• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  07:00 PM

仕事で大切なのは、具体的に何にモチベーションを感じるのか?ということ

仕事で大切なのは、具体的に何にモチベーションを感じるのか?ということ

150325what_motivates_us.jpg


Inc.:私たちは過去半世紀にわたり、いくつもの質の高い企業文化について研究し続け、最近は書籍刊行に向けて85万人以上を対象に調査を実施しました。その結果、仕事において人はどんなことに一番喜びを感じるのか、どんな理由で一番熱心に仕事に取り組めるのかが明らかになりました。

今まで正しいと思っていたことのほとんどが、実は間違っていたのです。


この記事の読者は、仕事の幸福感、モチベーション、献身に関する別の記事をすでに読んだことがあるかもしれません。そうした記事のほとんどは、コミュニケーションの透明性、信頼、権限譲渡、パフォーマンスや実力を認めてもらうこと、明晰さ、お金、習熟、当事者意識、仕事への興味や目的意識、といったことを羅列していることでしょう。

もしくは、それに加えて、企業内のレクリエーションとしてソーダ水などの飲料を無料で提供することや、職場の飲み会、職場に子どもを連れてくるファミリーデーなどを提案しているのが一般的です。

そうしたことに問題があるわけではありませんが、研究結果が示しているのは、職場には目的意識ではモチベーションが湧かない人達がいるということです。驚く人もいるかもしれませんが、本当のことです。

風通しの良い企業文化があっても居心地が良いと感じない人もいます。個人個人への権限譲渡をそれほど求めていない人もいますし、お金がモチベーションになる人もいますが、そうでない人もいるのです。

ここで、Steven Reiss氏に注目してみましょう。同氏はイエール大学でPhDを取得、ハーバード・メディカル・スクールで臨床心理学のインターンシップを修了した後、オハイオ州立大学で何年も教鞭をとりました。

何が人のモチベーションになるかに関する研究を集中的に行い、多くの専門家が認めているよりもはるかに強い度合で、人は一般化できない「個人」であると主張しています。「どんなことで幸福になるかは個人によって大きく異なっています。他人と競争することや競争に勝つこと、富が幸福感の最大の源になる人もいれば、自分が有能であると感じたり人と社交することで、より大きな満足感を覚える人もいます」。

彼の論点は「万人を幸福にする方法はない」ということです。

我々の研究がこれに付け加えたいのは以下のことです。「1人ひとりの人間にさまざまな度合で幸福感を与えられるモチベーションを23個発見しました。それは「挑戦することや他人より秀でること」に始まり、「奉仕とチームワーク」「娯楽と共感」「富と名声」「創造性と学習」にまで及びます。

そして、この23個のうちの上位少数だけを取ってみても、あなたとあなたの親友に同じ項目が同じ順位で該当する確率は100万分の1もないでしょう。

不幸にして、ここに出てくる職場での幸福の要素は、現実に生きる複雑な人類の助けになるには、あまりにも単純化されており分類的です。結局、人間というものは血のつながった兄弟姉妹とさえ同じではなく、自分の子どもであってさえ人生において自分と同じ情熱を持つわけではありません。

大学で一緒だった人たちも自分と同じことを生きる原動力として共有しているわけではないのです。指紋が人によって違うのと同じように、仕事中にどんなことで最も幸福を感じるかは人によってまるで違うのです。

これを単純明快なノウハウを論じる記事にできないのはわかっています。しかし、組織として、あるいは社会としての生産性の向上はもとより、もし個人の幸福感が高められるなら、この真実にはきちんと向き合っていく必要があります。

幸いなことに、我々が調査した人たちの中で、自分のキャリアに深い意味を見出した人たちは毎日がエネルギーと満足感に満ちたものだと自覚しているようです。そして、自分の仕事が喜びと誇りを生み出すものだと思っています。

研究者のJessica Pryce-Jones氏は79カ国3000人を対象に調査を行い、自分の仕事から大きな満足を得られている人は総体的に幸福な人生を歩んでいる可能性がそうでない人より1.5倍も高いことを発見しました。

それでは、どうやって自分の人生におけるモチベーションや情熱を見つけたらいいのでしょうか。膨大な調査結果をいくつかのシンプルなステップに要約してみました。厳密な正確さには欠けますが、職場でモチベーションの源となるものの特徴を3つ挙げてみました。

1.それをするのを楽しみにしている

2.それをしている間は元気な気分になる

3.あとでそのことを話題にすると、気分が明るくなる

仕事であなたに情熱を感じさせるものが「創造性」だと仮定して、その具体例をご紹介しましょう。

あなたは企画のブレインストーミングをすることや、新製品の開発に携わることを心から楽しみにしています。イノベーティブな自分のスキルを使うように依頼されている時はウキウキした気持ちになります。そして、その時に創造性を駆使した経験を、後日友人や家族に嬉々として話すことでしょう。このような場合は、その仕事において「創造性」がモチベーションの源である可能性が高いです。

さて、それでは、ここでわかったことをどのように活用していけばよいでしょうか?

幸福感の強い人の多くは、自分の現在の役割の中でさらに仕事を作り込み、やりたいと思うことをもう少しできるように、モチベーション低下につながると思うものを可能な限り減らすようにしています。しかし、仕事となると誰でもやりたくないことも抱えており、それらを完全に排除することはできません。結局は誰かが嫌な仕事をしなくてはいけないのでしょうか?

ここで提案したいのが、「ジョブ・スカルプティング(その人に合わせて仕事を選ぶ、もしくは設計する)」と呼ばれている方法です。社員にとって、このプロセスの利点は明白ですが、管理職にとっても見返りは大きいのです。

というのも、ジョブ・スカルプティングをすることによって、チームの各メンバーが受け持っている仕事が本人のモチベーションに結びついているかどうか診断し、チームの士気の向上や、仕事への取組みと結果の質の向上に結びつく小さな変化をいくつも発見できるからです。

これからジョブ・スカルプティングを実行しようと考えるなら、次の3つを自問自答してください。


・何を手放せるか?:モチベーションを感じられない仕事の中で、今より減らすか完全に移管できるものはありますか? 自分のチームの中に職務を交換できそうな人はいますか? それができれば、より適正な新しい作業を試す機会を得られるでしょう。

・何を変えられるか?:自分のモチベーションの源となる事柄をもっと充実させるように変えられる仕事はありますか?

・何を足せるか?:それを足すことによって、モチベーションを高められる具体的な作業はいくつかありますか?


より充実した人生を送るためには、ただ漠然と「モチベーションを高める」という曖昧な観念は捨てて、あなた自身にとって具体的に何が自分のモチベーションになるかを見極める必要があります。そうすれば、人生の成功は他人が良かれと思っていることをすることではなく、自分の仕事を自分がモチベーションを持てるものと結び付けていくことだと理解できるはずです。


The Science: What Motivates Us at Work|Inc.

CHESTER ELTON & ADRIAN GOSTICK(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.