正反対です。
・毎日目標に取り組み記録を取ってください。


快適な状態にいることは、楽しいかもしれませんが、これは夢も取り組むべき目標もない人のためのライフスタイルです。達成したい目標がある人が最もしてはいけないことは、寝転がったり昼寝をしたりすることです。成功への道は茨の道です。そうでなければ誰でも億万長者になっているでしょう。


4 Reasons Why Being Comfortable Isn't a Good Thing|Pick The Brain

Rick Grimes(原文/訳:Conyac
Domenic Gareri / Shutterstock.com

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.