• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

香川博人  - ,,,,  05:00 PM

床掃除をロボットに任せてみたらわかった「時間を買う」ということの価値

Sponsored

床掃除をロボットに任せてみたらわかった「時間を買う」ということの価値

150316_roomba_top.jpg


時間を買う」。物欲から精神欲・自己実現欲へと志向が変わり、モノから時間を所有することに価値がシフトしたと言われている昨今、この考え方が注目されています。

でも実はこの行為は、短い距離であっても時間と空間を確保するために利用するタクシー、電子レンジで簡単料理ができるシリコン調理器、水仕事を自動で行う食器洗浄機など、私たちがすでに日常的に行っていることでもあります。

重要なのは、そのための製品やサービスが費用対効果として求めていることをキチンと実行するか。得られた自由な時間を自分への投資や心を満たすことに使うなど、有意義に生かせるかです。

そこで、いつも時間に追われている編集部3名が、手間のかかる自宅の床掃除をロボット掃除機に任せてみました。面倒な床掃除の時間から解放されたことで得られたものとは──?


「ルンバ」と「ブラーバ」に床掃除を一任

今回の床掃除で編集部が選んだロボット掃除機は、世界シェアNo.1を誇るアイロボット社の「ルンバ」最新モデル「800シリーズ」と、同社の床拭きロボット「ブラーバ」の2台。


150316_roomba_02.jpg


ルンバ800シリーズは、部屋のあらゆる状況に合せて、自ら考え、行動する高速応答プロセス「iAdapt(アイ・アダプト)®」を搭載。使う人はボタンを押すだけで、ルンバが最適な動作を選択します。また、新機能「AeroForce(エアロ・フォース)®クリーニングシステム」の搭載により、700シリーズと比べて清掃能力が1.5倍にアップしているのも特長のひとつ。これは特殊素材のローラーとハイパワーモーターで気流を生み出し、ルンバ内部に真空状態を作り出すという技術によるものだそう。


150316_roomba_03.jpg


一方ブラーバは、そうきんがけをこなす床拭きロボット。ルンバ同様、ボタンひとつで操作でき、乾拭きと水拭きの両方が選べます。ハウスダストやザラザラ汚れが気になるときは、モップのような直線的な動きの乾拭き。皮脂汚れやベタつきが気になるときは、人がそうきんがけをするような動きで前後に細かく拭いてくれる水拭き、というように、使い分けることができます。「NorthStar(ノーススター)キューブ™」を併用することにより、GPSのように正確な位置情報の把握が可能。部屋の隅や壁際もキレイに拭き、ラグや絨毯などへは乗り上げません

さて、編集部3名がこのロボット掃除機を試したレギュレーションは以下の通りです。

  • ルンバ/ブラーバを在宅中と留守中に計2回使用。
  • これまでの床掃除とルンバ/ブラーバによる床掃除を比較。
  • ルンバ/ブラーバを使うことで実感した得られたものを確認。

実際に使用した感想を編集部3名に聞くと、共通して「これまでの床掃除で抱えていた課題を解決してくれた」との回答がありました。ただし、住環境やライフスタイルの違う3名が感じていた課題や要望、時間を買うことで得られた中身はそれぞれ異なります。そこで、それぞれのインプレッションを見ていきましょう。


床の種類や広さ、段差に関係なくボタンひとつで全室掃除

【これまでの床掃除/編集長 米田の場合】
間取り・床材:3LDK・クッションフロア、畳
床掃除の頻度:コード付き掃除機で月4回程度
使用したロボット掃除機:ルンバ


150318_roomba_yoneda_02.jpg


平日は夜遅くまで編集部で仕事を行い、週末は趣味の生け花をはじめ、パネリストとしてイベントに招かれるなど、在宅時間が極端に少ない編集長の米田にとって、自宅での限られた時間を充実させることが課題でした。今回はルンバで床掃除をしてみましたが、時間の変化を感じることができたのでしょうか。

米田:3大家事のなかで、料理は外食で済ませ、洗濯は溜めて行うなど、手抜きができますが、掃除だけは家にいる・いないに関係なくホコリが溜まるのでどうしてもやらなければいけません。疲れて家に帰り、ゆっくりしたいと思っても部屋が汚れていると気分が落ち込んでくるので「仕方ない、やるか!」となる。

これまではそんな毎日でしたが、今回、ルンバを使ってみるとキッチンとリビングを結ぶ引き戸の段差をなんなく乗り越え、クッションフロアや畳の部屋をスムーズに移動してキレイに掃除をしてくれました。ルンバが独自に理想的な掃除方法を判断しているんだと思いますが、部屋の模様替えや引っ越して住まいが変わったとしてもちゃんと掃除してくれるのは心強いですね。

また、平日の朝に玄関から出ようとした際にルンバが動き始めたので「おお、働いてくれているなー!」とうれしくなりました。これは曜日と時刻を指定できる「スケジュール機能」を設定したからです。帰宅すると、すべての部屋の掃除を終わっていました。

その日の夜は「既に掃除が終わっている」という安堵感から、寝るまでの数時間を自分のための時間としてリフレッシュすることができました。


150316_roomba_yoneda.jpg

▲ルンバは引き戸の段差も難なく越えた


水拭きって必要? と思っていたらクロスが真っ黒に...


【これまでの床掃除/編集部 吉川の場合】
間取り・床材:1DK・フローリング
床掃除の頻度:モップ、乾拭シートで週1回程度
水拭きの頻度:モップ、水拭きシートで月1回程度
使用したロボット掃除機:ルンバ/ブラーバ


150316_roomba_yoshikawa.JPG


床に落ちているホコリや髪の毛が気になり、できることなら床掃除を毎日したいと感じているものの、実際は週末に家事が集中してしまう編集部の吉川。ルンバが自分に代わって毎日掃除をしてくれるのなら願ったり叶ったりということで早速自宅へ持ち帰り試してもらいました。

吉川:気になっていた髪の毛や、乾拭きシートを付けたモップではなかなか掃除ができずホコリが溜まっていたベッドの下も、ルンバは丁寧に往復して掃除をしていたので安心して任せられるなと思いました。

2回目の使用では、床のモノを片付けてからルンバを始動させ、買い物へ出かけました。自分の代わりに面倒な掃除をしてくれるので、こうして気軽に外出ができたり、家にいるときでも趣味の読書を楽しんだり、洗濯と掃除と入浴が一度にできたりして、時間を有効に使えている実感がありました。

帰宅すると部屋がスッキリ。床がキレイになったことに加えて、「床のモノを片付けるとこうなるよ」と教えられた気分です。

編集部の吉川には、ブラーバも使用してもらいました。ブラーバは水拭きと乾拭きの両方ができる拭き掃除ロボット。付属の「ノーススターキューブ」を使うとGPSのように室内の正確な位置情報を把握して拭き掃除をしてくれるすぐれものです。

吉川:いままで拭き掃除は床掃除以上に煩わしく、重要性もそれほど感じていませんでしたが、実際に水拭きを試してみるとウエットクロスが真っ黒になりビックリしたと同時に反省しました...。確かに素足で床を歩けば皮脂汚れとなるわけで、床掃除だけでは取り切れないベタつき汚れは、拭き掃除をしないと難しいですよね。

これからの季節は、部屋の中を素足で歩くことが多くなるので、日常的にブラーバで拭き掃除することがますます必要になってくるかもしれませんね。


ルンバ愛用者がブラーバと出会って感じた床掃除から解き放された精神的余裕


【これまでの床掃除/編集部 大嶋の場合】
間取り・床材:シェアハウスの1室・フローリング
床掃除の頻度:ルンバ700シリーズで週3回
水拭きの頻度:ほとんどしない
使用したロボット掃除機:ブラーバ


150316_roomba_ohshima.JPG


編集部の大嶋は、汚れが目立ってきたら床掃除をする対処療法的な掃除から定期的な掃除へのシフトを心がけたものの挫折。床掃除のモチベーションを見つけるのが難しいと判断して、2014年ルンバ「700シリーズ」を購入しました。現在は、不在時に週3回の床掃除をルンバが行い、「定期的に掃除をしたら気持ちがいい」ことをルンバ経由で体感しています。

そんな大嶋に今回はブラーバを使用してもらいました。ルンバとブラーバの2台持ち生活は大嶋に変化をもたらしたのでしょうか?

大嶋:ルンバで床掃除を定期的にすると「休日だから掃除をしないといけない」という強迫観念に似た感覚が完全になくなりました。休日の使える時間が増えるのは当然ですが、自分にとって一番の大きなインパクトは「床の掃除をすることを自分の時間のなかから考えなくてもよい」ということでした。

床掃除で唯一やることといえば、床にものを置かないこと。電源などのケーブル類は束ねておくことぐらいです。

しかし今回、ブラーバを使ってみるとウエットクロスがかなり汚れていてショックでした。床のゴミを取り除き、拭き掃除をすることが本当の意味での床掃除なのだと思い知った瞬間です。

ブラーバは、タンクに水を入れてクロスを装着するだけで簡単に水拭き掃除ができます。一定量の水がクロスに自動補給されるのも便利でした。人の出入りが多く、隣の部屋とは壁一枚のシェアハウスでは、音量にいつも気をつけていますが、ブラーバの動作音はとても静かだったので安心しました。掃除を終えた後は、急速充電スタンドに立てておけばコンパクトに置いておけるのも重要なポイントだと思います。

遊び心でルンバを床に置いたままブラーバを動かしてみると、四角いボディを繊細に前後左右に動かして、円形のルンバの周囲を水拭きしていたのは驚きました。また、ルンバと水拭きするブラーバを見ていると「これは未来だ!」と勝手にテンションが上がってきました。

ルンバとブラーバの2台を使うことで、手を煩わせることなく部屋をキレイな空間にすることができる。これで本当に床掃除から解放されると思うと気持ちにも余裕を感じられました。


150318_roomba_ohshima_03.JPG

▲シェアハウスのソファの下にもすいすい入っていくブラーバ


ロボット掃除機を活用して自由な時間を得る。床掃除の時間は広さにもよりますが1時間以内が一般的でしょう。今回、編集部3名が体験してみてわかったのは、その数十分・1時間という自由な時間の価値以上に、床掃除という煩雑で日常的なタスクはもとより、掃除に対して感じていた精神的なプレッシャーからも解放されるという喜びでした。

「時間を買う」ということは、単に自分の時間がより多くなるだけではなく、心の平穏を取り戻し、時間そのものを自分らしくより深く過ごすことができることなのかもしれません。


iRobot ロボット掃除機 ルンバ 公式サイト
iRobot 床拭きロボット ブラーバ 公式サイト

(文/香川博人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.