• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,  12:00 PM

「敗者のゲーム」を避ける知恵:賢く立ち回ろうとするより愚かな行いを避けるべし

「敗者のゲーム」を避ける知恵:賢く立ち回ろうとするより愚かな行いを避けるべし

150329losersgame.jpg


Farnam Street:サイモン・レイモー氏(科学者で統計学者)は、誰にとっても面白い小さな本『Extraordinary Tennis Ordinary Players(邦題:負けないテニス:ドクターレイモーの凡ミス撲滅作戦 )』を書きました。

この本が面白い理由は、私がテニス好きだからではありません。この本の中で、レイモー氏が「勝者のゲーム」と「敗者のゲーム」の違いを明らかにしているからです。


レイモー氏は、テニスは2種類の試合に分けられると考えました。プロの試合とプロ以外の試合です。

どちらの試合でも、プレイヤーは同じルールで戦います。コートも同じです。道具だって違わないでしょう。つまり、ゲームの基本的な要素はすべて同じということです。とはいえ、アマチュアが自分のことをプロだと思い込むことはあっても、プロが自分をアマチュアだと考えることは皆無です。両者の試合は根本的に異なっているのです。それがレイモー氏が発見したポイントです。

プロはポイントを勝ち取りますが、アマチュアはポイントを失います。プロのゲームを思い出してください。プレイヤーたちは互いに技術も拮抗し、ほとんど完璧なゲームをプレイします。どちらかが打ち返せなくなるまで、延々とラリーが続きます。勝敗は、ポジション取り、コントロール、スピンのかけ具合などで決まります。数十センチ、あるいは、数センチの違いが命運を分けます。

1975年のエッセイ『The Loser's Game(敗者のゲーム)』の中で、チャールズ・エリス氏はプロのテニスを「勝者のゲーム」と呼びました。スキルや運の差はいくらかあれど、試合は基本的に、勝者のアクションによって決まります。

アマチュアのテニスはまったく別の試合と言えます。プロとの違いは、どのように勝敗が決まるのかにあります。長時間に及ぶパワフルなラリーはまず見られません。逆に、ミスが頻発します。ボールは毎回のように、ネットにひっかかったり、枠を大きく外れていきます。ダブルフォールトも見慣れた光景です。


アマチュアは敵に倒されるのではなく、自分自身に倒されるのだ。もちろん勝者のほうが敗者よりスコアが良いわけだが、勝者がより多くのポイントを勝ち取ったと言うよりは、敗者がより多くのポイントを失ったと表現するほうが適切である。


2つのゲーム

レイモー氏がこのことに気づいたのは、「ラブ」「フィフィティーン・オール」といった従来のスコア方式でゲームを見るのを放棄したからです。レイモー氏はその代わりに、「勝ち取ったポイント」と「失ったポイント」の数に注目しました。


プロのテニスでは、ポイントの80%は勝ち取ったものだ。アマチュアのテニスでは、ポイントの80%が失ったものなのである。言い換えれば、プロのテニスは「勝者のゲーム」であり、結果は勝者のアクションで決まる。アマチュアのテニスは「敗者のゲーム」で、結果は敗者のアクションで決まるのだ。この2つのゲームは(根本的な性格から言って)まったく異なる。まさに正反対だ。


このように、事実上、2種類の異なるゲームがあることを発見し、どちらにも通用する包括的な戦略は存在しないことを理解したレイモー氏は、平凡なプレイヤーが勝つためには、ミスを減らし、相手が自滅するのを待つのが得策だと考えました。


...テニスで勝とうと思うなら、決して楽しいとは言えないが、ミスを避ける戦略を選ぶべきだ。ミスを避けるには、保守的になって、ボールを打ち返すことに専念すればいい。そして、相手がヘマをやらかすのをひたすら待つのだ。敵もアマチュアなのだから敗者のゲームをする。また、自分ではそのことに気づいていない。そこが狙い所になる。


あなたがアマチュアなら、愚かなミスを避けることに集中すべきだということです。


他人のゲームに乗ってしまう投資家

この話は、ウォーレン・バフェット氏とベンジャミン・グレアム氏の逸話を思い出させます。バフェット氏はかつて、「バフェット・グループ」と呼ばれる会合を開いていました。そんなある日の集まりで、ベンジャミン・グレアム氏(ウォーレン・バフェットのメンター兼教師)が参加者全員にあるクイズを出しました。私はこの元ネタを何時間もかけて探し、ついに『Benjamin Graham on Value Investing: Lessons from the Dean of Wall Street』の中に書かれているのを見つけました。


「彼はクイズを出したんだ」とバフェット氏が言いました。「マルバツクイズだった。そこに居たのはとびきり賢い人たちばかりだったよ。彼は最初に、答えの半分はマルで、残りの半分はバツなのだと教えてくれた。質問は全部で20問だったよ。ほとんどの人が10問も正解できなかった。はなからぜんぶマルか、ぜんぶバツをつけたって10問は正解できたっていうのに」

グレアムは、一見シンプルだけど実は難解な歴史クイズを創作していた、とバフェット氏は説明します。「そのクイズはあることを示すためだった、つまり、利口な奴は巧妙なゲームを仕掛けるということだ。時は1968年、インチキ会計がまかり通っていたんだ。それにうまく乗っかれば自分も儲けられると思うかもしれない。でも、(そのクイズによって)証明されたのは、他人のゲームに乗ってしまえば、勝つのは容易ではない、ということだ」

「たしかロイ・トールズが最高点だった。それは覚えているよ」とバフェット氏はおかしそうに笑いました。「とても有意義な時間だった。その後みんなで、このクイズを続けることに決めたんだ」


愚かなことを避ける

私が指摘したい重要な事実は、私たちの多くがアマチュアなのに、「自分はアマチュアだ」と思うことを拒否している、ということです。

アマチュアなのにプロのゲームを戦おうとすれば、結果は目に見えています。私たちがすべきなのは(アマチュアなんだから)、ポイントを失わないように努力し続けることなのです。

これは、チャーリー・マンガー氏(ウォレット氏のビジネスパートナーで億万長者)がずっと前に指摘していたことでもあります。

当時会長をしていたウェスコ社の「株主の皆様へ」の中で(『Damn Right!: Behind the Scenes with Berkshire Hathaway Billionaire Charlie Munger』の中で見つけたのですが)、マンガー氏は次のように書いています。


ウェスコ社は常に、奥義を手に入れるのではなく、当たり前を忘れないことから利益を生み出そうとしています。(中略) 我々のような人間が、利口になろうとするのではなく、愚か者にならないよう努力し続けることから、どれほどの長期的優位を得てきたか。それは驚くほどです。「It's the strong swimmers who drown.(善く泳ぐ者は溺る)」ということわざがありますが、まさに心にとめておくべき言葉だと思います。

この引用文には計り知れない知恵が含まれています。私自身、壁に張っているほどです。


Avoiding Stupidity is Easier than Seeking Brilliance|Farnam Street

Shane Parrish(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.