• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

yamasaki  - ,,,  11:00 AM

よく知っている会社はむしろ投資するな!?~マネーハック心理学27

よく知っている会社はむしろ投資するな!?~マネーハック心理学27

150329moneyhack_27.jpg


FP山崎(@yam_syun)です。「日経電子版」に週刊連載していた記事をまとめた『20代から読んでおきたいお金のトリセツ!』というムック本が発売されています。もしよければ書店で手に取ってみてください。もちろんAmazonで買っていただければ著者は喜びます。

さて、人間の非合理性を経済学にも応用した行動ファイナンスのエッセンスを、楽しくおもしろい「お金と投資に関する読み物」としてご紹介するマネーハック心理学。今回は「よく知っている会社に投資する注意点」を考えてみます。


「知っている会社の株を買え」とよく言うが、正しいか


初めて投資をするとき指南書を何冊か読むと、「自分がよく知っている会社の株からはじめてみよう」というアドバイスが目に入ってきます。食品メーカーや小売店など、自分がよく知っていてお気に入りの企業は、そうでない会社より詳しい分、投資判断が行えるというわけです。たいていセットで紹介されるのはアメリカの著名投資家バフェットの投資術で、コカ・コーラを買ったケースなどが紹介されます。

よくわからない投資の世界で自分が少しでも知っている企業を対象とすることには、一見すると合理性があるように思います。しかし、それは本当に効率的な選択肢なのでしょうか。行動ファイナンスの視点からもう一度考えてみましょう。


「慣れ」と「バイアス」により、むしろ非合理的投資になる


行動ファイナンスでは「慣れ」や「バイアス(偏り)」が非合理的行動を生み出すことがよく説明されます。「思い込み」と言い換えてもいいかもしれません。

自分が慣れ親しんでいる銘柄や投資エリアは、合理的資産配分を越えて保有しがちです。アメリカでのある調査では、電力会社への投資を行うとき、自分の居住エリアを担当している電力会社を買う割合は、他地域の電力会社の株を買う割合より明らかに高かったそうです。日本で言えば、関西人が電力株を買うなら「東京電力」ではなく「関西電力」を買うようなものです。そこには企業経営の評価があるわけではなく、単に「自分が住んでいるエリアだから」という理由があるだけです。当然ながらこれは合理的ではありません。

自分が知っていることを「詳しい」と思っていたら、それは単なるバイアスである可能性もあります。「個人的に好き」に過ぎない可能性です。とあるゲームメーカーの新作はどれも素晴らしい作品なので株を買ってみたものの、企業業績としてみれば十分でなく、株価は下落するというケースなどがこれにあたります。投資している本人は、「誰よりも自分は詳しい」「この会社は優れている」と思っているかもしれませんが、市場の参加者が同じことを考えなければ株価は下がることになります。

「あのドリンクメーカーの新製品は美味しいから株価も上がるだろう」「あのお店の内装や店員の応対は素晴らしいから、株価も上がるだろう」という判断は知っている人ほど注意が必要です。ファンになって目がくもる恐れもあるからです。

もしかすると、私たちが思っているマイナス要素も企業経営的にはプラスになるかもしれません。「安い食べ物ばかりしか出さない=味よりも値段が評価される」かもしれませんし「店員が少ない=人件費コストが低くて利益率がいい」かもしれないのです。

投資可能なエリアは世界中に広がっていますが、「知らない場所」は「知っている場所(つまり国内)」に比べて投資しない可能性が高くなります。これはホームカントリーバイアス(要するに日本に多く投資してしまう)という減少で、明らかに非合理的であることがしばしばです。


知らない会社のほうが圧倒的多数という事実を無視する愚


冷静に考えると「知っている会社の数」と「知らない会社の数」はどちらかが多いかといえば、後者のはずです(そうでない人は投資が仕事のプロかセミプロです)。

たとえば、東京証券取引所の上場企業数は3481社です(2015/3/25現在)。東証一部上場企業に限っても1883社です。おそらく、その多くは知らない会社のはずです。

知っている会社より知らない会社が多いというのは当然のことで、恥ずかしいことでもありません。企業によっては法人相手のビジネスに特化している会社も多く、私たちの日常に無関係の会社もたくさんあるからです。こうした会社はCMもほとんど出しませんが、しっかりと売り上げを維持していたりします。

仮に1833社のうち600社くらい知っていたとしても、1200社を投資対象から除外している、という事実は否定できません。しかし「知っている会社に投資してみよう」というアドバイスは分かりやすくなじみやすいので、私たちは食品メーカーの株をつい買ってしまいます。


知らない会社こそ投資対象として検討してみるべきである


「知っている会社に投資してみよう」があまりうまくない投資方法だとしたら、具体的な改善策はどのようなものがあるでしょうか。

マネーハック心理学としてはきちんと対策を提示することとしていますので、今回も最後に考えてみましょう。


アプローチその1:企業を知ること

投資について情報収集を図るほど、「知らない会社」を減らせます。個別企業の株式で運用をしたいのであれば、「知らない会社」に目を向ける意識を忘れないことが大切です。四季報のように企業紹介する雑誌や証券会社のレポートも「知っている会社」だけでなく「知らない会社」も目を通す意識を持ってください。

しかしながら3500社を知り尽くすことは、一般的な個人にとってはほとんど不可能です。仕事もありますし、プライベートの時間を削りながら全社を知ることは現実的ではありません。


アプローチその2:「全体を買う」という発想を持つ

日経平均株価と連動する、ないしTOPIXと連動する投資信託やETFを購入すると、日経平均株価に採用された225社ないし東証一部上場企業すべてに投資をしたのと同じ運用が行えます。これなら知っている会社も知らない会社もまとめて購入したことになり、株価平均の値動きに連動して資産価値も上下動することになります。

外国に投資したい場合も「全体を買う」という方法は便利です。Appleについて興味があったとしてもそれ以外のアメリカの企業を調べることは大変です。しかし、S&P500という指数に連動するETFや投資信託を買えば、アメリカの株の8割相当をまとめ買いしたのと同じ投資ができます。


アプローチその3:誰かに選んでもらう

「誰かに代わりに選んでもらう」という方法もあります。投資信託は具体的な運用の詳細を投資信託の会社にアウトソースする投資の仕組みです。

投資信託では投資する企業選びをファンドマネージャーが行いますので、私たちは基本方針に納得できれば、あとは投資資金を入金するだけで「知らない会社」も選んで買うことができます。「成長性が高い会社を選びます」とか「独自の技術やノウハウを持つ会社を選びます」などといった選定ルールだけ我々は決めればいいのです。「全体を買う」投資も投資信託を通じて行うことができ、投資信託は活用の余地がいろいろあります。



「初めてだし、知っている会社を買ってみよう」というのは、投資の最初の一歩を数万円程度の予算で踏み出すならかまいませんが、二歩目、三歩目を踏み出すにはあまり賢い方法ではありません。

「知っている会社」しか投資をしないのでは世界は広がりませんし偏る可能性が出てきます。「知らない会社」にどう投資するのかは難しい問題ですが、3つのヒントを参考に、投資の世界を広げてみてください。


マネーハック心理学のバックナンバーはこちらより

(山崎俊輔)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.