• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  06:00 PM

身体の痛みに負けないために、知っておきたい対抗策あれこれ

身体の痛みに負けないために、知っておきたい対抗策あれこれ

150325physical_pain001.jpg


身体の痛みは、心までむしばむものです。朝起きたら何だか痛みがあるとか、スポーツ中ケガをしたとか、予期しない激痛に襲われたとか、いろいろなケースがありますが、いずれにせよ、心の準備ができていない状態で痛みを感じるのは、怖いものです。

そこで、複数の専門家に話を聞いて、身体の痛みに心まで押しつぶされたり、びくびくしたりしないで済むように、うまく向き合う方法を教えてもらいました。今のところは健康な人も、心の準備のためにどうぞ。


笑いで痛みを忘れられる


150325physical_pain002.jpg


痛みに注意が向かないよう気を紛らわせるのは、場合によっては痛みに耐える最善の方法となります。動揺や不安や絶望といった感情を、正反対の感情、つまりユーモアで置き換えてしまうのです。「ユーモア・セラピー」は実際に存在し、ユーモアと笑いの効果は研究でも証明されています。

英王立協会の機関誌『フィロソフィカル・トランザクションズ』に発表された論文によると、一連の小規模な実験によって、グループで面白いものを見て笑うことと、痛みにどこまで耐えられるかの限界値には、相関関係があるとわかったそうです。

この研究はまだ予備段階で、結論が出たとは言えそうにないのですが、研究チームはこの仮説の検証のために、条件を変えてさまざまな実験を行っています。研究を率いるRobin Dunbar氏は、米紙『New York Times』のインタビューに対し、「考えられる因果関係は、笑いが引き金となって、エンドルフィン(鎮痛作用がある神経伝達物質)の放出が起こるというものです」と説明しています。

理想を言えば、誰かと一緒の時や社交の場で笑うのが良いそうです。もっとも、統計的に見ても、人は誰かと一緒の時の方がよく笑うものです。動物行動学の専門誌『Ethology』に掲載された論文によると、人は1人でいる時よりも、誰かと一緒にいる時のほうが、30倍もよく笑っているのだとか。

理学療法士の米国家資格を持つJim Irvin氏に、専門家としての見解を聞いたところ、同じような意見でした。「確かに、笑いとユーモアは痛みをやわらげるのに役立ちます。それに、エンドルフィンもたくさん放出されます。さらに、患者の気をそらして、痛みを忘れさせる効果もあります」。


瞑想のテクニックも試す価値あり


150325physical_pain003.jpg


「瞑想」や「リラクゼーション」などの言葉はうさん臭く聞こえるかもしれませんが、多くの患者がこうした方法で、ある程度の効果を得ています。たとえばこちらの動画の女性は、瞑想の一種である「ビジュアライゼーション」のおかげで、親指の慢性的な痛みが軽くなったという体験を語っています。

もし、痛みがひどくなる一方で、今すぐには医師の診察や治療を受けられない状態なら、懐疑心はひとまず脇へ置いて、ビジュアライゼーションを試してみましょう。痛みが消えてなくなることはないにしても、少なくとも痛みから気をそらす役には立つでしょう。

痛みのコントロール法の一種として「マインド・ボディ・セラピー」というものがあります。これは、身体(ボディ)の機能や症状に対する、精神(マインド)の影響力を活かした治療法です。「漸進的筋弛緩法(筋肉の緊張と弛緩を繰り返し行うリラックス法)」も、簡単で試す価値があります。

今まさにどこかが痛むなら、呼吸法を試してみましょう。出産する女性が分娩の痛みに耐えるのにも、いろいろな呼吸法が使われています(分娩の痛みはあらゆる痛みの中で最強最悪だとよく言われますよね。筆者は男性なので確認のしようがありませんが、特に異論もありません)。

呼吸の仕方を変えれば痛みに耐えやすくなるというのは、ありそうなことです。Irvin氏も、リラックスに役に立つ簡単な呼吸法を教えてくれました。

「8-8-8呼吸」というテクニックが良いですよ。息を吸いながら8まで数えて、今度は吐きながら8つ数えます。これを8回繰り返すのです。これで普通は身体の緊張がやわらぎます。酸素が細胞の隅々まで行きわたりやすくなり、神経伝達物質のやりとりがスローダウンする結果、痛みが伝わりにくくなるからです。

ニューヨーク大学ランゴン医療センターとベルビュー・ホスピタル・センターの小児科レジデントのBrian Steiner氏は、米誌『The Atlantic』の記事の中で、定期的な瞑想によって慢性的な痛みが改善したというある女性患者の事例を紹介しています。時には、精神面のエクササイズによって、身体に感じる痛みを緩和できることもあるのです。


不安には知識で対抗


150325physical_pain004.jpg


身体の痛みも、私たちは精神のフィルターを通して感じています。だからこそメンタル系のテクニックで痛みを軽減できるわけですが、逆に、痛みについて考えすぎてしまうケースもあります。身体の痛みは、「何が原因なんだろう?」という不安や「もっとひどくなるのかな?」という恐れにつながる場合があります。

痛みを前もって予想するのは、実際に痛みを感じるのと同じくらい辛い体験です。実際の痛みより辛いこともあるくらいです。

学術誌『PLOS』に発表された論文によると、私たちの多くは、「どうせ痛い思いをするのなら、できるだけ早く経験してしまったほうが、不安におののきながら待つよりも良い」と考えているようです。痛みの真っ最中には、できるだけの工夫をして、不安や恐れをやわらげましょう。マーク・トウェインが良いことを言っています。「私は人生の中でたくさん心配してきたが、そのほとんどは現実には起こらなかった」。

Irvin氏は患者が自分の痛みを現実的に評価できるよう、こんな風に質問するそうです。皆さんも自問してみましょう。



まず手始めに、患者の痛みの程度を見極めます。「そのせいで日々のルーチンがどのくらい妨げられていますか?」「痛みが余計ひどくなりそうなことをしていませんか?」。最初に痛みの程度を見極めるのは、そうしないとその痛みについて患者に説明できないからです。

時には、痛みが回復のプロセスに伴う自然なものだというケースもあります(外科手術後の痛みは、特にそうです)。

また、痛みは防御のメカニズムとして機能しています。というのも、脚を怪我した場合、痛みがあればたいていの人は、その脚で歩かないようになります。そのおかげで、それ以上のダメージを避けられるのです。そんなわけで、可能な限り、患者にその痛みは正常なものだと伝えています。


痛みのせいで不安を感じているなら、それについてもっと情報を得れば、痛みを理解しやすくなります。プライマリ・ケア医師のDan Weiswasser氏はこう言います。



理解不足は、大部分の恐れの背景にあるのですが、これは教育によって対処できます。私の見る限り、人は何が起こるかわかっていれば、その後の出来事にあまりストレスを受けなくなります。おそらく痛みすら感じにくくなるでしょう。ただし、ご承知の通り、ウェブ上には間違った情報もたくさんあります。だから情報源は慎重に選ばなくてはいけません。


Weiswasser氏が推奨する情報源は、「Mayo Clinic」などの大手医療情報サイトや、政府機関の発表などです。また、「FamilyDoctor.org」や、米国小児科学会による「AAP.org」などのサイトからもお墨つきをもらいました。


時が癒してくれるまで、じっと我慢


150325physical_pain005.jpg


身体の痛みが続くと、希望すら失ってしまいがちです。けれども、打ちひしがれている時でも忘れないでください。人の身体は驚くほど良くできていて、自然治癒力が高いのです。時間の経過とともに、身体が癒える可能性はあります。Weiswasser氏はこう言います。



私は「時が癒してくれる」という考え方も大切にしています。私たちの身体には、驚くべき自然治癒力があります。多くの問題は、時とともに改善します(とはいえ、たちまち結果が出て、すぐに満足を得るのに慣れきった社会では、これはなかなか受け入れられないかもしれません)。


「我慢」の2文字は、痛みの只中にいる時には、まず頭に浮かばないものです。人生を揺るがすほどの痛みであれば、なおさらのこと。けれども、心のほんの片隅でも構いませんから、一筋の希望の光を絶やさないでおきましょう。「時の魔法がこの痛みをいつかやわらげてくれるはず」、そう心に刻んでおくのです。

この記事で紹介したどのテクニックを使っても、身体の痛みが一瞬にして吹き飛ぶようなことはありません。でも、少しはマシに感じられるくらいの効果は、得られる可能性があります。

笑いで気を紛らわし、リラクゼーションやビジュアライゼーションのテクニックを取り入れてみましょう。不安に対抗できる知識をつけるため、自分で勉強し、医師などの専門家にも話を聞いてみてください。そして、希望を絶やさず、時とともに身体が癒える可能性を信じましょう。


Herbert Lui(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ)
Pictures: Tina Mailhot-Roberge, Bowy Gavid Bowie Chan, Nattu, Mandroid, Seattle Municipal Archives

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.