• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ドサ健  - ,,  01:00 PM

買い替え、バッテリー交換の目安に。MacBookシリーズの充放電回数の上限を調べる手順

買い替え、バッテリー交換の目安に。MacBookシリーズの充放電回数の上限を調べる手順

150315dosatop.jpg


先日、新しいMacBook AirやMacBook Retina 13インチ、そしてMacBook 12インチが発表され、触手が伸びた方も多いのでは。

新しいMacを見るとついつい欲しくなっちゃうんですよね。とはいえ、新製品発売の度に買い替えていたら、出費がかさんで仕方がありませんよね。

でも、買い替えのタイミングとして、MacBookシリーズのバッテリーのヘタリ具合がひとつの基準になるのではないでしょうか。そんな時に参考にしていただきたい、Appleのサポートページがあります。「Mac ノートブック:バッテリーの充放電回数を確認する」に記載の手順で、お使いのMacBookシリーズの充放電回数を確認方法と、充放電回数の上限を調べられます。


ちなみに僕のMacBook Pro 15インチ(Early 2011)を調べてみました


150315dosa1.jpg


充放電回数は684回。この機種の充放電回数の上限を調べてみると、1000回とあります。つまり、充放電回数が1000回になったら交換の目安ということなのでしょう。

なお、バッテリーのヘタリ具合は、以前紹介した『coconutBattery』を使うことで、新品時の最大容量と現在の最大容量を調べることが可能です。


買い替えのきっかけになる(かもしれない)


充放電回数が上限になったから即使えない、というわけではないと思いますが、買い替えのきっかけのひとつにはなりますね。充放電回数と、実際にバッテリーをフル充電してどれ位持つかで、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、僕のMacBook Proは2011年モデルなので4年目なのですが、HDDをSSDに換装したこともあってか、4年目の割にはバッテリーがヘタった感じがなく、まだしばらくは買い替えせずに使いそうです。

嬉しいやら、悲しいやら。


Mac ノートブック:バッテリーの充放電回数を確認する | Apple サポート

(ドサ健)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.